苦手な方、初心者【必見】一番簡単なバンカーショットの打ち方。

 
イケノヤ コーチ
バンカーがもの凄い苦手。
初心者で始めたばかり。
そんな方に、オススメしたい。一番簡単に打てるバンカーショットの打ち方をご紹介します。
 
・バンカーから出ない。
・バンカーショットの打ち方がわからない。
・バンカーに苦手意識がある。
そんな方は難しいことをしている可能性が大です。
 
今回、ご紹介しているバンカーショットの打ち方は良く雑誌に書いてあるものと違います。
ぜひ、最後まで読み進めてください。
 
□この記事の内容
★バンカーショットはどう当たる?から考える。
★簡単なバンカーショットの打ち方
 
□この記事の信頼性
幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
日々、多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。
 

バンカーショットはアプローチショットと何が違うのか?考える。

 
イケノヤ コーチ
アプローチショットとバンカーショットはボールへの当たり方が変わります。

まず、クラブがボールにどう当たっていくか?から考えていきましょう。
アプローチショットはどうボールに当たっていくか?
バンカーはどうボールに当たっていくか?

そこを考えれば答えが簡単に出てきます。

 
ゴルフスイングは正面から見てみるとクラブの動きが楕円の動きなんです。
スイングの最下点
スイング軌道のどこでボールに当たっていくか?がバンカーショットは大きく変わっていきます。
 
【アプローチショット】
※基本のピッチエンドラン
スイングの最下点
スイングの最下点②
スイング軌道の最下点が、ボールの先
スイング軌道の最下点の深さが、地面と平行
 
【バンカーショット】
バンカー 最下点
バンカーショット スイングの最下点②
スイング軌道の最下点が、ボールより1個点前
スイング軌道の最下点の深さが、2センチくらい下
ボールに当たる際に、直接ボールに当たらず砂がフェース面に入り込むので、ボールが飛ばなくなる。
 
□アプローチ(ピッチエンドラン)とバンカーショットの違い
スイング軌道の最下点・深さ・飛ぶ距離が変わってくる。
アプローチは、ボールの先が最下点。そして地面と平行に当たっていく。
バンカーショットは、ボールの1個点前が最下点。そして、2センチ下を打っていく。
バンカーショットは、直接ボールに当たらないので飛ばない。

 

簡単なバンカーショットの打ち方

 
イケノヤ コーチ
アプローチショットとバンカーショットの違いが見えてきたら
違う部分を盛り込むだけです。
アプローチショットは皆さん打てますよね。
アプローチショットから打ち方を考える。
そして、アプローチショットと違う部分を盛り込むだけ。
 
バンカーショットは通常のアプローチショットに比べて変わる点は、
①スイングの最下点がボールより1個点前になる。
②ボールの2センチ下を打つ。
③ボールに当たる際に、砂がフェース面に入り込むのでボールが飛ばなくなる。
この3点をどうやって変えるか?がポイントです。
 
 
 
イケノヤ コーチ
分かりやすいようにバンカー内で、アプローチショットとの差を比較して説明していきます。
アプローチのピッチエンドランの打ち方が分からない方は事前に確認しておいてください。
関連記事

ゴルフのスコアメイクはやはりショートゲーム。ゴルフを始めた方やビギナーゴルファーはアプローチを徹底的に行うことによって短期間で5打10打と簡単にスコアを縮めることが出来ます。今回は、基本のアプローチショットの打ち方をご説明します。[…]

ゴルフ場
 

ポイント① ボールの位置を左へとズラす。

通常のアプローチは、ボールの位置が真ん中です。
アプローチの構え

自分の体の中心にボールがある状態です。
アプローチのボール位置

 
イケノヤ コーチ
でも、バンカーはボール1個点前から当たることがアプローチショットと違う。
なので、ボールと左足、ヘッドの位置は固定で右足だけ靴1足分(横幅)広げましょう。
※下記の写真の赤線とボールはアプローチの構え。
バンカーショットのアドレス
右足をズラすことで、自分の体の中心がボールの手前に変わる。
※黄色線がアプローチ時の体の中心
バンカーのボール位置

