出来てますか?アイアンの正しいアドレス時のフェースの合わせ方。

アイアンのフェースってどう合わせるのが正解なのか?

細かく考える方は考えますよね。

もちろん、構えた段階でフェースの向きが違っていたらミスショットに繋がります。

その為、構えた段階のフェースの向きは正しく構えておきたいですね。

今回は、アイアンの正しいアドレス時のフェースの合わせ方を紹介していきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

正しいアイアンのフェースの合わせ方 2つのポイント

アイアンのフェースはどう合わせるの良いのか?

非常に迷う方はいらっしゃいますよね。

アイアンのフェースの構え方のポイントは2つあります。

・リーディングエッジの合わせ方。
スクエアなフェース面

・ソールの合わせ方
マッスルバック アイアンの方がラフの抜けが良くなる。

正しく構えるには、この2つのポイントを抑えておきましょう。

その正しい構え方を紹介していきます。

 

リーディングエッジを目標に対して直角に合わせておきましょう。

まずは、リーディングエッジを目標と平行に構えておきましょう。

リーディングエッジというのは、フェースの一番下の部分の事。
リーディングエッジ

このリーディングエッジを目標と平行に合わせておきます。
フェースがスクエア

フェースの向きは、ボールの曲がりに繋がりますのでしっかり合わせましょう。

私も、調子が悪くなってボールが曲がってきた時に先輩から、「フェースが開いているよ」などと言われて直したら調子が良くなったことがあります。

知らず知らずの内に、真っすぐにフェースを合わせたハズなのにズレていた経験があります。

これは構えた際の目線がズレてフェースの見え方が変わってしまった為です。

アイアンのリーディングエッジは目標と平行に合わせるのが正しい構え方です。

 

トゥ側をコイン1枚分浮かせておきましょう。

次に、ソールの合わせ方です。

ソールとは、アイアンの数字が書いてある下の部分。
ウェッジ ソール

シャフトはしなる物です。

インパクト時はこのようにシャフトはしなっています。
シャフト しなり

しなって当たる前提のソールの合わせ方をしておくことです。

しなった時にソールが合うようにする為には、トゥ側にコイン1枚分は入るようにアイアンのフェースを構えておきましょう。

 

まとめ

今回は、アイアンのフェースの合わせ方を紹介しました。

正しく合わせるには、2つのポイントが大切。

アイアンのフェースの合わせ方は、

・リーディングエッジと目標と平行に合わせる。

・トゥ側にコインが1枚入るようにソールを合わせる。

この2つを守っておきましょう。

アイアンが曲がってきたという方はたまにチェックをした方が良いです。