アプローチの打ち方【総まとめ集】基本から応用・傾斜まで完全網羅

 
イケノヤ コーチ
アプローチの打ち方がわからない。
アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。
色々なアプローチの打ち方を覚えたい。
アプローチの距離感が合わない。
こんな皆様のお悩みに応えたいと思います。
ショットがグリーン付近まで、トントンと運べる方はあとはアプローチ次第で大きくスコアを伸ばすことが出来ます。
 
今回は、アプローチショットの打ち方基本から応用。距離感の出し方までの【総まとめ集】です。
アプローチの多くのことを載せた長い記事となっております。
ご自身のお悩みに合わせた場所だけ読んでいただいても構いません。
 
□記事の内容
★アプローチの打ち方。打つ前の考えること。
★基本のピッチエンドランのアプローチの打ち方
★転がしのアプローチのアプローチの打ち方
★ふわっと上げるロブショットの打ち方
★難しい薄い芝から安全に寄せるアプローチの打ち方
★安全にパターを使うアプローチ
★アプローチの距離感の合わせ方
 
 
□記事の信頼性
18歳からゴルフ場で研修生となりミニツアーなど競技ゴルフに参戦する。
2007年より、片山晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ 谷 将貴 主宰ゴルフスタジオ【TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21】にてインストラクターとして本格的にレッスン活動を開始。
多くのアマチュアの方のスコアアップをお手伝いしています。
 

アプローチの打ち方。打つ前の考えること

 
イケノヤ コーチ
まずはアプローチの考え方からご説明していきます。
まず、グリーンに乗らなかった。
次に、考えることは2つ。
1、どういう球筋で寄せるか?イメージを作る。
2、ライの状況を確認する。
 
イケノヤ コーチ
この2つのことアプローチを打つ前に考えないといけません。

どういう球筋で寄せるか?アプローチのイメージを作る。

例えていくと、ゴミ箱に紙屑を下投げでポンと投げ入れる。

ゴミ箱

その際に、ゴミをどういう高さ・スピードでゴミ箱に投げ入れるか? 

高くポーンと上げてゴミ箱に入れる。

低くライナー性でゴミ箱に入れる。

 

アプローチも同じことが言えます。

ボールをカップに下投げで寄せるとしたら、

高いボールでポーンとカップに入れようとする。

低いボールでコロコロと転がしてカップに入れようとする。

まずは、どういう球筋でカップに入れようか?イメージしてください。

ランニングアプローチ

 

ライの状況を確認する。

もう一点はボールのあるライを確認することです。

【ライの良い状態】

どういうアプローチでも打つことが可能です。

 

【ライが悪い状態】

くぼみにボールが入っている。ボールが沈んでいる状態。
フェアウェイにあるボール ②

こういう状況では、
ボールの下をクラブがくぐる空間がない。⇒ロブショットは打てない。 ✖
くぼみに入っている。 ⇒ クラブを鋭角な軌道でボールに当てていかないといけない。 

ディボット跡 クラブの入り口

打てるショットは、
・鋭角にクラブを振る。ランニングアプローチに限られます。

 

 
イケノヤ コーチ
球筋を上げたいイメージがあってもライが悪くては、ロブショットなどは打てないということです。
その為、ボールがあるライを確認しなければなりません。

その上で、打てるアプローチの種類を考えます。

 
ここは、ライが良いからどのアプローチでも大丈夫だな。
ここは、ボールを上げるアプローチを打ちたいけどライが悪いから無理だな。
という感じです。
 
イケノヤ コーチ
この、
・球筋のイメージ
・ライ
を考慮した上で打つアプローチを決めます。

 

アプローチショットの種類

アプローチショットの種類は大きく分けて3種類あります。

その3種類は、キャリーとランの比率で変わります。

【ランニングアプローチ】
キャリーとランの比率が、1 : 9
転がしメインのアプローチ
ランニングアプローチ

 

【ピッチエンドラン】
キャリーとランの比率が、5 : 5
一番ベーシックなアプローチ
ピッチエンドラン アプローチ

 

