ハンドレイトの直し方。ハンドレイトになる方にはある法則があります。

 
イケノヤ コーチ
ハンドレイトになってしまっている。
ハンドファーストでなかなか打てない。
こんな方のお悩みを解消します。
アイアンショットの、
・ミート率を上げる。
・飛距離を飛ばす。
には必ずハンドファーストでボールを捉える必要があります。
 
分かっていても、なかなかハンドレイトのクセが直らない。
そんな方に、今回はハンドレイトの直し方を解説します。
 
本記事を参考にすることで、”ハンドレイトの大事さ”と”ハンドレイトの直し方”が理解できます。
 
□記事の内容
★ハンドレイトとは
★ハンドレイトの何が悪い?
★ハンドレイトの直し方
★ハンドレイトを直す練習方法
 
□記事の信頼性
幼少期からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達に導いています。
数々のレッスン経験の中で、ハンドレイトの方はすべて直しています。
 
 

ハンドレイトとは

インパクト時に、グリップ位置がボールより後ろ(右足側)でインパクトしている状態。

ハンドレイト インパクト

 

ハンドレイトの何が悪い??

ハンドレイトは、スイング軌道の最下点がボールより手前になります。

ダフリ 最下点が手前になる。

スイング軌道がボールの手前になるということは、

①ボールより先に地面に当る為、ダフリのミスが出る。
②インパクト時のクラブフェースのロフトが上を向いてしまうので、まったく飛ばない。

 
イケノヤ コーチ
ミート率が悪くなる。飛ばない。最悪な状態ですね。
 

理想のインパクトは、
インパクト時のグリップ位置がボールより飛球線側に追い越した状態でインパクトしています。

ディボット跡 鋭角に打つ

 
イケノヤ コーチ
ハンドファーストで打てると、
・ダフリのミスが減る。
・インパクト時のクラブフェースのロフトが立つので飛距離が飛びます。
 

ハンドレイトになってしまう方に共通すること

 
イケノヤ コーチ
私が、13年間レッスンをしているとハンドレイトになる方にはある共通ポイントがあります。
それが、スライサーだったという過去です。
ハンドレイトの方の99%の方が過去、スライサーでした。

そのスライスを直す過程を間違ってハンドレイトになってしまったという方が多数です。

 
ドライバーのインパクトの理想は、体の正面でボールを捉えること。
それによって、クラブフェースがスクエアに戻ってきて真っすぐに飛びます。
ドライバー 正面でインパクト
 
イケノヤ コーチ
しかし、ハンドレイトになる方の過去は振り遅れのスライスの方が多いです。
振り遅れるとインパクト時にフェースが開いたまま当たりスライスが出ます。
振り遅れてフェースが開く
上半身が早く開いてしまう。
結果、クラブヘッドが遅れてフェースが開く。
正解は、クラブヘッドが降りてくるまで、上体を開かないで待つ。
 
しかし、クラブヘッドを早くリリースして間に合わせてフェースを閉じてしまう。
ハンドレイトでフェースを被せる
 
 
イケノヤ コーチ
一応、ハンドレイトになってもフェースが閉じるのでスライスは直ります。

しかし、ハンドレイトのクセがついてしまう。

だいたい、ハンドレイトになってしまう方はこのパターンが多いです。

次に、ハンドレイトの直し方をご説明していきます。

 
 

ハンドレイトの直し方 重要な2つのポイント

 
イケノヤ コーチ
ハンドレイトの直し方をご説明していきます。
ハンドレイトの過去に直し方のヒントが隠されています。
ハンドレイトになると、フェースを閉じることができスライスを防ぐことが出来る。
スライスの原因をなくすことが重要です。
 

ハンドレイトの直し方 ポイント① トップでフェースを閉じておくこと

トップオブスイングでフェースが開いている。 ⇒ スライスが出やすい。
(ドライバーだとフェースが正面を向いています。)
ドライバーのスライスの原因 トップでフェースが開く
↓    ↓    ↓    ↓
フェースが開いているのでダウンスイング時にフェースを閉じる必要がある。
そのやり方を間違うと、ハンドレイトでフェースを閉じてスライスを防ごうとしてしまう。
ハンドレイトでフェースを被せる
 
 
イケノヤ コーチ
これは間違った方法です。
 
トップオブスイングでフェース面を閉じておく。 ⇒ 振り下ろす際にフェースを閉じる必要がなくなる。
 
イケノヤ コーチ
フェースを閉じる必要がなくなる。
これが、超重要です。
その為、トップオブスイングでフェースを閉じておくことが重要なポイント①です。
トップオブスイングではフェースが空を向くようにしましょう。
ドライバーのスライスのなくなるトップのフェース向き

トップでフェースを閉じ方は下記のページを参考にしてみてください。
関連記事

谷 将貴ゴルフアカデミーゴルフコーチ  池野谷です。 ドライバーのスライスは、アマチュアのお悩みのナンバー1ではないでしょうか?かくいう私も、ゴルフを始めた際は練習場で右のネットに突き刺さるほどのスライサーでした。[…]

ドライバーのスライスのなくなるトップのフェース向き
 
 

ハンドレイトの直し方 ポイント② 振り遅れを直しましょう。

振り遅れる。 ⇒ フェースが開いてしまう。
振り遅れてフェースが開く

 
イケノヤ コーチ
インパクト時に、上体が目標へ早く開いてしまってクラブヘッドが遅れる。
結果、フェースが開いてスライスになる。

クラブを遅れないように早くリリースして間に合わせようとする。
これが、ハンドレイトの原因です。

クラブヘッドが正面に戻ってくるのを上体を開かないように待つ。

ドライバーのインパクト 体の正面
 
上体の突っ込みを抑えたダウンスイング
 
クラブヘッドが正面に戻ってくるまで待つ。これが重要なポイント②です。
但し、間違って欲しくないのは下半身はどんどん回していかないとハンドファーストになりません。
インパクトでは、腰が正面に向くくらいの回転させる。
ゴルフスイング 正面(インパクト)
後方からは、両お尻が見える。ただ、肩のラインは飛球線と平行。
ゴルフスイング インパクト
 
上体の開きが早くてスライスが出てしまう。振り遅れの原因と直し方はコチラをご参考にしてください。
関連記事

ドライバーのスライスの原因はいろいろとあります。その中の一つに、体の開きが早いことでスライスが起こる。という症状があります。体のの開きが早くてスライスが起こる。どういうことでしょうか?自身がその症状でスライスになっているか?[…]

ドライバーのインパクト 体の正面
 
 
イケノヤ コーチ
この2つを取り入れることによって、ハンドレイトになる大元をなくすことができます。

 

このハンドレイトになる大元がなくなってきたら、ハンドファーストの仕方とドリルを試してみてください。

関連記事

レッスンをしていると、なかなかハンドファーストにならずお悩みになる方が非常に多いです。でも、安心してください。 絶対に治ります。・ハンドファーストにならずボールが飛ばない。・ハンドファーストにならずダフる。そういう現象に陥っ[…]

ハンドファーストインパクト

 

まとめ

いかがでしたか?

ハンドレイトの直し方。

ハンドレイトはインパクト時の事なのでなかなか直すのが難しく苦戦することが多いです。

この記事を見られているあなたも中々直らなかったのではないでしょうか?

今回、ご紹介したことを理解し練習をしていただければ必ず直ります。必ずです。

直らないという方は、私のもとにぜひお越しください。必ず直します。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)