確かめよう。ゴルフ 左手のグリップの握り方の基本。一から解説。

左手のグリップの握り方ってどうやって握れば良いのか?

ゴルフって道具を使うスポーツなので、接点であるグリップの握り方は非常に重要です。

握り方が違うだけで、球筋がまったく変わってしまうのでしっかりと覚えておきたいものです。

 

今回は、左手のグリップの握り方を解説していきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

 

確かめておく。左手のグリップに握り方の基本。一から解説。

左手のグリップの握り方を一から解説していきます。

特に、初心者の方は毎回ズレやすいので丁寧に確認してください。

4つのステップで左手のグリップの握り方を覚えていって下さい。

 

① 左手のひらとグリップを合わせる。

まずは、グリップをあてがうところからです。

左手の平の、小指の付け根と人差し指の第1関節と第2関節の間にグリップをあてがいましょう。
左手のグリップをあてがうとこ

左手のひらにグリップを合わせる

 

② 左手指先でクラブを握ります。

クラブをあてがったら、指先でクラブを握ります。

指先の方が良いのは、しっかりとグリップを握れるからです。
左手の指先でクラブを握る

指先でクラブを握る。上から見た感じ

 

③ 左手親指をグリップに添える。

指先でグリップを握ったら、左手の親指をグリップに添えます。

親指を添える場所は、真上から見てグリップのセンターより右です。
左手のグリップ 親指を置くところ

左手の親指を添える。

親指と人差し指のすき間はピタッとくっつけましょう。
左手のグリップ 親指と人差し指のすき間

手のひらとグリップの間は隙間が空いていても構いません。
左手のグリップ 左手の平のすき間

 

④ 最後に左手のグリップの握り方の向きを微調整する。

これでしっかりと、クラブを握る事が出来ました。

最後に、微調整を入れます。

左手のひらの向きを微調整を入れていきます。

グリップを握った際に、親指と人差し指のすきまをピタッとつけた際にラインができます。
左手のグリップ 左手の親指と人差し指でできるライン

そのラインが右腕の二の腕を指すように手のひらの向きを合わせたらグリップの握り方が完了。
左手のグリップの握り方

 

まとめ

今回は、左手のグリップの握り方を解説していきました。

初心者の方、グリップの握り方で悩まれた方は見直してみて頂けると良いと思います。

左手のグリップの握り方は、

①左手の小指の付け根と人差し指の第1関節と第2関節の間にグリップを合わせます。

②指先でクラブをしっかりと握る。

③真上から見て、グリップのセンターより右に親指を添える。

④真上から見て、こぶしが2つは見えるようにしましょう。

以上です。