簡単に打てる。ディボット跡からの打ち方[マル秘テクニック]

谷 将貴ゴルフアカデミー インストラクター 池野谷です。

本日も、1日少しずつでも上達できるブログを更新しています。

先日のコースレッスンで、ティーショットでお客様が完璧なドライバーショットを打ちました。

『いやぁ 完璧なドライバーショットでしたね』とセカンド地点に向かってみると、

なんとボールはディボット跡に、

正直、難易度が高いんですよね。

打ったショットはボテボテのゴロ。

やっぱり、打ったあと気分悪いものですよね。

そのホール上がったらダブルボギー。

だいたい、そのあとのパターン。流れが悪くなってガタガタ崩れていくんですよね。

でも、

でもですよ。

そんピンチを上手くグリーンに乗せられて、パーが取れたらバーディ扱いになりますよね。

そうなると、次のホールから流れ来ちゃいますよね。

ディボット跡から、打てるか。打てないか?で雲泥の差ですよね。

今回は、ディボット跡から的確に打てる方法をご紹介します。

ディボット跡にボール

 

ディボット跡からのショットが難しいのはこんな理由。

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ディボット跡からのショットはなぜ難しいのか?
ご説明していきます。
・通常のフェアウェイにボールがある場合。
平らな状態にボール
 
・ディボット跡にボールが入っている状態
ディボット跡にボールが入っている
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ディボット跡の状態にもよりますが、平なフェアウェイに比べてボールが沈んでしまいます。
半分くらい沈んでいるんです。
ディボット跡にボールが入っている状態
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
その為、クラブが入っていくスペースがあまりありません。
ディボット跡 クラブの入り口
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
鋭角にクラブを当てていかないとミスが出やすくなります。
紫のラインはスイング軌道のイメージです。
ディボット跡 クラブを鋭角に当てていく。
ディボット跡 クラブを鋭角に当てていく ②
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ボールにクラブを当てていくスペースがあまりないので、しっかりミートするのが難しいのがディボット跡からのショットの難しいところです。
 

ディボット跡からのショットはこんなミスが出やすい。

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ディボット跡からのショットはこんなミスが出やすくなります。
①トップボールが出やすい。
いつもより、ディボット跡はボールが沈んでいる状態です。
ディボット跡にボールが入っている状態
普通に打ってしまうと、ボールの半分しか出ていない状態なのでボールの頭を打ちやすくトップボールが出やすくなります。
ディボット跡 トップになりやすい
 
②ダフリが出やすい。
ディボット跡にボールが入っている状態では、
ボールに当たる前に、手前の盛り上がっているところに当たりやすくなってしまいます。
ディボット跡 クラブの入り口
そうなると、ボールに当たる前に芝生に当たるのでダフリが出やすくなります。
ディボット跡 ダフリが出やすい
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
この2つのミスが出やすくなります。

 

ディボット跡から上手く打つための3つのポイント

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

上記のことも踏まえていくと、

・鋭角にクラブを当てられるようにする。

・ボールが沈んでいるので打ち込む。

この2つが重要ポイントです。

このポイントを行うために3つのコツがあります。

① ディボット跡から上手く打つためのアドレス

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
鋭角、打ち込むがディボット跡からのショットの成功を握りる鍵です。
その為の第1ポイントのアドレス。
まずは、ボールの位置を変えてしまいます。
正面から見るとスイング軌道はこういうイメージになっていきます。
正しいスイング軌道
ディボット跡はボールへと鋭角にクラブを当てていきたいので、
写真で言ったらボールの左側の鋭角エリアでボールに当てられるようにセットアップします。
ディボット跡 鋭角に打つ
ということは、
通常のボール位置は7番で真ん中より1個左足側。
ゴルフ アドレス
↓    ↓    ↓     ↓    ↓
それを、右足側にボール1個半寄せます。
ディボット跡のボール位置
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ディボット跡から上手く打つ方法 その①
ボールを1個半右足側に寄せることで鋭角に当てれれるアドレスを取る。
 
 

② ディボット跡から綺麗に打つためには上体の傾きを変える。

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
鋭角にクラブを打ち込む為の第2ポイントです。
アドレス時の上体の傾きを変えて、打ち込めるようにしていきます。
通常のアドレスはこちらです。
通常のアドレスの状態の傾き
↓    ↓    ↓    ↓     ↓
それを、左肩を下げて上体の傾きを打ちめる態勢にしてしまいます。
平なライでしたら、左足下がりの状況にしてしまうイメージです。
ディボット跡からのアドレスの状態の傾き
上体に傾きをつける分、左足重心となります。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ディボット跡から上手く打つ方法 その②
地面と逆行させる態勢。左肩を下げた態勢を取り鋭角に当てられるアドレスを取る。
 

③ ディボット跡から上手く打てるためのテークバック方法

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
鋭角にクラブを打ち込む為の第3ポイントです。

鋭角にクラブを当てられるようにコックの量を増やして鋭角に打ち込めるようにする。

通常のテークバックのコックはこの程度です。

ゴルフスイング 正面(テークバック )

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

テークバックの始動からコックの量を増やしていきます。

ディボット跡、コック量を増やす。

そうすることによって、ダウンスイングでもクラブを鋭角に打ち込みやすくなります。

 

ディボット跡 ダウンスイング鋭角に

 

ディボット跡からの打ち方の流れ

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ディボット跡からの打ち方の流れです。
①ボール位置を1個半右足側に寄せる。
ディボット跡のボール位置
 
②左肩を下げ、上体の傾きをつけ鋭角に当てられる態勢を追加。左足重心になります。
ディボット跡からのアドレスの状態の傾き
 
③鋭角に当てられるアドレスを取ったらスイングをしていきます。
始動でコックをいつもより多く使って鋭角に打てるバックスイングをします。
ディボット跡、コック量を増やす。
↓     ↓     ↓     ↓
ディボット跡からのショットはミート率が悪くなります。
なので、当然トップ位置はコンパクトに振り上げます。
飛ばなくなる分は、番手を上げてください。
↓     ↓     ↓     ↓
コックを保ったままダウンスイングを行っていきます。
ディボット跡 鋭角に当てる
↓     ↓     ↓     ↓
インパクトは左足重心でハンドファーストに鋭角にボールをとらえていきます。
ダウンブロー
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
以上がディボット跡から上手く打てるためのポイントです。

ただ、ディボット跡から打たない為にもマナーは守ってくださいね。

関連記事

ディボット。検索している方はゴルフに行ってそのワードをお聞きしましたね。ディボットとは何のことを指すのか?また、ディボット痕のマナーについてご紹介します。 ディボットとは?イケノヤ コーチ[…]

ディボット跡

 

まとめ

いかがでしたか?

ディボットからの打ち方。

平らなノーマルのショットではありません。

ノーマルから状況が変わったら、オプションを取り入れないといけません。

ディボット跡からのショットは難易度が高いです。

その為、3つの要素を取り入れます。

ぜひ、ピンチを乗り切ってください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)