テークバックがインサイドに引きすぎる。真っすぐに上げるコツ

 
イケノヤ コーチ
テークバックがインサイドに引き過ぎてしまう。
テークバックの引き方に悩む方が非常に多いです。
今回は、そんな方のお悩みにお応えしようと思います。
テークバックがインに引き過ぎると、
・プッシュアウトで右にボールが飛んで行ってしまうミスが出る。
・クラブがインサイドから降りてきてダフリのミスが出る。
そんな症状が出やすくなります。
 
今回は、テークバックでインサイドに上がるクセ直す。真っすぐに引くコツをご紹介します。
 
□この記事の内容
★テークバックがインサイドに引き過ぎてしまうとこんなミスが出やすくなります。
★テークバックがインに引き過ぎる2つ原因。
★テークバックを真っすぐに引く際のコツ
★実際に直す手順をレクチャーします!

 
 
□この記事の信頼性
幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。
 

テークバックがインサイドに引いてしまうとこんなミスが出やすくなります。

実際はダウンスイング時にクラブがどう降りるか?で球筋に影響が出てきます。
インサイドから降りる

 

但し、テークバックの引く方向が悪いとダウンスイングも悪くなるという連鎖運動になりやすくなります。

インサイドにクラブを引いてしまうということは、スイングの軌道がインサイドアウト軌道になりやすくなります。

インサイドアウトのクラブの抜け

インサイドアウト軌道でクラブを振ってしまうとプッシュアウトなどのミスが出やすくなります。

右にまっすぐ

 

テークバックがインに引きすぎる 【2つの原因】

 
イケノヤ コーチ
テークバックがインサイドに引きすぎてしまう場合は2つのことが考えられます。

原因① 体の回転が悪いとインサイドに引きすぎてしまう

テークバックの体の動きは、アドレスの位置をキープしながら回転することです。
ゴルフスイング 正面(トップオブスイング)

体の回転が悪いと、テークバックがインサイドに上がってしまいます。

インサイドに引いてしまう体の使い方は、

上体が右足方向へ傾いてしまう。
テークバック 軸の傾き

このように上体が右に傾いてしまうと、上体が横回転になってしまいます。

体の回転が横回転

結果、テークバックがインサイドに引いてしまいます。
体の横回転となりインサイドにクラブを引いてしまう

 

 

原因② コックの仕方が悪いとインサイドに引きすぎてしまう

もう一つの原因がコッキングの向きが悪い。

コッキングの方向を横にしてしまうと、テークバックはインサイドに引いてしまいます。
コッキングが横過ぎるとテークバックがインサイドに引いてしまう

コッキングが横

 

 

□テークバックがインサイドに引いてしまう。2つの原因 【まとめ】
★体の回転が横回転になってしまうとテークバックがインサイドに引いてしまう。
★コッキングの向きが横過ぎるとテークバックがインサイドに引いてしまう。

 

 
イケノヤ コーチ
次に2つの原因を直してテークバックを真っすぐに引くコツをご紹介します。

テークバックのインに引くクセを直して真っすぐに引く 【2つのコツ】

テークバックのインサイドに引くクセを直すには、
・上体の軸回転を変えること
・コッキングの方向を変えること

この2つを変えることです。

 

体の回転を変えてテークバックを真っすぐに引く

体の回転を変えてテークバックの引く方向を変えます。

① アドレスをします。
アドレス

②アドレスで出来た前傾を変えないように回転をしていきます。
少し縦に回転する意識を持ってください。
前傾を変えないようにテークバック
正しい体の回転でテークバックがストレートに

 

 
イケノヤ コーチ
体の回転をいつもより縦回転に変えることでストレートにテークバックが引きやすくなります。

 

コッキングの向きを変えてテークバックを真っすぐに引く

コッキングの方向を変えてテークバックを真っすぐに引いていく方法です。

テークバックで体の回転とともに縦にコックを入れていきます。

縦コック

そうすると、インサイドに上がらなくなってきます。

縦コックを入れたテークバック

 

 

□テークバックのインサイドに引くクセを直して真っすぐに引くポイント
★体の回転を横回転を少し縦回転に変える。
★テークバックの始動時のコックを横ではなく少し縦のコックを入れていく。

 

実際にインに引いてしまうクセを直す手順をレクチャーします。

 
イケノヤ コーチ
実際に自分のスイングを直していきましょう。
①自分のスイングを撮ってみましょう。
 できればゴルフスイング専用のアプリで撮るとなお更良いです。
携帯電話
ゴルフスイング アプリ

②自分のスイング撮ったものをチェックしてみましょう。
インに引いてしまうのは、
・体の軸が右に傾く。
上体が右に傾きすぎているアドレス

・コッキングの方向が悪い。
コッキングが横
自分の正面側と飛球線後方の2方向から撮ってみてチェックしてみましょう。
 
③ チェックしてみて原因と合わせて確認して練習しましょう。
原因が2つ重なっている場合もあります。
正しい体の回転でテークバックがストレートに

 
イケノヤ コーチ
頑張って直していきましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

テークバックのインサイドに引いてしまうクセを直す。

右へのミスが出やすい上げ方です。

ぜひ、直していきましょう!!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)