ウェッジの52度と58度の使い分けはどういう場合に変えるのか?

ウェッジで52度と58度のクラブをお持ちの方は多いと思います。

状況によって、52度を使った方が良いのか?

はたまた、58度のウェッジを使ったら良いのか?

非常に迷いますよね。

まずは、特徴を知ってみてみると良いと思います。

 

今回は、ウェッジの52度と58度の使い分けの仕方をご紹介していきます。

ウェッジの特性を知ることで、アプローチの技術も向上すると思います。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

 

距離で52度と58度を使い分けます。

私は、EDEL GOLFの52度と58度のウェッジを使用してます。
ウェッジ

もちろんながら、フルショットでは距離が変わります。

私の場合、

58度のウェッジではフルショットの距離が80ヤード。

52度のウェッジではフルショットの距離が100ヤード。

距離によっての使い分けが一つです。

 

単純に、

80ヤードの残り距離なら58度のウェッジで打つ。

100ヤードの残り距離なら52度のウェッジで打つ。

距離によって、52度と58度を使い分けるシンプルな使い分け方です。

自分のフルショットの距離を測ってみると良いです。

 

どのくらい転がしていくかで52度のウェッジと58度のウェッジを使い分ける。

そして、52度のウェッジと58度のウェッジではボールがグリーンに落下してからボールの転がる量も変わります。

当然ながら、52度の方がロフトが立っているのでグリーンに落下したあとボールが転がります。

距離別に、52度と58度ではキャリーとランがどのくらいの比率なのか検証しました。

そこによって、状況ごとに打ち分けをすることが考えられます。

グリーンの固さはコースによって変わりますので、参考値として見て下さい。

ピッチエンドラン アプローチ

10ヤードのアプローチを52度と58度で打った場合。

グリーン周りから10ヤードのアプローチを打った場合の、キャリーとランがどのくらいか?
ランニングアプローチ時の構えの重心

実際に、52度と58度のウェッジでグリーンエッジからピンまででキャリとランがどのくらいの比率なのか?

52度ウェッジ58度ウェッジ
キャリー5ヤード6ヤード
落下後の転がり5ヤード4ヤード
TOTAL10ヤード10ヤード

 

30ヤードのアプローチを52度と58度で打った場合。

グリーン手前15ヤード。エッジからピンまで15ヤードでトータル30ヤード。

アプローチを打った場合の、キャリーとランがどのくらいか?

キャリーとランの比率を見てみて下さい。

52度ウェッジ58度ウェッジ
キャリー20ヤード24ヤード
落下後の転がり10ヤード6ヤード
TOTAL30ヤード30ヤード

 

50ヤードのアプローチを52度と58度で打った場合。

グリーン手前35ヤード。エッジからピンまで15ヤードでトータル30ヤード。

アプローチを打った場合の、キャリーとランがどのくらいか?

キャリーとランの比率を見てみて下さい。

52度ウェッジ58度ウェッジ
キャリー42ヤード45ヤード
落下後の転がり8ヤード5ヤード
TOTAL50ヤード50ヤード

 

70ヤードのアプローチを52度と58度で打った場合。

グリーン手前55ヤード。エッジからピンまで15ヤードでトータル70ヤード。

アプローチを打った場合の、キャリーとランがどのくらいか?

キャリーとランの比率を見てみて下さい。

52度ウェッジ58度ウェッジ
キャリー65ヤード67ヤード
落下後の転がり5ヤード3ヤード
TOTAL70ヤード70ヤード

という風に距離ごとにキャリーとランの比率が変わります。

 

ピンの位置によって、52度か58度か使い分ける。

上記のように、距離別のキャリーとランの転がりの比率の参考値が出ました。

ピンの位置によって、戦略を立ててクラブ選択を変える事も手です。

アプローチは、どのくらいボールを転がせるか?で番手を決めると良いでしょう。

グリーンエッジからピンが近い場合。

グリーンエッジからピンが近い場合、当然ながら転がりが少ない方が良いです。

なので、ピンがエッジから近い場合は転がりが少ない58度のウェッジを使う。

どのくらい転がりが出ても良いかは、前項の数値を参考にしてください。

 

グリーンエッジからピンが遠い場合

グリーンエッジからピンが遠い場合は、

・58度のウェッジを使ってピン近くにボールを落として転がりが少ない球筋で攻めていく。

・52度のウェッジを使って手前から転がして攻めていく。

ピンがエッジから遠い場合は、2つの攻め方が出来ます。

その場合は、自分の得意な方を選択すると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、52度と58度のウェッジの使い分けを紹介しました。

・番手のフルショットの距離が違う。

・58度は52度より、ランが少ない。

・52度は58度より、ランが多い。

エッジからピンまでどのくらい転がせるか?で52度か58度の使い分けをすると良いでしょう。