アドレスで右肩が前に出るとミスショットが多発。曲がる人必見!

アドレスが悪いとスイングが悪くなります。

結果、ボールが曲がりやすくなります。

レッスンをしていても、スイング中の動作を直すのは難易度が高いです。

ですが、アドレスで球筋が変わるなら正直これほど良いものはありません。

普段、レッスンをさせて頂いている中で良くあるのが、アドレスで右肩が前に出ている方が多いです。

その動作によって、どういうスイングになってしまって、どういう悪いミスが出やすいのか?

右肩が前に出ることを直す方法までを紹介していきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

 

アドレスで右肩が前に出るってどういうこと

アドレスで右肩が前に出るってどういうことか?

これは、足のつま先、両膝、腰のライン、両腕のライン、肩のラインが目標と平行に向いている。
アドレス 目標ラインと平行に体を合わせる

これが、真っすぐにアドレスを出来ている状態です。

ですが、両腕のラインと肩のラインが上半身が右打ちの方であれば左へと向いている状態が右肩が前に出ているということです。

上体が開いているアドレス

後方からアドレスを見た場合に両腕が平行ではなく、右腕が上に見える場合は右肩が前に出ていると思って良いです。

 

アドレスで右肩が前に出るとどんなスイングになりやすいのか?

アドレスで右肩が前に出るとこういうスイングになっていく方が多いです。

アドレスで右腕が上になっている状態。
アドレスで右肩が前に出ている

この状態でテークバックをしていくと、アウトサイドに上がってしまいます。
テークバックがアウトサイドに上がってしまう。

そして、トップ。
トップ

アウトサイドにテークバックが上がると、クラブの振り下ろしもアウトサイドからクラブが降りやすくなる。
ダウンスイングがアウトサイドからクラブが降りる

 

アドレスで右肩が前に出ると、アウトサイドイン軌道のスイングになりやすくなる訳です。

ダウンスイングでループさせて、プレーン上に戻すなんていうのは至難の業です。

 

アドレスで右肩が前に出ている方はこんなミスショットが出やすい。

スイングがアウトサイドインになりやすい訳です。

アウトサイドインの軌道は、目標に対して左に振っているスイングです。
アウトサイドインのフェースオープン

結果起こるミスは3種類。

左に真っすぐに飛んでいくひっかけボール。
左に真っすぐ

左に打ち出されてから、右に曲がっていくスライスボール。
フェードボールの球筋

左に打ち出されてから、更に左に曲がっていくプルフックボール。
プルフック

多く出るミスショットはこの3つです。

上記のようなミスが出る方は、まずはアドレスで右肩が前に出ていないかをチェックすべきです。

次に、なぜ?右肩が前に出たアドレスになりやすのか?その原因をお伝えします。

 

アドレスで右肩が前に出てしまう多くの4つの原因と直し方

アドレスで右肩が前に出てしまう多くの原因を伝えていきます。

原因は一つではありません。

その中の多いパターンを4つ紹介していきます。

① アドレスの勘違いで右肩が前に出てしまう。

まず、多いのはアドレスの勘違い。

ゴルフのアドレスでは、グリップの握りの左右差があります。

当然ながら、右打ちの方であれば右手の方が持ち手が下になります。

左手よりも右手の方が長い設定ということです。

本当は両腕の長さは一緒なハズなのに持ち手の場所が違うので右手が長くなり、結果右肩が前に出てしまう。
アドレスで右肩が前に出ている

このパターンが多いです。

 

右手の方が長いので、右肘を少し曲げて両腕の長さを調整しましょう。

後方から見て、左腕の方が上に向いているくらいで丁度良いです。
正しいアドレス

アドレス時の右肘の詳しい解説記事はこちらをチェックしてください。

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。なんでも動作には、そうしないといけない理由があります。今回は、ゴルフのアドレス時の肘の向きについてご説明したいと思います。この記事は、・初心者でまだ、アドレスの仕方がわからない。[…]

アドレス時の肘の向き

 

② グリップの握り方が悪い。

次に、右手のグリップの握り方が悪い場合です。

右手のグリップの握り方は、やや下からグリップするのが好ましいです。
ゴルフ グリップの握り方(左手と右手を平行に合わせる)

ですが、右手を上から被せて握ってしまう。
ウィークグリップ (両手)

右手のグリップを上から被せて握ってしまうと、腕の関節が外側に向きやすくなるので右サイドが被りやすくなります。

結果、右肩が前に出るアドレスに繋がります。

グリップの握り方を見直してみましょう。

 

③ コースでのアドレスの仕方が悪い。

次に、コースによく行っている方に多いパターンです。

コースで目標に対して真っすぐに向くのは正直難しく、多くのアマチュアの方は真っすぐに向けていない場合が多いです。

そして、多くのアマチュアの方は右を向いています。

まっすぐに向いているつもりでアドレスをします。

ですが、本当は気づかずに右に向いてしまっている。

アドレスをしてから、目標をちらっとみますよね。

その時に、目標はいつもより左になっているので、目標を見る際に過度に上体が被って見てしまう。

 

目標が左にあるので、知らず知らずのうちに右肩が前に出るアドレスになってしまうパターンです。

コースでのアドレスの仕方は正直難しいです。

次に記事で真っすぐに向く方法を試して解消してみて下さい。

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。コースに行くと、目標に真っすぐ立てていない方は大半です。コースレッスンに行っても、こういう会話すること多々あります。『うわっ 右にボールが行っちゃった。』今のショットは右に向いていましたよ!ショット[…]

ターゲットライン

 

④ ボールの置き場所が左過ぎる。

ドライバーで多いパターンです。

ドライバーでは、アドレスのボールの置き場所が右打ちの方であれば左足側になっているハズです。
ドライバーボールの置く位置

ボール置き場所は、左わきの下の延長が好ましいです。

ですが、更にボールの位置を目標側の左足側に置いてしまう。

左にボールがあり過ぎると、上体を左に向いて合わせてしまう形となります。

極端に言うと下記の写真です。
ドライバーのインパクト 上体が開いている

こちらは、ドライバーで多い右肩が前に出てしまうパターンの勘違いです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、アドレスで右肩が前に出ることについて色々と解説させて頂きました。

アドレスで右肩が前に出ると、アウトサイドイン軌道のスイングに繋がります。

結果、

・ひっかけ

・スライス

・チーピン

などの悪いボールの曲がりのミスに繋がります。

上記のようなミスが出る方は、まずはアドレスを見直しておきたいところです。

また、右肩が前にでてしまう良くある原因もお伝えしました。

原因は一つではありませんので、色々とチェックしてみて下さい。