カークランド ゴルフボールをタイトリストV1と性能比較してみた結果

伝説のボールと言われている。

カークランド シグネーチャーボール。

コスパ・性能も良いとされ発売後すぐに売り切れるというボールです。

巷では、伝説のボールと呼ばれていますが実際のところ性能はどうなのか?

ゴルフコーチである私が、実際に試してみました。

試打結果は意外な結果になったので、結果を楽しみに読んでみて下さい。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
 
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

カークランドゴルフボールとは

大型ストアのコストコが販売しているプライべートブランドの1つがカークランド。

カークランドというブランドの中でボールが発売されています。

今回は、カークランドのシグネーチャーを特集します。
カークランド シグネーチャー

低価格で販売されており非常に人気があります。

安かろう悪かろうでは、いくら安くても使う気にはなれませんよね。

でも、安い上に性能が良かったこれ以上の物はありません。

 

計測に使ったもの

今回、計測に使ったものをご紹介します。

テスターはゴルフコーチである私が試打をしました。

そして、計測器は高性能の弾道測定器GC2。
弾道測定器 GC2

クラブはテーラーメイドのSIMドライバー
テーラーメイド SIMドライバー

アイアンは、オノフ フォージドアイアン 黒
オノフ フォージドアイアン 黒

フォーティーンの58度のウェッジ
フォーティーン ウェッジ DJ4

テーラーメイド パター
パター

4本のクラブを使って試打しました。

カークランドゴルフボールをタイトリストV1と試打比較してみます。

カークランド シグネーチャーボールの性能が実際のところ良いのか?

ゴルフボールNO、1ブランド タイトリスト PRO V1と比較してみます。
タイトリスト V1

スイング速度は、アマチュアの方より少し速いくらいの設定で振ります。

あまりスイングスピードが早すぎてしまうと、ボールのカバーの問題などで性能が変わってしまう為です。

飛距離性能とスピン性能、そしてパターの打感の3つが重要なところなのでそこに着目して計測します。

 

カークランド シグネーチャーボールの飛距離性能

カークランド シグネーチャーボールをタイトリスト PRO V1と飛距離性能がどう変わるかテストしてみます。

一体、カークランドボールは飛ぶのか飛ばないのか?

ドライバー、7番アイアン、58度のウェッジと3本で行います。

ドライバーでの飛距離性能

では、ドライバーでの飛距離性能をテスト。

まずは、カークランド シグネーチャーボールから打ってみます。

球筋は軽いドローボール。
軽いドローボール

データは下記です。
カークランド ゴルフボール ドライバーデータ

ヘッドスピード 47.4m/s
ボール初速   65.9m/s
打ち出し角   10.4度
バックスピン  2817
キャリー    232.3ヤード
TOTAL距離   254.9ヤード

 

次に、タイトリスト PRO V1を打ってみます。

出来るだけ数値が近いものを採用しました。

球筋は同じく軽いドローボール。
タイトリスト PROV1 ドライバー 軽いドロー

このボールのDATAは下記です。
ドライバー DATA

ヘッドスピード 48.0m/s
ボール初速   66.6m/s
打ち出し角   12.6度
バックスピン  2619
キャリー    243.6ヤード
TOTAL距離   260.1ヤード

カークランド シグネーチャーボール 254.9ヤード
タイトリスト PRO V1 260.1ヤード

タイトリスト PRO V1の方が5.2ヤード飛んでいました。

ただ、カークランドの方がボール初速が0.7m/s遅かったのでドライバーでの飛距離性能はほぼ変わらないと思います。

 

7番アイアンでの飛距離性能

次に、7番アイアンでの飛距離性能チェックです。

まずは、カークランド シグネーチャーボールから打ってみます。

球筋は軽いドローボール。
7番アイアンの球筋

このボールのデータは下記です。
カークランド 7番アイアン データ

ヘッドスピード 37.8m/s
ボール初速   49.7m/s
打ち出し角   18.5度
バックスピン  6240
キャリー    151.3ヤード
TOTAL距離   159.1ヤード

 

次に、タイトリスト PRO V1を打ってみます。

球筋は軽いドローボール。
タイトリスト PRO V1 7番アイアン 試打

次にデータです。
タイトリスト PRO V1 7番アイアン データ

ヘッドスピード 38.3m/s
ボール初速   49.9m/s
打ち出し角   20.5度
バックスピン  4867
キャリー    149.4ヤード
TOTAL距離   156.8ヤード

カークランド シグネーチャーボール 159.1ヤード
タイトリスト PRO V1 156.8ヤード

ほぼ変わりは無かったのですが、カークランド シグネーチャーボールの方が2.3ヤード飛んでいました。

ボール初速は、0.2m/sほどタイトリストの方が早かったですが、カークランドボールの方が飛んでいました。

 

58度のウェッジでの飛距離性能

最後に、58度での飛距離性能のチェックです。

まずは、カークランド シグネーチャーボールから打っていきます。

球筋はほぼストレートの軽いドローボール。
カークランドボール ウェッジでの球筋

このボールを打った際のデータです。
カークランドボール ウェッジテスト

ヘッドスピード 31.4m/s
ボール初速   35.1m/s
打ち出し角   34.2度
バックスピン  9327
キャリー    88.5ヤード
TOTAL距離   90.9ヤード