【ロブショット】
キャリーとランの比率が、8 : 2
ボールがフワッと上がり、ポトっとボールが落ちランがほぼ出ないアプローチ。
ピッチショット

 
イケノヤ コーチ
大きく分けると、この3種類になります。

基本のアプローチの打ち方【ピッチエンドラン】

キャリーとランの比率が、5 : 5
一番ベーシックなアプローチ
ピッチエンドラン アプローチ

基本となるピッチエンドランの打ち方の手順です。

手順① 構え方
(正面)
・30ヤードでしたら肩幅程度にスタンスを開きます。
・ボールの位置は両足の真ん中に置きます。
・体重配分は、左6:右4
30ヤード アプローチ 構え(正面)
(後方)
・クラブは指2本分は短く握る。
・スタンスは軽くオープンスタンスに。
30ヤード アプローチ 構え(後方)

手順② 基本のアプローチの打ち方
(正面)
・構えた際に肩と腕で出来た3角形をキープしながら上体を捻転する。
・重心は左重心をキープする。
30ヤード アプローチ テークバック(正面)
(後方)
・前傾はアドレス時から変えない。
30ヤード アプローチ テークバック(後方)

手順③ ダウンスイング~インパクト
・左重心でインパクト
・手打ちは厳禁でハンドファーストにインパクトする。
30ヤード アプローチ インパクト

手順④ フォロースルー
(正面)
・肩と腕でできた3角形をキープしたまま左足1本で終わる意識を持つ。
30ヤード アプローチ フォロー
(後方)
・前傾はキープしたたままで終わる。
・フェースのリーディングエッジは自分の前傾と一緒
(正面)30ヤード アプローチ フォロー

あとは、スイングの振り幅とスイングスピードの関係で距離感をつけていきます。

 

更に詳しく下記のページで基本となるピッチエンドランの打ち方をご紹介します。

関連記事

ゴルフのスコアメイクはやはりショートゲーム。ゴルフを始めた方やビギナーゴルファーはアプローチを徹底的に行うことによって短期間で5打10打と簡単にスコアを縮めることが出来ます。今回は、基本のアプローチショットの打ち方をご説明します。[…]

ゴルフ場

 

転がしのアプローチの打ち方【ランニングアプローチ】

【ランニングアプローチ】
キャリーとランの比率が、1 : 9
転がしメインのアプローチ
ランニングアプローチ

転がしメインのランニングアプローチの打ち方の手順をご紹介していきます。

手順① 構え方
転がすということは、ボールを低く打ち出さないといけません。
その為には、クラブのロフトを立てる必要があります。
SWでアプローチをする方であれば、ボールの置く位置を右足の内側に置きます。
そうすることによって、クラブのロフトが立った状態で当たりやすくなります。
ランニングアプローチのボール位置

手順② ランニングアプローチの打ち方
打ち方は、基本のピッチエンドランと変わりません。
ランニングアプローチ時の構えの重心

腕の3角形をキープしたまま体の回転で打ちます。
ランニングアプローチのテークバック

左重心のままハンドファーストにインパクトします。
ランニングアプローチ インパクト

フォローでも、上体の3角形はキープしたままです。
ランニングアプローチのフィニッシュ

 

更に詳しく下記のページで一番ミスが少ないアプローチ。ランニングアプローチの打ち方をご紹介します。

関連記事

グリーン周りに順調に来た!寄せればパーも取れる!よしっと思った矢先。カツーンとグリーンオーバー。またまた、グリーン奥の難しいアプローチ。なんとかグリーンに乗って2パット。パーが取れそうなとこから、ガックリ ダボ。[…]

柔らかい球筋のアプローチの打ち方

 

ふわっと上げる。ボールを上げる打ち方【ロブショット】

【ロブショット】
キャリーとランの比率が、8 : 2
ボールがフワッと上がり、ポトっとボールが落ちランがほぼ出ないアプローチ。
ピッチショット

上級者の技。ロブショットの打ち方の手順です。

① ワイドスタンスにしボールを左のワキの下に置いて構える。
ワイドスタンスにしボールを左に置くことでスイング軌道のアッパー部分で当たりやすくなります。
ロブショットのボール位置

② いつもより離れて重心を落として構える。
離れることでフラットな軌道になります。
ロブショットのボールとの距離

③ ボールが上がりやすいようにフェースを開く。
ロブショットのフェース面

④ 上がりやすいセッティングをしたらいつもコックを使ってスイングしていく。
ロブショットのボール位置
ロブショット コックを使う。
ロブショット インパクトの体重配分

