初心者必見|ドライバーのスライスを矯正する4つのポイント。

私はゴルフを始めた当初、ドがつくほどのスライスでした。

いつもキャディバッグには1ダースはボールがないと回りきれるかな?と不安になるほどでした。

だから上達する過程としてスライスの量が減っていく度に上達していきました。

初心者の方は、ドライバーが安定すると随分スコアが減ります。

スライスを矯正していく中で4つのポイントを変えて私は、大分変りました。

今回は、初心者の私が4つのポイントで治ったドライバーのスライスの矯正方法を紹介します。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

ドライバーのスライスを矯正する4つのステップ

ドライバーのスライスはフェースの向きが開くことによって起こります。

勘違いしてほしくないのが、スイング軌道に対してフェースが開くということです。

そのフェースを開くことをどうやって開かないようにするか?がドライバーのスライス矯正のポイント。

ドライバーがスライスする方は、私が矯正した際の4つのステップを順に試してみて下さい。

 

ステップ① フェースが開きづらいグリップにする。

第一にフェースが開かないグリップの握りにしましょう。

いわゆるフックグリップがオススメです。

まず、左手をこぶし3つ(人差し指から中指)が見えるくらい上から被せて握りましょう。
ストロンググリップ

そして、左手と平行になるように右手は下から握りましょう。
ストロンググリップ(両手)

ドライバーのスライスを矯正するなら断然、フックグリップがオススメです。

 

ステップ② トップでフェースの向きを真上に向ける。

次に、一番振り上げたトップオブスイングです。
トップオブスイング

この時に、フェースの向きを空に向けてみましょう。
トップオブスイング フェースの向き(閉じている)

ポイントは、左手の甲と手首を一直線に伸ばすこと。
掌屈

ドライバーのスライスを矯正するなら、トップでフェースを真上に向けておくことです。

 

ステップ③ インパクトでは打ち出したい方向と肩のラインを揃える。

いよいよインパクトです。

ボールに当たるインパクトでは、打ち出したい方向と肩のラインを合わせましょう。

真っすぐに飛ばしたいようであれば、肩のラインがまっすぐになるように心がけましょう。
インパクトの肩のライン

そうすることで、フェースがスクエアになります。
ドライバーのインパクト 体の正面

インパクトで肩のラインが左に向いてしまうと、振り遅れてスライスが出やすくなります。
インパクト フェースが開いている

ドライバーのスライスを矯正するなら、インパクトで打ち出したい方向と肩のラインを合わせる。

 

ステップ④ フォロースルーでは、ナチュラルにローテーションをする。

最後に、フォロースルーです。

フォロースルーでは、ナチュラルなローテーションをしましょう。

正面で見たら、右手と左手がクロスしているように見えると思います。
正面から見たフォロースルー右肘の使い方

フォローで左右の手が入れ替わることでフェースは閉じてくれます。
フォロースルー フェースの向き(スクエア)

 

フォロースルーで左肘が引けてしまうと、フェースが開いた状態でボールをこすりやすくなります。
フォロースルー フェースの向き(開いている)

ドライバーでスライス矯正をするなら、フォローは左右の手を入れ替えましょう。

 

ドライバーのスライス矯正のまとめ

ドライバーがスライスしてスコアが悪い。

私も、初心者のころは同じ目に遭いました。

でも、スライス矯正の4つのステップを行なったら次第にスライスが減りスコアが良くなってきました。

私が行った、ドライバーのスライス矯正の4つのポイントは、

1、フックグリップで握る。
2、トップでフェースを空に向ける。
3、インパクトで肩のラインを飛球線と平行に合わせる。
4、フォローで左右の手を入れ替える。

この4つのステップでスライス矯正しました。

必ず、スライスでお悩みの方は絶対に変化が起こるハズです。

ぜひ、試してみて下さい。