アウトサイドイン軌道が【秒で直る】練習器具。シンプルマスターOP

 
イケノヤ コーチ
アウトサイドイン軌道のスイングに困っている。
レッスンしていてもご相談が多いです。
・アウトサイドイン軌道がまったく直らない。
・アウトサイドイン軌道の直し方が分からない。
そんな方は、練習器具を使うことをオススメします。
 
今回、ご紹介するのがツアープロコーチ谷 将貴が監修した練習器具【シンプルマスターOP】です。
OPは、オンプレーン。
この練習器具を使って練習を行うことで、非常に効果がありアウトサイドイン軌道がすぐに直ります。
アウトサイドイン軌道を直す練習器具なら、シンプマスターOPの一択です。
 
□この記事の内容
★アウトサイドイン軌道が直らない方は、クラブの通過する場所が分かっていない。
★アウトサイドイン軌道が【秒で直る】練習器具。シンプルマスターOPの説明
 
□この記事を書いたゴルフコーチ
 
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

アウトサイドイン軌道が直らない方は、クラブが通過する場所が分かっていない。

アウトサイドイン軌道を直すには、どこをクラブヘッドが通過すれば良いのか?

そもそも分かっていない方が、非常に多いです。

レッスンをしていても正しい、クラブの軌道の位置を説明すると、『こんなところをクラブが通過するの?』と驚かれる方が非常に多いです。

そもそものクラブの通り道が分かっていないことが直りづらい原因の一つです。

まずは、基準から説明をしていきます。

【アドレス】
 

構えたクラブの延長線のラインの事をスイングプレーンと呼びます。

腰から下の動きがスイングプレーンに沿ってクラブヘッドが動くとスイング軌道がまっすぐという指標です。

 

そして、スイングプレーンより上半身側からクラブが降りてくることを基本的にはアウトサイドからクラブが降りる。と呼んでいます。
スイングプレーン

アウトサイドからクラブが降りる。

アウトサイドインの方は、ダウンスイング時にスイングプレーンにクラブを降り場所をどんどん近づけていく必要があります。

 

アウトサイドイン軌道の原因や直し方を知りたい方は、下記のページを参考にしてみて下さい。

関連記事

 イケノヤ コーチアウトサイドイン軌道でお悩みの方は非常に多いです。アウトサイドインで悩み私のレッスンに駆け込む方がいらっしゃいますが確実に直ります。今回は、アウトサイドイン軌道が直らない。そんなお悩みの方に[…]

アウトサイドからクラブが降りる

アウトサイドイン軌道が【秒で直る】練習器具。シンプルマスターOPの効果

単刀直入に言うと、アウトサイドからクラブが降りてきたら障害物に当たる。

この障害物に当たらないようにクラブが振れるとアウトサイドイン軌道ではないですよ。

そういう、練習器具になります。

クラブを通過する場所を皆さんスイング中に分かっていないのです。

 

下記のように、練習器具をセットします。

【アドレス】

アウトサイドインを直す練習器具

シンプルマスターOP アドレス時

いたって単純です。この黄色い棒に当たらないようにスイングするだけです。

当ったらアウトサイドイン軌道だってことです。
※セットの仕方や使用中の注意は後で詳しく解説します。

このように、テークバックで練習器具に当たるとアウトサイドにテークバックを引いてしまったのが分かる。
テークバックがアウトサイドに上がる。

振り下ろす際に、練習器具に当たるとアウトサイドイン軌道で振り下ろしてきている。
ダウンスイングがアウトサイドから降りてきている。
アウトサイドインのスイング軌道

このシンプルマスターOPの下を通るようにスイング出来ればアウトサイドイン軌道ではないということです。

 

アウトサイドイン軌道を直すのは、この練習器具を使えば簡単!!

このポールに当たらないように、スイングするだけ!!

正しいスイングは、

アウトサイドインを直す練習器具

テークバック
トップオブスイング
ダウンスイング
インパクト
フォロースルー
フィニッシュ

この黄色いポールが目印。黄色いポールの下をくぐらせながらボールを打っていけばアウトサイドインにはなりません。

練習場で慣れるまでこの練習器具をセットしたままで打っていると慣れてアウトサイドイン軌道が直るでしょう。

やはり人間なので、当てたくないという危機管理能力が出るのでクラブがポールの下を通過するようになります。

 

 

 

練習器具を置いてボールを打ってみたスイング動画

アウトサイドインを直す練習器具を置いてみて練習した際のスイング動画です。

 

アウトサイドイン軌道が【秒で直る】練習器具。シンプルマスターOPの使い方

シンプルマスターOPの使い方を説明していきます。

手順① 箱から、部品を出すと3つあります。

1、下で支える重り
2、棒
3、黄色いポール

以上の3点を使います。
シンプルマスターOPの部品

 

手順② 各パーツを説明していきます。

・棒を下で支える重り
重さでいうと800グラムくらいです。
重り

・棒
棒の片方に磁石があり、下の重りとでくっつけます。
棒

・黄色いポール
白の棒に突き刺せるように中は穴が開いています。
発砲素材なので、もしクラブが黄色いポールに当たっても大丈夫です。
黄色いポール

 

手順③ 組み立てていきます。

まずは、土台の重りに白の棒をつけます。
磁石なので簡単につきます。
シンンプルマスターOPを組み立てる

そして、白の棒に黄色いポールを差し込んで終了です。

長さの調整は、途中に留め具があるんので調整してみて下さい。
留め具

これで、簡単に組み立ては完成です。

 

手順④ ボールにセットする位置

ボールに対して、練習器具を置く場所です。
横・・・・約10センチ
縦・・・・約12センチ
シンプルマスターOP 設置場所

 

手順⑤ 手元に黄色いポールを合わせる位置

グリップからこぶし1個くらい離して置いてみて下さい。
アウトサイドインを直す練習器具

 

【注意点】
・下の重りは、鉄板なので打たないように注意してください。
・黄色いポールは、打っても怪我をしないように発砲素材になっているので大切に取り扱ってください。
・アウトサイドインの量が多い人は、ご紹介した設置場所より離して練習していってください。

 

まとめ

いかがでしたか?

アウトサイドイン軌道がすぐに直る練習器具。【シンプルマスターOP】

設置も簡単。

持ち運びも簡単。

そして、クラブを振るべき場所が明確に分かってきます。

すぐに、アウトサイドインが直すことができます。

アウトサイドインにお悩みの方は、かなりオススメです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッとご協力してもらえると嬉しいです(*’▽’)