ゴルフ|頭が動くからミート率が下がる。ブレない為のスイング作り

 
イケノヤ コーチ
・ダフリが出る。
・トップが出る。
そんな時に良く言われるのが、『頭が動いている』
 
頭が動くとなんでミート率が下がるのか?
頭が動くとどんなミスが出てしまうのか?
そして、頭が動かないための練習方法をご紹介します。
 
本記事を参考にすることで、体のブレを減らしミスショットの確率を減らします。
 
★この記事を参考にしてほしい方
・ダフリやトップが多くて安定性がない方
・頭のブレが多いと感じている方
・ゴルフが上手くなりたい方
 

理想のスイングで頭の動きはどうなるのか?

 
イケノヤ コーチ
ゴルフスイングで頭はどう動くのか?
理想のスイングを見ていきましょう。
ゴルフスイング 正面(アドレス)
ゴルフスイング 正面(テークバック )
ゴルフスイング 正面(トップオブスイング)
ゴルフスイング 正面(フォロースルー)
ゴルフスイング 正面(フィニッシュ)
 
イケノヤ コーチ
アドレスの位置から頭が動くのは5枚目のフィニッシュの部分だけです。
あなたはいかがですか?
スマホなりで自分のスイングを録画してみてチェックしてみてください。

次は、頭がどう動くとはどういうことか?説明します。

頭が動くとはどんな状態か?

頭が動くとは、

頭のてっぺん、腰の尾てい骨を結んだラインが上体の軸。

頭がブレると上体の軸が傾いてしまいます。

 

例を挙げます、

下の写真では、頭が右足側にズレています。

そうなると上体の軸が右に傾き、すくい打ちとなりダフリやトップのミスショットが出やすくなります。

体の軸がブレる

 

 
イケノヤ コーチ
頭が動く。 = 上体の軸が傾くということになります。

次は、頭が動くと言っても色々なパターンがあります。
頭のブレの方向によってスイングが変わりミスの出方も変わります。

あなたの頭のブレはどういうタイプか? 出てしまうスイングの傾向とミスをご説明します。

 

頭が動く頭とどんなミスが出やすいのか?

 
イケノヤ コーチ
頭が動くとどんなミスが出てしまうのか?
スイング別のミスの傾向を説明します。

※説明の際の頭の動きの表記は、写真とは逆になりますので読んでる際に注意してください。自分がスイングしている動きの表記です。

 

頭が右に動いた場合、どんなミスが出やすいか?

 
イケノヤ コーチ
頭が右に動いた際はどんなスイングの傾向になるのか?ミスが出やすいのか?
ご説明します。

まずは、テークバックで頭が右に動いてしまう方のパターンです。

 
【テークバックで頭が右に動く】
アドレス
テークバック 頭が右にズレる。
このような方は、上体が横回転になります。
その為、テークバックがインサイドに上がりやすくなります。
テークバック インに上がる
 
イケノヤ コーチ
結果、スイングがインサイドアウトになりやすく。
プッシュアウト(右にいきなりボールが飛ぶ)になりやすいスイング傾向

次にダウンスイングで頭が右に動いてしまう方の傾向です。

 
【ダウンスイングで頭が右に動く方】
ダウンスイング 右に頭が傾く
 
イケノヤ コーチ
ダウンスイングで頭が右に動いている方は、すくい打ちとなっています。
その為、
・ダフリ
・トップ
・フェアウェイウッドなどではチョロ
などの打点のミスが出やすくなります。

そして、スイング軌道は次のようになります。

ダウンスイング インからクラブが降りてくる。
 
イケノヤ コーチ
スイング軌道はインサイドアウトになりやすくなります。
インサイドアウトとは、下の写真のクラブの動きです。

プッシュアウト

 
イケノヤ コーチ
右斜め方向に振っているスイングです。
結果、打ち出しが右にいきなり飛ぶボールになります。
右にまっすぐ
 

 

頭が左に動いた場合、どんなミスが出やすいか?

 
イケノヤ コーチ
次に、頭が左に動いてしまう方のスイングの傾向とミスのパターンです。

まずは、テークバックで左に頭が動いてしまう方です。

【テークバックで頭が左に動く】

アドレス

頭が左足側に動く

このような方は上体の回転が縦回転になります。
その為、テークバックがアウトサイドに上がりやすくなります。

アウトサイドにクラブが上がる

 
イケノヤ コーチ
結果、スイングがアウトサイドインになりやすく。
ひっかけ(左にいきなりボールが飛ぶ)になりやすいスイング傾向

次にダウンスイングで頭が左に動いてしまう方の傾向です。

【ダウンスイングで頭が左に動く方】

ダウンスイング 頭が左に動く

 
イケノヤ コーチ
ダウンスイングで頭が左に動いている方は、突っ込んでいます。
その為、
・ボールに高さが出ない低いボールが出る。
・ボールを追い越してしまいトップボールが出てしまう。
などの打点のミスが出やすくなります。

そして、スイング軌道は次のようになります。

クラブがアウトサイドから降りてくる

 
イケノヤ コーチ
スイング軌道はアウトサイドインになりやすくなります。

アウトサイドインとは、下の写真のクラブの動きです。

ひっかけボール
 
イケノヤ コーチ
左斜めに振っているスイングです。
結果、打ち出しが左にいきなり飛ぶボールになります。
左に真っすぐ
 

頭が上に動いた場合、どんなミスが出やすい?

 
イケノヤ コーチ
頭の位置が上に動いた場合はどんなミスが出やすいか?

当然、ボールと自分の距離が遠ざかります。

頭が上に動いた際のミス

 
イケノヤ コーチ
結果、
ボールにヘッドが届かなくてトップボールが出てしまう。

ボールにヘッドが届かないと、手で届かせようとしてしまうので手打ちのスイングになってしまいます。

 
 
イケノヤ コーチ
頭が動くことによって様々なミスが出やすくなります。

次に、どなたでも出来るような頭が動かない練習方法をご紹介します。

【カンタン】頭がブレないスイングを作る練習方法

 
イケノヤ コーチ
頭が動かないようになる。
誰でもできる簡単な練習方法をご紹介します。

難しいのが、
頭が動いている。
動いていない。

自分でわからないのが直す際の難しさです。

その為、自分で判別できるような練習アイテムを使います。

① 鏡を用意します。
鏡

 

② アドレスした際に自分の顔が鏡に写るようにセットします。
鏡をセットした状態のアドレス

鏡に自分の顔が写るようにする。

 

③ 鏡から顔が動かないようにスイングしましょう。

テークバックでも顔がズレない。
鏡に顔が写った状態でトップを作る。

ダウンスイングでも顔がズレない!
ダウンスイング まだ鏡に顔が写っている

インパクトでも顔がズレない!!
インパクト

フォロースルーでも顔がズレない!!!
フォロースルー

最後のフィニッシュだけはズレて大丈夫です。
フィニッシュ

 

【注意点】
・顔がズレないことは重要ですが、体を捻転しないなど手上げにならないように注意してください。
・体が捻転しますので、顔の向きは変わっていきますので固定しないように。

 

 
イケノヤ コーチ
この練習方法なら簡単にご自身でチェックすることが出来ます。
鏡のない方は、ゴルフ用の鏡を購入してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

頭が動くと様々なミスショットが出ます。

単純に、頭がブレている方のスイングを見て安定しそうですか?

安定しなそうなスイングということは、当然ブレます。

ぜひ、ブレないスイングを身につけて安定感のあるスイング、安定感のある球筋を身につけましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)