【曲がらない。風に強い】ドライバー の低スピンの打ち方を紹介。

私は、

・曲げたくないホール。

・風が強い時。

そんな時に、ドライバーショットで低スピンのショットを打つことがあります。

このショットを覚えると、かなりドライバーの上手さが倍増されます。

いわゆる、置きにいくショットを覚えられる訳です。

特に、冬などラフが伸びていない時期はかなり効果的です。

 

今回は、ドライバーでの低スピンの打ち方をご紹介します。

このショットを覚えるとドライバーがに格段に上手くなること間違いなしです。

そして、スピン量が多くて飛距離が出ていない方は飛距離も伸びます。

ぜひ、最後まで見てみて下さい。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

ドライバーの低スピンの打ち方のポイント。

ドライバーで低スピンで打つためには、2つポイントがあります。

・スイング軌道がフラット。(地面に平行に近いというイメージ)

・クラブフェースのロフトが立ってボールに当たること。

スイング軌道と、フェース面の角度差が少ないほどスピンは減ります。

 

スピン量が多い人は、

ロフトが上に向いた状態で当たっていることが多い訳です。

ハンドレイトの当たり方

ロフトが立った状態でボールに当てていくことです。

その為の打ち方の手順を、次は説明していきます。

ロフトを立ててドライバーの低スピンにする打ち方のポイント

次に、ロフトを立てる技を紹介します。

これは、私の独自の打ち方です。

わかりやすい説明で紹介します。

ドライバーでスピン量が多い人は、2つ。

1、スライスボール。
プルスライスボール
※こちらは、次項のドローボールの打ち方の手順を見てみて下さい。

2、ハンドレイトでロフトが寝てしまっている。
ハンドレイト

この2つが主な原因です。

ロフトが寝てしまっている方は下記のロフトを立ててスピン量を打つ打ち方をマスターしましょう。

 

ポイントは、ハンドファーストにしてロフトが立った状態でインパクトできるか?です。
ドライバーでロフトを立てて打つ

通常、ドライバーでハンドファーストにしようとするとフェースが開いてしまいます。
ハンドファースト フェースが開く

結果的に、スライスが出てしまってスピンを減らすどころかボールが曲がってしまいます。

 

ロフトが立った状態でインパクトを迎えるには、インパクト前までにフェースを閉じた状態にしておくことが重要

ドライバーでスピン量を減らす打ち方の手順を紹介していきます。

 

①ドライバーのスピン量を減らすには、ハンドファーストでもフェースがスクエアになるグリップにしておく。

まずは、ハンドファーストにしてフェースがスクエアな状態を作ってグリップを握ってみましょう。
ハンドファーストにしてからグリップを握る

こうすることによって、ハンドファーストになってもスライスになることが減ります。

結果的には、グリップはストロンググリップになります。
ストロンググリップ(両手)

ストロンググリップとは?また握り方が分からない方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

関連記事

谷 将貴ゴルフアカデミーインストラクター 池野谷です。いつも閲覧ありがとうございます。  今回は、【ドライバーのスライスがグリップの握りだけで直る方法】です。ドライバーショットでのスライスボー[…]

アドレス 肘

②ドライバーのスピン量の減らすコツは、スイング中のフェースの向きを閉じていく。

ハンドファーストで打ちやすくするには、フェースの向きを閉じていくことです。

テークバックの腰の位置では、フェースが下を向くくらいです。
テークバックではフェースを閉じる

トップでもフェースを空に向けてフェースを閉じます。
トップではフェースが空を向くようにする

ダウンスイングでもフェースが下に向ける意識を持ちます。
ダウンスイングではフェースを下に向けていく

このまま振り下ろしていくと、フェースが被ってフックが出ます。

 

③下半身始動で振り遅れさせてハンドファーストにしていく。

トップオブスイングでフェースが被っている状態を作っておく。

そして、下半身を早く回転させて振り遅れさせて手元のグリップを前に出しながらフェースを逃がしていきます。
下半身始動でのインパクト

振り遅れてスライスになってしまう人の原理を使います。

フェースがスクエアになりロフトが立った状態で当たりやすくなります。
下半身始動でのインパクト

結果、ドライバーでの低スピンの打ち方が完成です。

ハンドレイトの方は、ハンドファーストの意識を持って丁度良いと思います。

 

ドライバーの球筋をドローボールにして低スピンを打つ。

スライスボールは、フェースが開いている結果でてしまう球筋です。

ということは、スライスボール=スピン量が増えるということです。

 

スピン量が多いという方は、ドローボールが打てるようにすることがオススメです。

ドローボールは、基本的にスライス系の球筋に比べてスピン量が最低でも500回転は減ります。

 

ドローボールが打てないという方は、打つための手順を一から解説していますので参考にしてください。

関連記事

イケノヤ コーチドローボールが打ちたい。そんなお悩みの方に、ドローボールの打ち方をご説明していきます。私の持ち球はドローボールです。なんでか?ゴルフを始めた際にスライスで苦しめられスライスが嫌いだから(笑[…]

ダウンスイング

 

道具で低スピンにする簡単な方法

道具でも低スピンになる方法があります。

打ち方を変えなくても良いので簡単な方法です。

打ち方以外の方法を試してみたい方は下記のページも見てみて下さい。

関連記事

今日も閲覧ありがとうございます。毎日、更新目指してます。今回のテーマは【ドライバーのスピン量が多くて困っている方の解消方法です】ドライバーの飛距離アップには、・ボール初速・ボールの打ち出し角度[…]

ドライバー 飛距離伸ばす。

 

ドライバーの低スピンの打ち方のまとめ

ドライバーで吹き上がってしまっている。

もっと、ドライバーショットを簡単に打ちたい。

そんな方は、置きにいくドライバーショットが打てると幅が広がります。

また、風が吹いている際にも活躍するでしょう。

ドライバーの低スピンの打ち方の手順。

①グリップはストロンググリップにする。

②テークバックからトップではフェースを閉じる。

③下半身始動で振り遅れさせてハンドファーストにしてロフトを立ててフェースをスクエアにする。

結果、ドライバーでのスピン量が少ない打ち方が出来る。

以上のポイントです。

また、スライサーの人は必然的にスピン量が増えてしまいます。

そんな方はドローボールが打てるようにチャレンジしてみて下さい。