ドライバーってハンドファースト?何が正解なのか解説していきます。

ハンドファーストって言う用語を聞く場面が最近多いです。

アイアンで上手くボールに当てるにはハンドファーストが必須。

ですが、ドライバーはハンドファーストなの?

こういった疑問をお持ちの方が多いようです。

ドライバーってハンドファーストなのか?何が正解か解説していきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

結論、ドライバーはハンドファーストで打つのか?

アイアンはハンドファーストでインパクトします。

ですが、ドライバーはハンドファーストで打つのか?

結論、ドライバーはややハンドファーストで当たるのが正解。

ドライバーは長いクラブなのでややヘッドが遅れた状態で降りてくるのでややハンドファーストになります。

ですが、ハンドファーストで捉えようなんて意識はまったく必要ありません。

 

また、ドライバーとハンドファーストの関係性を紹介していきます。

ドライバーの構えはハンドファーストではない。

アドレスのグリップエンドの向きは、左足の付け根に全クラブ向いていきます。(パター以外)

アイアンはボールの位置もやや中央になっていきます。

その為、ボールの位置より手元が飛球線側にズレたハンドファーストの構えとなります。
アイアン アドレスのシャフトの傾き

しかし、ボールの位置が左足になってくるドライバーでは構えはハンドファーストではありません。
ドライバー アドレスのシャフトの傾き

ドライバーでハンドファーストだとボールが低くなります。

また、ロフトの立っているドライバーでハンドファーストでヒットし過ぎてしまう。
ドライバーでロフトを立てて打つ

ロフト角が10度くらいのクラブでハンドファーストになると更にロフトが減ってインパクトロフトが5度などになってしまします。

ドライバーの最適な打ち出し角は、10度~13度。

ドライバーでハンドファーストで当たってしまうと全然、ボールが上がらなくなります。

ドライバーは自分の正面で捉えるくらいの意識でヒットしましょう。
ドライバーのインパクト 体の正面

上体を傾けてアッパーにするなどのスイングのクセがつくので気をつけましょう!

 

ドライバーでハンドファーストを意識するとスライスが出ます。

ドライバーでハンドファーストで打つ意識は必要ありません。

ドライバーはクラブの中で一番長いクラブです。

長いクラブでハンドファーストを意識すると必ず振り遅れという症状になりやすいです。
ドライバー 振り遅れる。

振り遅れると、シャットフェースにしていない限りフェースが開きます。
振り遅れてフェースが開く

結果、スライスボールが出ることが増えていきます。
プッシュスライス

その為、ドライバーでハンドファーストで捉える意識は必要ありません。

逆に、正面でボールを捉えるくらいで良いです。
ドライバーのインパクト 体の正面

正面で捉える意識でフェースがスクエアになります。

ドライバーでハンドファーストで打って正解な場面。

逆に、ドライバーでハンドファーストで打っても良い特殊ショットもあります。

フェードボールを打つ場面。

フェードボールは、ダウンスイングから体を目標に早く向けてしまいます。

極端に表現すると、下記のようなイメージです。
インパクトでは体を開いていく

そうすることによって、

・体のラインが目標ラインより左に向き左に打ち出しやすくなる。

・振り遅れてスライスが出る。

この組み合わせでフェードボールが出るからです。

フェードボールの場合は、必ずハンドファーストでヒットすることになります。

フェードボール

まとめ

今回は、ドライバーはハンドファーストなの?という疑問について解説していきました。

結論から言うと、ドライバーはややハンドファーストでヒットします。

ですが、振り遅れる方が多いアマチュアの方はドライバーでハンドファーストの意識は持つことはないと思います。

構え方も、ハンドファーストではない。

ハンドファーストを意識すると、

・ボールが低くなる。

・振り遅れてスライスが出る。

などの弊害も出てきてしまいます。

その為、正面でボールを捉える意識を持つことが重要です。