ロブショットの構え方や打ち方、注意点を詳しくまとめた記事はこちらから見てみて下さい。

関連記事

谷 将貴ゴルフアカデミーインストラクター 池野谷です。ほぼ、毎日更新しています(笑)今回の記事は、ふんわりとボールが上がり。 グリーン上にポトリと落ちてすぐに止まる。上級者の技、【ゴルフ ロブショットの打ち方】をご紹介し[…]

ゴルフ ロブショット

 

安全にパターで寄せるアプローチの打ち方

ティーアップしているドライバーを除き、ダフリやトップをしないクラブ。

それは、パターです。
パター

アプローチが苦手な方、まだ初心者の方はグリーン周りで転がせる場合はどんどんパターを使ってアプローチしましょう。

打ち方は、パターの打ち方と変わりません。
パターでのアプローチ
パター テークバック

 

パターを使ったアプローチの注意点や打ち方はこちらのページを参考にしてください。

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。冬になると、グリーン周りは芝が薄くなる為、アプローチショットは難しくなります。グリーン周りとなると、ウェッジでアプローチと考えてしまいがち。でも、パターが打てるならパターからという選択肢を持ってください[…]

パターでのアプローチ

 

アプローチの距離感の合わせ方。

アプローチの距離感を出すには2つあります。

① 感覚タイプ
② 機械式のオートマチックタイプ

①は、練習量が多い方や上級者が行っています。
②は、まだゴルフを始めた方などで感覚がない方にオススメです。

 

関連記事

なんとかグリーン付近までは運べた。ここからグリーンに乗せて2パットで収められればボギーで上がれる。そう思って放った30ヤードのアプローチショット。よしっ と思ったそのショットは10ヤードもピンをオーバー。ピン奥から10メート[…]

アプローチ距離感の合わせ方 フルスイング フォロー

 

アプローチでスピンをかける方法

アプローチでスピンがかかると、

・ボールを止めることができる。
・ランのことを考えなくて済むので優しくなる。
・かっこいい
などのメリットがあります。

 

アプローチでスピンをかけるには、
①スピンがかかるクラブ。ボールを準備する。
②スピンがかかる状況。かからない状況を適切に判断する。
③スピンがかかる打ち方を知る。

この3点が重要です。

詳しく、下記のページでアプローチのスピンのかけ方を紹介しています。

関連記事

 イケノヤ コーチギュギュッとグリーンで止まる。グリーン上でスピンが効いてボールが止まるとカッコイイですよね。今回は、スピンの効いたアプローチショットの打ち方をご紹介します。・グリーン上できゅきゅっと止め[…]

スピンアプローチ

 

 

ロケーション別のアプローチの打ち方

 
イケノヤ コーチ
応用の、様々なロケーションのアプローチの打ち方をご紹介します。

ラフからのアプローチの打ち方

ラフからのアプローチは、通常のアプローチと変わりコツがいります。

そのコツが分かれば、ラフからのアプローチも怖くありません。

 

ラフからのコツは、
①ラフに当たり負けしないようにグリップをしっかり握る。
ラフからのアプローチ 強く握る。

②ラフにひっからないようにフェースを開く。
フェースを開く

③ラフに当たり負けしないようにしっかり振り切る。
ラフのアプローチ フォロー

 

ラフからのアプローチの打ち方をこちらのページで詳しく解説しています。

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。今日も、読んで少しでも上達できるブログを更新しています。今回は、ラフからのアプローチの打ち方についてご紹介していきます。 この記事は、ラフからのアプローチの打ち方がわからない。ラフ[…]

ラフからのアプローチショット

 

薄い芝から安全に打てる。アプローチの打ち方

冬などになると、芝が薄くなります。

そうなると、ダフリやトップが出やすくなります。

ゴルフをやっている方は、薄い芝のアプローチが怖い。

 

