トッププロのゴルフスイングをスローで見よう【有名プロ多数】

ゴルファーにとっての目標でもある綺麗なスイングで上手くなる。

アマチュアの方にとっては非常に夢でもあります。

その時に参考になるのが、プロのゴルフスイングのスローを参考にすること。

私が現役の時は、動画があまりなかったので連続写真でした。

当時、私が連続写真を見まくってコピーしていたのが桑原 克典プロ。

背丈なども同じでかっこよかったので、理屈うんぬん真似していました。

プロゴルファーのスイングは当然ながら無駄が少ないので綺麗です。

パーツごとでお悩みの方もスローでなら良くわかります。

綺麗なゴルフスイングを目指したいなら、綺麗だと思うプロゴルファーのスイングの真似をすること。

それだけで、スイングも良くなり上達にも繋がります。

今回は、プロゴルファーのゴルフスイングのスローをまとめました。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
 
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 
目次

ゴルフスイングのスローを参考にする際のポイント

ただ、スロー動画を眺めても意味はありません。

私が見る際のポイントは、

ポイント① 背丈や体重など同じような体格の選手のスイング動画を参考にする。
 体格が違ければスイングの仕方も変わってしまうので、できるだけ同じ体格の選手を参考にしましょう。

ポイント② スイングの流れを参考にする。
 形を真似ようとすると、カチカチになります。
 スイングの滑らかな動きも参考にするとリズムも良くなります。

ポイント③ 自分と同じ持ち球の選手の動画を参考にする。
 自分の持ち球がドローボールだったら、ドローボールの選手のスイング動画を参考にしましょう。
 ドローボールの選手とフェードボールの選手のスイングは違います。
 自分の持ち球と同じ選手や目指したい球筋を打っている選手のスロー動画をみると良いです。

ポイント③ ただただ、綺麗であこがれる選手のスイングを真似する。
 その選手と同じように振れれば、それだけでも上手くなると思います。
  綺麗なスイングを目指す楽しみはアマチュアの方の特権です。

上記の4つを踏まえてみていただけると非常に効果的だと思います。

 

日本男子プロのゴルフスイングのスローモーションまとめました。

まずは、日本の男子プロのスロー動画をまとめましたので参考にしてみてください。

松山 英樹プロのスイング スローモーション

日本のエース。松山 英樹プロ。

身長:180cm
体重:90kg
球筋:ストレートボール

彼のスイングを見て頂きたいのが、

【正面動画】
・体のブレがまったくない体の回転。
・下半身の腰の回転から生まれる大きなフォロー

【後方動画】
・オンプレーンなクラブの動き
・フェースターンが少ないクラブフェースの使い方
・前傾が常に変わらない安定さ
・インパクトでの腰の開き具合

 

石川 遼プロのスイング スローモーション

そして、松山プロに続く日本のエース石川 遼プロ。

身長:175cm
体重:72kg
球筋:ストレートドロー

彼のスイング動画で参考にして欲しいポイントです。

なんといっても躍動感。それが飛距離を生んでいます。

【正面動画】
・頭の位置、体の動きにまったくのブレがないので体の使い方を真似ましょう。
・飛距離が出る共通項の下半身の切れ。

【後方動画】
・下半身の使い方は非常に参考になると思います。

飛距離を出したい方は非常に参考になるスロー動画です。

 

片山 晋呉プロのスイング スローモーション

賞金王を4度取っている日本ゴルフのパイオニア。

体の大きさは日本人体系の典型のプロゴルファーです。

精密機械のようなスイングでショットメーカーです。

身長:171kg
体重:73kg
球筋:ストレートドロー

片山プロのスイングの特徴は、

【正面動画】
・頭の位置や体の動きのブレが非常にすくない。
・体重移動を積極的に使っていましたが、近年は回転重視のスイングに変更してきています。
・回転タイプに変えているので、下半身の使い方を動画の中でも見受けられますので下半身の動きがわからない方は参考になると思います。

【後方動画】
・オンプレーンなスイング軌道
・ややフェースをシャットに使いながらローテーションを抑えたフェースの使い方

曲がりを減らしたい方には非常に参考になります。

 

稲森 佑貴プロのスイング スローモーション

2015年から4年連続フェアウェイキープ率 1位をキープしている。

日本一曲がらない男、稲森 佑貴プロ。

ある程度、曲がらない人には特徴があるのですが特別にないのが彼の凄さ。

小さい子供の頃から曲がっていなかったのが今もずっと続いている感じです。

体格は小柄な日本人体形と言えます。

身長:169cm
体重:68kg
球筋:ドロー

稲森プロの良さは、思いっきりの良さ。

【正面動画】
・体のブレが終始ない1軸スイングが特徴。

【後方動画】
・切り返しがアマチュアの方に参考になるポイント。
 上半身がまったく開かない状態で腰を回せています。飛距離を生むポイントです。

 