バンカーショットはアプローチショットから考えてみると、スイングの最下点がボールの1個点前に変わる。
 
自分でボール1個分手前を打つ。打とう。などと考えるのは難しい。
それなら、右足だけ1足分広げてズラせば打点が単純にボール1個分手前にズレてくれます。
 

ポイント② 重心を下げる。

次に、バンカーショットはボールの2センチ下を打つことがアプローチショットとの違いです。

自分で2センチ下を打つ。というのは初心者の方には難しいですよね。

でしたら、2センチ下に単純に打てるようにしちゃいましょう。

 

分かりやすいように、バンカー内からアプローチの構えをしました。
見て欲しいのは、グリップの位置。
※グリップした先端(右手の親指)に黄色のラインを引きました。

アプローチの構え(後方)

 
イケノヤ コーチ
2センチ下を打てるようにしたいのでこうしましょう。
手順① ボールから離れる。
手順② ヒザを曲げる量を増やす。
※赤線と黄色線はアプローチ時の体の位置です。
バンカーのアドレスは重心を落とす
グリップの位置がアプローチ時の構えより2センチは下になっていると思います。
 
バンカーはアプローチショットと違って2センチ下を打つ。
自分で2センチ下を打つ。打とうというのは難しいことです。
それならアプローチの構えから自分が下に下がってしまえば2センチしたを打つことができます。
 

ポイント③ 砂が入り込む分は強く振る。

最後のポイントです。

アプローチショットはボールに当たる際、クラブとボールが直接当たる。

バンカーショットはボールに当たる際、クラブとボールの間に砂が入り込む。

 

 
イケノヤ コーチ
当然ながら、バンカーショットは砂が入り込む分、距離が飛ばない訳です。
でしたら、アプローチショットの2倍の距離を想定して振り幅を大きくしましょう。
10ヤードのバンカーショットだったら、20ヤードのアプローチショットのつもりで打つ。
20ヤードのバンカーショットだったら、40ヤードのアプローチショットのつもりで打つ。
バンカーショットの振り幅
アマチュアの方は、バンカーショットだから強く打ち込もうと考えてしまいます。
アプローチの際に、強く打ち込もうと考えますか?
単純に振り幅を大きくするだけで良いんです。
 

簡単なバンカーショットの打ち方をおさらいします。

 
イケノヤ コーチ
簡単なバンカーショットの打ち方を流れでおさらいしていきます。

手順① アドレス

バンカーショットはボールの1個点前を打ちたいので1足分右足をズラしてスイングの最下点をズラす。

バンカーショットのアドレス

ボールの2センチしたを打ちたいので、離れてヒザを曲げる。

バンカーのアドレスは重心を落とす

バンカーだからといってフェースを開く必要はありません。
フェース スクエア

 

② 簡単なバンカーショットの振り方

アドレス
アドレス

アドレスでできた肩と腕の3角形を変えないようにテークバックしていきます。
テークバック

下半身からダウンスイングをしてインパクト。
インパクト

フォロースルーも体をしっかり回していく。
フォロースルー

 

 
イケノヤ コーチ

バンカー用の構えをしてしまえば、打ち方はアプローチショットです。
あとは、砂が入り込むだけ振り幅を大きくするだけです。
 

簡単なバンカーショットの打ち方で出る高さ

ご紹介した簡単なバンカーショットの打ち方で出るバンカーの目安。

【アゴが低い場合】
アゴの低いバンカー

 

背丈くらいの高さのバンカーでもアゴとの距離が遠ければ実はバンカーが高い訳ではありません。

だんだん角度がついて上がっていくので。
アゴの高さ

アゴが近かったり、直角だとすぐに打ち出しの高さを出さないといけない。
じつは下記のような場所がバンカーが高い。という状況です。
アゴの高さ②

 

サンドウェッジは高く上がるクラブです。何もしなくてもある程度のボールの高さが出ます。

 