そんな時は、転がせる状況であれば9番アイアンのアプローチがオススメです。

9番アイアンをパターのように構えます。
パター方式 構え

クラブヘッドをトゥだけ地面につけて構えます。
9番アイアンのアプローチ ネックをつけない

地面にクラブが当たる接地面積を極力少なくすることで芝のひっかかりを少なくします。

そしてパターのように地面に平行に滑らせることで当たりのミスを減らします。
パター方式 構え
パター方式 テークバック
パター方式 フォロー

凄い安全なアプローチの打ち方です。

薄い芝から安全に打てるアプローチの打ち方はこちらを参考にしてみてください。

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。冬場はアプローチは難しくなりますよね。ざっくりにちゃっくりと、嫌な季節になります。昔、冬場にちゃっくりが多発している先輩がチャックマンと呼ばれていた記憶を思い出します。今回は、冬場のグリーン周りのア[…]

9番アイアンのアプローチ ネックをつけない

 

フワっと柔らかい球筋のアプローチの打ち方

ボールをグリーン上で止めたい。

その時に、球質をフワっと柔らかい球筋にして打てると有効です。

フワッと柔らかい球筋にするには、ボールに衝撃を与えないことです。

その為に3つのポイントがあります。

ポイント① 一番ロフトが寝たクラブで打つこと。
私なら、58度のウェッジです。
サンドウェッジ

ポイント② ノーコックで振ること。
コックを使うとヘッドの重みで叩く動きが入ってしまうので、コックはしないでノーコックで振ります。
左腕が地面と平行になった際でもノーコック

ポイント③ スイングリズムをゆっくりにする。
スイングリズムがゆっくりであればボールに衝撃が伝わらなくなります。
ゆっくりにすると、飛ばなくなるのでその分スイングアークは大きく。
大きくゆったりスイングをします。
アプローチ距離感の合わせ方 スタート

アプローチ距離感の合わせ方 腕が水平

アプローチ距離感の合わせ方 腕が水平 フォロー

 

更に詳しく、フワッと柔らかく打てるアプローチの打ち方を下記のページで解説しています。

関連記事

 イケノヤ コーチフワッと柔らかい球筋のアプローチショットが打ちたい。そんな方に、柔らかい球筋のアプローチの打ち方をご紹介します。・アプローチショットでパンチが強くなってしまう。・グリーン上で止まる球が打[…]

柔らかい球筋のアプローチの打ち方

 

カラーとグリーンの境目にボールある際の打ち方

グリーンに乗ったのは良いけど、カラーとグリーンの境目にボールがある。
カラーとグリーンの境目

正直、打ちづらいのでどうしようかな?と思ってしまいますよね。

この場合に気をつけたいのは、打つときにパターヘッドがカラーの芝にひっかかってしまう。

その場合、パターヘッドを浮かしてまずは構えましょう。
ヘッドを浮かせて構える。
カラーとグリーンの境目 構え方

そして、浮かしたままで振り、ボールの上部をヒットさせましょう。
フォロースルー

もし、それでもカラーの芝がひっかかってしまう。

そんな場合は、もう一つ秘策があります。

 

それは、カラーとグリーンの境目。簡単に当てられる2つの方法を読んでみてください!

関連記事

 イケノヤ コーチカラーとグリーンの境目にボールがあった際、うわっと思いますよね。なかなか機会が少ないので、どうやって打つんだろう?と悩むことありますよね。今回は、カラーとグリーンの境目にボールがあった際にど[…]

カラーとグリーンの境目

 

アプローチでミスをしてしまう方の直し方

 
イケノヤ コーチ
アプローチでこんなミスで困っている。
そんな方に、多いアプローチのミスを症状別に解説します。

アプローチでダフリが多発してしまう方

アプローチでダフリが多い。

正直、もったいないですね。

アプローチでダフリが出てしまう方はスイングの最下点が手前になっている方です。

原因は3つあります。

原因① 重心が右に残ってダフっている。
アプローチ 右足に重心が残りダフる。

 

原因② 手首がほどけてボールに当たる前に芝に当たってダフる。
アプローチショット リリースが早くてダフる。

 

原因③ クラブがインサイドから降りすぎる。
アプローチ インサイドからクラブが降りてきてダフる。

 

アプローチのダフリの原因と直し方。練習方法をご紹介します。

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。今日も、読んで上達するゴルフブログを更新しております。先日のコースレッスンで、グリーン周りでダフリが出てスコアにならない。というお悩みを持つお客様のレッスンを行いました。では、グリーン周りでダフる。[…]

アプローチ コックがほどけないようにする練習 ⑤

 

