ゴルフ|右足の使い方を詳しく解説。【ショット・アプローチ・パター】

ゴルフスイングってクセがつくと非常に直すのが難しいです。

特に、右利きの人が多いので右足や右手の使い方など右サイドの使い方は非常に重要です。

右足の使い方が悪いと、

・体が早く開いてひっかけのミスが出る。

・ダウンスイングで右足がボールに近づき、シャンクが出る。

など色々なミスが出ます。

右足の使い方が良いと、安定感が抜群に良くなります。

安定感の欲しい方、右足の使い方が分からない方など今回は、ゴルフスイングの右足の使い方をご紹介していきます。

通常のショット編、アプローチ、パターと解説していきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

ゴルフスイングの右足の使い方を細かく解説していきます。

それでは、まずゴルフスイングの右足の使い方を細かく解説していきます。

①アドレス時の右足

まず、アドレス。
アドレス時の右足

右足のつま先は若干開いている。
ドライバーのアドレス つま先はハの字に開く

重心は母指球に乗り、ヒザは軽く曲がっている。

 

②テークバックからトップまでの右足の動き

アドレスで右足のヒザは少し曲がった状態になっています。
アドレスではヒザが少し曲がった状態。

アドレスの右ひざ

その曲がった状態をキープして、その場でヒザの向きを右に向けて回転していきます。
右膝の向きを変える

テークバックの右膝の動き

そうなると、右ヒザが伸びることもなくスイングのブレが減ります。

右足の重心は、かかとにあります。

 

テークバックの右足の動きでダメな使い方は、

・右ヒザを固めようとしてしまう。

これでは、体が回りづらくなってしまいます。

 

・横にスライドしてしまう。
テークバック 右足がスエーする

体が右にズレてしまいダフリの元になる。

リーバースピボットの悪いスイングになる。

 

・右ヒザが伸びてしまう。
テークバック 右ひざが伸びる

体のブレが多くなります。

 

③ ダウンスイングからインパクトにかけての右足の使い方

ダウンスイングで右足の使い方が悪い方が非常に多いです。

トップからダウンスイングにかけては安定感を出す右足の使い方が重要。

グリップの位置がトップからダウンスイングの腰付近までは、右足のくるぶしを地面につけるように横に倒すだけです。
右足を地面に押し付けるように

ダウンスイングの右足

完全に右足の外側は浮きます。

 

そうすることによって、

右ひざが前に出ることを防げる。
右足を前に出す

体重移動が出来るようになる。

体が浮かなくなり安定感が出る。

上記のようなメリットがあります。

 

そして、グリップ位置が腰付近を過ぎてから右足の回転がやっと入ってきます。
インパクト時の右足

左膝の裏に右膝を入れ込むような形で、さらに右足の親指の内側を起点にして回転。
インパクト時の右足

かかとが浮いていきつま先に重心がかかります。

 

④インパクトからフィニッシュ

インパクトからフィニッシュにかけては、さらに回転をしていきます。

目標としては、右ヒザのお皿が目標を向くように。
フィニッシュの右足

フィニッシュでは、右足がつま先立ちで終わります。
フィニッシュでは右足はつま先立ち

後方から見たら、まっすぐな状態。

 

注意点は、

・右足の指先がべったりとついている。

体重移動が上手くいっていない証拠です。
ダウンスイング時の右足の使い方を参考にしてください。

 

・右足が暴れている。
フィニッシュで足がめくれすぎる

スイングが暴れている証拠。
安定感のないショットに結びつきます。

 

アプローチのショットでの右足の使い方

アプローチは飛ばすショットではないので、足の動きは少なくなります。

アドレス。
ランニングアプローチ時の構えの重心

テークバックからダウンスイングにかけては、左ヒザに右足を寄せていくだけで良いです。
ランニングアプローチ インパクト
ランニングアプローチのフィニッシュ

スタンス幅が狭いので、多少動かすことになります。

 

パターでの右足の動き

パターは、飛ばすショットではありません。

その為、腰から下の下半身は一切動かしません。
パターの腕の形
パター テークバック
パター フォロー

ヒザが動くとストロークがブレるので確率が減りますので注意。

 

ゴルフスイングの右足の動きのまとめ

通常のスイングの右足の動きをまとめます。

①アドレス

②テークバックでは、右膝の角度を維持したまま右ヒザをお皿を右に向けて回転させる。

③右足のくるぶしを地面につけるように横に倒す。

④右足の親指の内側を起点に回転させていく。

⑤最後はつま先立ちで終わる。

以上の5つの動き。

アプローチは少しだけ動く。

パターは一切動きません。

以上が、ゴルフスイングの右足の動きです。

右足はどう動かしたら良いのか?悩んでいる方は参考にしてみて下さい。