金谷 拓実プロのスイング スローモーション

これから日本のトップに踊りでるであろう金谷プロのスイングもチェック。

アマチュア世界ランキング1位になり2020年にプロ転向。

成績も常に上位に顔を出している今、一押しのプロ。

彼のうまさは、ショットだけでなくショートゲームやパター、コースマネージメントにいたるまでレベルが高い。

身長:172cm
体重:75kg
球筋:ストレート

彼のスイングはドローボールをストレートに変えていったようなスイングです。
ドローがきついかたには参考になるスイング。

 

今平 周吾プロのスイング スローモーション

2018年、2019年の賞金王 今平 周吾プロ。

彼は小柄ながらも非常に飛距離の出る選手です。

私は、彼のスイングに入る際が非常に好きです。

足でのワッグル。そして狙う気持ちが伝わるアドレス。

身長:165cm
体重:60kg
球筋:フェード

【正面動画】
・体の位置があまり変わらない1軸スイングが特徴。
・ダメな動きとされているフォローの左肘の引けがありますが、そこでフェースの開閉を抑えています。

【後方動画】
・体で上げているというよりやや手上げなテークバックが特徴。

彼の一番良いところはスイングリズム。見ているだけでイメージが湧きます。

 

 

日本女子プロのゴルフスイングのスローモーションをまとめました。

つづいて、実力派からショットメーカーまで人気のある女子プロのスロー動画をまとめました。

渋野 日向子プロのスイング スローモーション

メジャーを制した人気女子プロ渋野プロ。

抜群の飛距離と方向性を備えています。

身長:165cm
体重:62kg
球筋:ドロー

【正面動画】
・肩と腕で出来た3角形が変わらずテークバックできている。手上げの人は参考にするポイント。
・腰のあたりからコックを入れていき、しっかりとタメに繋がる飛距離の出るポイントがあります。
・体のブレが非常に少ないの安定性のあるゴルフの特徴。

【後方動画】
・構えのハンドダウンが特徴。
・スイングの軌道がオンプレーン。
・片山プロと同様でトップで掌屈の動きを取り入れややシャッフェースからフェースローテーションを抑えた曲がらないスイング。

>>>渋野プロの特徴であるトップの掌屈とは??

 

原 英莉花プロ スイング スローモーション

美人ゴルファーでもあり圧倒的な飛距離を武器にする原プロ。

高身長で手足の長い大きなスイングアークで飛距離を出すスイングが特徴です。

瞬発力系のスイングです。

身長:173cm
体重:67kg
球筋:フェード

 

イ・ボミ プロ スイング スローモーション

2015年の賞金女王のイ・ボミ プロ。

基本に忠実なスイングで綺麗なスイングです。

身長:158cm
体重:52kg
球筋:ドローボール

【正面動画】
・体の左右のブレが少なくしっかり上体が捻転できています。
・基本的に体の動きが静かなので、安定したゴルフが続けられそうなスイングです。
・レベルで振れているので、FWが苦手な方には非常に参考になります。

【後方動画】
・スイング軌道は非常に綺麗でインパクト付近はややフラットなスイング。
・インパクト時に左右のお尻が見えしっかりと下半身も使えています。

オーソドックスなスイングでアマチュアの方に非常に参考になるスイングです。

 

古江 彩佳プロのスイング スローモーション

2020年に2週連続優勝を果たした古江プロのスイングです。

小柄ながら正確なショットを打ち込むショットメーカーです。

原 英莉花プロの瞬発力のあるスイングではなく、体幹がしっかりとして安定感のあるスイングをします。

どちらかというと、イ・ボミ プロと同様のタイプです。

身長:153cm
体重:54kg
球筋:ストレート

【正面動画】
・頭のブレがなく左右のブレがないので体の回転の仕方が非常に参考にしたいところ

【後方動画】
・なんといってもクラブの動きが抜群。スイングプレーンに沿ったクラブの動きが素晴らしいです。

古江プロの良さは、後方からのオンプレーンスイング。このスイングでは曲がらないでしょう。

 

畑岡 奈紗プロのスイング スローモーション

日本女子プロのトップに君臨する畑岡プロ。

小柄ながら飛距離も出てアメリカツアーで3勝を誇る実力者です。

身長:158cm
球筋:ストレート

【正面動画】
・インパクト時にジャンプする動きはありますが、非常に体の左右のブレが少ない。
・肩と腕で出来た3角形が変わらない基本に忠実なスイング。

【後方動画】
・スイングプレーンに沿った綺麗なスイング軌道。
・渋野プロとは違い、ややフェースローテーションを使ったスイングをします。

 