アプローチでザックリをしてしまう方

特に、冬など芝が薄くなる時期に多いのが、アプローチのザックリ。

怖くなって、ボールに綺麗に当てようと思えば思うほど、ボールの手前にザックリする。

ザックリの原因やクラブの当て方が分かればザックリが解消できます。

 

ザックリの原因と直し方を徹底解説しています。

関連記事

グリーンを狙ったショットは、残念ながらショートした。ボールは、花道にある。よしっ 寄せるぞ!と意気込んだアプローチショットはボールに当たる前に芝生にグサッ。とクラブが刺さる。ポトンとすぐに落ち2メートルしか飛ばなかった。こん[…]

ザックリの直し方

 

傾斜からのアプローチの打ち方

 
Name
傾斜からのアプローチの打ち方をご紹介します。

左足下がりの傾斜からのアプローチの打ち方。

左足下がりの傾斜からのアプローチの打ち方は傾斜に沿って打てることが成功のカギです。

①アドレスで傾斜と平行に構える。
左足下がりの傾斜からのアプローチ 構え

② 傾斜に沿ってクラブを振っていく。
テークバック
フォロースルー

左足下がりの傾斜からのボールの位置など詳しい記事はこちらから

関連記事

 イケノヤ コーチグリーン奥にこぼれたボールは、左足下がりの傾斜へ。この傾斜からのアプローチは難易度高いんです。今回は、左足下がりの傾斜からのアプローチの打ち方をお教えします。 左足下がりの傾斜は、4[…]

左足下がりの傾斜からのアプローチのスタンス幅

 

 

左足上がりの傾斜からの打ち方

左足上がりの傾斜からのアプローチの打ち方も基本的には傾斜に沿って振ることが重要です。

①傾斜に沿ってアドレスをする。
重心は右足の内側で抑えます。
ボールの位置は真ん中より、ボール1個分は右足側に寄せましょう。
左足上がりの傾斜からのアプローチ アドレス

②アドレスで出来たスイング軸を変えないようにスイングをしましょう。
左足上がりの傾斜からのアプローチ テークバック
左足上がりの傾斜からのアプローチ インパクト
左足上がりの傾斜からのアプローチ フィニッシュ

③スイングの軌道はインサイドアウトで振ります。
傾斜なりにスイングをする為には、少しインサイドアウトに振ることがポイントです。
その分、アドレスではオープンスタンスを強めます。
ヘッドをインサイドに上げていく

 

更に詳しく、左足上がりの傾斜のアプローチの打ち方を下記のページで解説しています。

関連記事

 イケノヤ コーチ左足上がりの傾斜からのアプローチが上手くいかない。そんなお悩みにお応えしようと思います。 ゴルフ場には必ずと言っていいほど傾斜があります。特に、砲台グリーンが多く左足上がりのアプロー[…]

左足上がりの傾斜からのアプローチ フィニッシュ

 

アプローチの練習で意識すること

アプローチの練習をする際にどんなことを意識するか?

そのポイントをご紹介します。

アプローチの練習では球の高さを意識する。

アプローチの練習は、ボールの打ち出しの高さを意識することが大切です。

なんでか?

ダフリはすくい打ちだから、ボールが高くなる。

突っ込んでしまうと、ボールが低くなってしまう。

当たり方がまちまちだと、ボールの打ち出しの高さがバラバラになってしまうからです。

当然、距離感も安定しません。

 

アプローチの練習の仕方。球の高さを意識すると上達する。下記のページで詳しく解説しています。

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの練習を行う際は、球の高さを意識すること。これが非常に大切です。なんで球の高さに意識したほうが良いのか?ドライバーショットは距離が出る為、ミート率より曲がりを気をつけます。[…]

アプローチ ボールの高さを揃えるのが重要

 

アプローチの打ち方【総まとめ集】のまとめ

いかがでしたか?

アプローチの打ち方の多くのことを載せた記事となっています。

アプローチの基本的なアプローチ打ち方。

上げる。転がすなどの応用のアプローチテクニック。

ロケーションごとのアプローチの打ち方。

アプローチの距離感の出し方。

アプローチのミスにお悩みの方用の症状別の原因と直し方。

多くのゴルフのアプローチの打ち方を詳しくまとめました。

ぜひ、寄せワンを取れるレベルまでいきましょう。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)