次に、タイトリスト PRO V1を打ちます。
こちらも、ほぼ同じデータを採用します。

球筋は同じくほぼストレートの軽いドローボール。
タイトリスト PRO V1 ウェッジでの球筋

次にデータです。
タイトリスト PRO V1 ウェッジ ボールテスト

ヘッドスピード 34.0m/s
ボール初速   34.8m/s
打ち出し角   33.8度
バックスピン  8998
キャリー    87.6ヤード
TOTAL距離   90.2ヤード

カークランド シグネーチャーボール 90.9ヤード
タイトリスト PRO V1 90.2ヤード

ほぼ変わりは無かったのですが、カークランド シグネーチャーボールの方が0.7ヤード飛んでいました。

 

カークランド シグネーチャーボールとタイトリスト PRO V1の飛距離比較

ドライバー、7番アイアン、58度のウェッジと3本を使って飛距離性能の比較をしました。

【ドライバー】
カークランド シグネーチャーボール 254.9ヤード
タイトリスト PRO V1 260.1ヤード

【7番アイアン】
カークランド シグネーチャーボール 159.1ヤード
タイトリスト PRO V1 156.8ヤード

【58度ウェッジ】
カークランド シグネーチャーボール 90.9ヤード
タイトリスト PRO V1 90.2ヤード

という結果でした、飛距離性能は互角です。

では、飛距離が出る=スピンがかからない。

カークランドのゴルフボールは、ディスタンス系のボール特有のスピンがかからないボールなのか?

次は、スピン性能のテスト結果です。

 

カークランド シグネーチャーボールのスピン性能

続いてスピン性能。

飛んで止まる。 それが最高なボールです。

今のところ、カークランドボールはタイトリスト PRO V1と飛距離性能はほぼ互角。

では、スピン性能。

打球は、飛距離性能のデータをそのまま使います。

数値が多い方が、スピン量が多いということになります。

 

ドライバーのスピン性能

まず、ドライバーのスピン性能です。

カークランド ボールからのデータです。
カークランド ゴルフボール ドライバーデータ

スピン量は、2817rpm

続いて、タイトリスト PRO V1のデータです。
ドライバー DATA

スピン量は、2619rpm

カークランドボール、2817rpm
タイトリスト PRO V1 2619rpm

カークランドの方が、約200rpm多くスピンがかかりました。

 

7番アイアンのスピン性能

次に、7番アイアンのスピン性能チェックです。

まずは、カークランド シグネーチャーからのデータ。
カークランド 7番アイアン データ

スピン量は、6240rpm

続いてタイトリスト PRO V1のスピンデータ。
タイトリスト PRO V1 7番アイアン データ

スピン量は、4847rpm

カークランドボール、6240rpm
タイトリスト PRO V1 4817rpm

カークランドの方が、約1400rpm多くスピンがかかりました。

 

58度のウェッジでのスピン性能

最後に、58度のウェッジのスピン性能チェック。

まずは、カークランドからのデータ。
カークランドボール ウェッジテスト

スピン量は、9327rpm

続いて、タイトリスト PRO V1のデータ。
タイトリスト PRO V1 ウェッジ ボールテスト

スピン量は、8998rpm

カークランドボール、9327rpm
タイトリスト PRO V1 8998rpm

カークランドの方が、約1400rpm多くスピンがかかりました。

 

カークランド シグネーチャーボールとタイトリスト PRO V1のスピン性能の比較

ドライバー、7番アイアン、58度のウェッジと3本を使ってスピン性能の比較をしました。

【ドライバー】
カークランド シグネーチャーボール 2817rpm
タイトリスト PRO V1 2619rpm

【7番アイアン】
カークランド シグネーチャーボール 6240rpm
タイトリスト PRO V1 4817rpm

【58度ウェッジ】
カークランド シグネーチャーボール 9327rpm
タイトリスト PRO V1 8998rpm

 

スピン量は、カークランド シグネーチャーの方がタイトリスト PRO V1より多い結果になりました。

飛距離性能が互角でボールが止まる。

シグネーチャーボールの方が、私が打った限りでは性能は上のです。

続いて、フィーリングが大事なパターでの打感。

 

パターの打感

パターは打感を試しました。

打感は、タイトリスト PRO V1の方が柔らかくずっしりとした打感。

ずっと慣れ親しんだ打感なので、打感はタイトリスト PRO V1に軍配が上がりました。

 

カークランドゴルフボールを打ってみた感想

カークランド シグネーチャーボールを打ってみた感想を私なりにあげていきます。

参考にしてみて下さい。

ボールの見た目

ボールの見た目です。

まず、カークランド シグネーチャーボールから。
カークランド シグネーチャー

正直、ディスタンス系によくある固そうなイメージの見た目です。

見た目は、ちょっと抵抗があるかなという感じです。

 

打ってみた打感

打ってみた打感も、タイトリスト PRO V1はずっしりと重く柔らかいという印象。

カークランドのボールは軽いボールを打っている打感。

タイトに慣れているせいか、打感も好みではなかったです。

 

打ってみた感想

打ってみた感想ですが、正直なところ。

見た目も好みじゃない。

打感も好みじゃない。

でも、性能の比較をしたらカークランドのゴルフボールの性能の方が良くびっくりな感じです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、コスパも良く性能も良いと評判のカークランド シグネーチャー ゴルフボールの性能テストをしてみました。

ゴルフボール界の王様、タイトリスト PRO V1より飛距離、スピン性能ともによくびっくりな感じです。

また、コスパも非常に良いのでぜひ一度は試してもらいたいボールです。

私自身も驚きの結果でした。

すぐに売り切れてしまう代物らしのでお早目に購入してみてください。