日本人ゴルフコーチのゴルフスイング スローモーション

ゴルフレッスンを行っている方は基本に忠実なスイングをしています。

習いに行ったら、スイングが酷かったら嫌ですよね。

スイングを参考にするなあコーチも非常に参考になります。

むしろ、スイングを真似るならレッスンプロがオススメです。

私のボスの谷 将貴は非常に綺麗なスイングをします。

オンプレーンのクラブの動かし方や体の使い方を見てみてください。

 

 

世界ランキング上位プレーヤーのスロー

最後に、世界ランキング上位プレーヤーをまとめます。

体格や筋力が日本人とはずいぶん違うので参考になりづらいです。

しかし、世界ランキングが上位の選手のスイングは参考になる点も多いハズです。

世界ランキング上位選手のスイングのスローを参考にしてみて下さい。

※2020年12月29日現在の世界ランキングとなっています。

 

世界ランキング 1位 ダスティン・ジョンソンのゴルフスイング スロー

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン。

圧倒的な飛距離を武器にしたプレーヤーです。

身長:193cm
体重:86kg
球筋:フェードボール

トップで左手の甲を張ったトップが特徴的なスイング。
左手の甲を張ることによって、フェースをシャットにしダウンスイングで逃がしながら捕まったフェードボールを打っています。

フェードを打ちたい方には特に見て欲しいスイングです。

 

世界ランキング 2位 ジョン・ラームのゴルフスイング スロー

続いて世界ランキング2位のジョン・ラームのスロー動画です。

ラームも飛距離が出るプレーヤーです。

飛距離が出る分、安定感のあるスイングをしているプレーヤーです。

身長:188cm
体重:100kg

ラームのスイングの特徴は、
・コンパクトなスイング
・レイドオフで掌屈のトップ
・体のブレが少ない体の動き。

方向性が安定するスイングです。

 

世界ランキング 3位 ジャスティン・トーマスのゴルフスイング スロー

世界ランキング3位のジャスティン・トーマス。

ジャスティン・トーマスも飛距離の出る選手です。

上位の2人とは違って下半身のキレが特徴的で飛距離を出しているタイプ。

いわゆる、地面反力をしっかりと使って飛距離を出しています。

体の柔軟性や体のキレがある人には、参考になるスイングタイプです。

身長:178cm
体重:73cm
球筋:フェード

トーマスのスイングの特徴は、
・高いトップ位置
・ダウンスイング時の下半身の使い方

地面反力を使った飛距離アップを考えている人は参考になると思います。

 

世界ランキング 4位 ローリー・マキロイのゴルフスイング スロー

世界ランキング4位のローリー・マキロイのスイング動画です。

マキロイも圧倒的な飛距離を出すタイプです。

マキロイは、上半身でのヘッドの走らせ方と下半身の地面反力を使った動きでトータル的に、体をすべて使ったスイングです。

そして、スイングの流れが非常に綺麗でカッコイイです。

身長:175cm
体重:73kg
球筋:ドロー

マキロイのスイングの特徴は、
・体の柔軟性を発揮した巻き付くようなスイング
・地面反力をいかんなく発揮した下半身のキレ
・上体と下半身の捻じり差を使ってヘッドを走らせている上体の動き

 

世界ランキング 5位 ブライソン・デシャンボーのゴルフスイング スロー

そして、世界ランキング5位のブライソン・デシャンボーのスイングスロー動画です。

ゴルフ界きっての理論派。

ゴルフ博士ともいわれています。

デシャンボーのスイングはロボットスイング。

非常に曲がらない。ミート率が上がる要素が盛りだくさん。

一見、特徴的なスイングと思われがちですが考えてみると非常に簡単なスイングをしています。

アマチュアの方に非常に参考になるスイングの考え方を持っています。

デシャンボーのスイングの考え方をまとめました。

>>>デシャンボーのスイングを徹底解説。参考になるところが盛りだくさん。

身長:185cm
体重:109kg
球筋:フェード

デシャンボーのスイングの特徴は、
・左手を1本とした簡単なスイング
・体の上下・左右のブレが最小限のミート率が高いスイング

 

ゴルフのスイング スローモーションのまとめ

いかがでしたか??

自分の体格や球筋、綺麗だなと思ったスロー動画は見つかりましたか?

繰り返してみることで、イメージがつきスイングが綺麗にもなります。

出来れば、こまめに見ること。

イメージがつけば体も反応し同じようなスイングが身につきます。

ゴルフのスロー動画だけで真似ても上達に結びつくと思います。

ぜひ、繰り返し見てみて下さい。