よく言われるバンカーショットの打ち方

よく言われるバンカーショットの打ち方。

①フェースを開く
フェースを開く

例えば、グリーンの花道にボールがあります。
グリーン面までもまっ平です。
ランニングアプローチの打ち方

その時にアプローチをするときにフェースは開かずにスクエアですよね。

ボールに高さを出したい。グリーン面でボールが転がらないようにしたい。

そんな時にフェースを開いてアプローチショットを行います。

 

フェースを開くのは、グリーン手前の花道からロブショットしていることと同じことです。

 
イケノヤ コーチ

バンカーショットも一緒でボールに高さを出したい。グリーン上でボールが転がらないようにしたい。

そんな時にフェースは開けばよいと思います。

どこでもフェースを開くという発想はいりません。
逆にフェースを開くと飛ばなくなりますから、さらに大きく振る。スピードを上げないとボールが飛ばないのでリスクが増えます。

 

② バンスを使う。

バンスを使うと砂を弾かせられる。

バンスを使わないと砂に刺さる。って言いますよね。

バンス角

サンドウェッジはそもそもバンスありますよね。

しかもアプローチしているとき、ぐっさり地面にささっていますか?

そんな人あまりいないですよね。

 

特殊なアゴの高いバンカーから脱出する際に、コックを使ってヘッドを砂に打ち込みます。

エクスプロージョンショットと言われるものです。

その際に、打ち込むので砂に潜り過ぎないようにバンスが弾いてくれれば良い訳です。

そこまで、高いボールを打つことでなければ意識することはありません。

 
イケノヤ コーチ
どこでもバンスが・・・ なんて考える必要なしです。

 

③ コックを使う。

ロブショット コックを使う。

これも良く言われることです。

何でもやることには意味があります。

・コックを使うと鋭角に当てられる。 ⇒ ボールの手前が高い。ボールがくぼみにある。ライが悪いから鋭角にボールに当てていきたい。だからコックは使う。

・コックを使うとヘッドスピードを上げられる。 ⇒ フェースを開くとボールの下をするっと抜けてしまう。結果ボールが飛ばなくなる。だからコックをつけてヘッドスピードを上げて飛ばせるようにします。

・コックを使うと砂に当たり負けをしない。 ⇒ 砂は重いです。砂に当たり負けをしないようにコックをつけてヘッドの重さを使う。だからコックは使う。

・コックを使うと砂に弾かれない。 ⇒ バンカーの砂が少なくてクラブが弾かれてトップなどしてしまう場合があります。弾かれないようにトンカチのようにコックで砂を叩くと弾かれない。だからコックを使う。

 

 
イケノヤ コーチ
このような場面でオプションとしてコックを使っていけば良いと思います。
通常のアプローチショットでも少なからずコックはしています。
どこもかしこもコックを使って打つという考えはいりません。

 

フェースを開く。
バンスを使う。
コックを使う。

それは意味があってやること。
そしてその必要があるから。

どこでもやる必要はありません。

ご紹介したバンカーショットの打ち方では高さが足りない。

だったらオプションで高く上がるようにフェースを開く。

ライが悪いからオプションでコックを使って鋭角に打てるようにする。

など、ご紹介した簡単なバンカーショットの打ち方から考えてオプションで足していけば良いと思います。

 

簡単なバンカーショットの打ち方:まとめ

いかがでした?

今回、ご紹介したバンカーショットはよく言われるバンカーショットとは違います。

アプローチショットからバンカーの当たり方を知って、

・構えを2つ変える。
・砂が入り込むので大きく振る。

その3点を変えるだけです。

簡単じゃないですか?

ぜひ、簡単な打ち方からバンカーショットは行なってみてください。

 

アプローチの打ち方【総まとめ集】基本から応用・傾斜などすべての内容が完全網羅されているページです。

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの打ち方がわからない。アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。色々なアプローチの打ち方を覚えたい。アプローチの距離感が合わない。こんな皆様のお悩みに応えたいと思います。[…]

30ヤード アプローチ テークバック(正面)