ショートアイアンだけひっかかる。注意しておきたいポイントと直し方

 
イケノヤ コーチ
グリーンを狙ったショートアイアンがひっかかる。
ひっかかってグリーンの左にボールがこぼれる。
そんなお悩みを解消します。
ショートアイアンで狙うということは、もうグリーンまですぐの状況ですよね。
できれば、ピンそばに寄せたいところ。
それが、グリーンに乗るのが精いっぱい。
ショートアイアンで5メートル以内によるようになれば、
・ロングホールでバーディが狙える。
・短いホールでバーディが狙える。
など夢が広がります。
 
今回は、ショートアイアンのひっかかる原因と直し方についてご説明していきます。
 
□記事の内容
★なぜ、ショートアイアンだけひっかりやすいのか?
★ショートアイアンのひっかる原因
★ショートアイアンのひっかけの直し方
 
□記事の信頼性
幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。
自身の経験と数々のレッスン経験の中で、ショートアイアンがひっかかる症状を直しています。
その分、多くの直すための引き出しが出来ています。
 
左に真っすぐ

ひっかかりやすいのはショートアイアンの機能性の問題

まずショートアイアンというのは、

9番アイアン以下のクラブのことを指します。
9番アイアン

 

 
イケノヤ コーチ
そして、クラブには特性があるのを知っていますか?

ドライバー  ⇒ スライスが出やすい。フックが出づらい。

ショートアイアン ⇒ フックが出やすい。スライスが出づらい。

 
イケノヤ コーチ
クラブの長さやロフトの関係で、
ショートアイアンはスライスが出づらい。
どんどん長いクラブになるとスライスが出やすくなる。
その為、ドライバーが一番フックが出づらくスライスが出やすいです。
 
★クラブの特性でまず、ショートアイアンというのは左に行きやすいクラブだということです。

 

 

ひっかかるのはなぜ??

 

 
イケノヤ コーチ
まず、ショートアイアンというのは左に行きやすいクラブだという認識をもってください。

そして、ひっかかるという言うことはもう一つの原因があります。

それは、スイングの軌道がアウトサイドイン軌道だということです。
下記の写真のように、アウトからインにクラブが抜けます。
これ、目標より左に振っているスイング軌道ですよね?
ひっかけ
そして、スイングはスイングプレーン(赤線)より上半身側から降りてきます。
アウトサイドからクラブが降りる
 

その為、

ショートアイアンは左に行きやすいクラブ。

       +

アウトサイドインで左に振っている。

この組み合わせになっている可能性が高いので、ショートアイアンがひっかかる訳です。

 

★スイング軌道がアウトサイドイン、左にクラブを振っているのでひっかけが出やすいです。
 
ここでの、用語説明。
スイングプレーンという用語が分からない方はこちらを読んでみて下さい。
関連記事

良くスイングプレーンから外れているよ!スイングプレーン通りに振ると曲がらない。というゴルフスイングの用語を聞くことがあると思います。ただ、ゴルフを始めたばかりの方はスイングプレーンと言われてもわからないと思います。今回は、[…]

ゴルフスイング インパクト
 
 

ショートアイアンがひっかかる一番多い原因と直し方

ショートアイアンが左に行きやすいクラブというのは、もうしょうがないです。

その為、アウトサイドイン軌道になることを一番に気をつける。

 
イケノヤ コーチ
ショートアイアンがひっかかる。アウトサイドインになる。
一番多いパターンの原因がアドレスが悪い。
ショートアイアンがひっかかる方は、アドレスの上体が既に被っている方が多いです。
被るというのは、アドレス時の肩のラインが目標ラインより左を向いている。
肩のラインが目標より左を向く。
アドレス 上体が被っている。
 
イケノヤ コーチ
このように、目標方向に対して上体が左を向いてしまっています。
チェックポイントは、肘。
右肘の下に左腕が見えているようでは、上体が被っている証拠です。
 
このように、アドレスで上体が被っている。
次にテークバックの引き始めではアウトサイドに上がりやすくなります。
テークバックの始動がアウトになる。
テークバック アウトサイド
トップオブスイング
 
イケノヤ コーチ
すでに、アウトサイドにクラブが上がっていってしまっています。
その結果、振り下ろしもクラブがスイングプレーンより上。
アウトサイドからクラブが降りてきやすくなります。
切り返しがアウトサイドからクラブが降りてくる
 
イケノヤ コーチ
ボールに当たる前でも、クラブがアウトサイドから降りてきます。

プレインパクト アウトサイド

 
イケノヤ コーチ
そして、振り抜けも左に低く抜けていきます。
振り抜けも左に
 
結果、アウトサイドインとなりひっかかるボールが出てしまいます。
 
アドレスが悪い。上体が左に向いてる。
↓  ↓  ↓
引き方が、アウトサイドに上がってしまう。
↓  ↓  ↓
振り下ろしもアウトサイドから降りてしまう。
↓  ↓  ↓
結果、アウトサイドインになってしまいひっかかるボールが出てしまう。
 

ショートアイアンがひっかる。アドレスを直しましょう。

 
イケノヤ コーチ
ショートアイアンがひっかかる。
一番多い原因がアドレスの悪さ。
まずは、アドレスを直しましょう。
手順①
まずは、上体のラインを目標と平行に合わせましょう。
ショートアイアンは左に行きやすいので、若干右に向いてるくらいでも良いです。
肩のラインを目標ラインと平行に合わせる
手順②
左手を少し浮かせた状態でグリップをしていきます。
左手からグリップ
手順③
右手を下から握るようにグリップをしていきます。
右手を下から握る。
 
イケノヤ コーチ
この手順でグリップしていくと、上体のラインが右に向きやすくなってきます。
後方から見ると、下記の写真のように左腕の方が、右手より上になるくらいで良いです。
良いアドレス
 
イケノヤ コーチ
このように構えられていると、ひき始めから良い方向にクラブが上がっていきます。
手順④
クラブが良い方向が真っすぐもしくはインに上がりやすくなる。
インに上がっても良いです。(プレーンより下)
テークバックが良い方向に上がっていく
テークバック②
テークバック③
トップオブスイング

 
イケノヤ コーチ
良い方向に上がってくるので、ダウンスイングもアウトサイドから降りづらくなってきます。
手順⑤
振り下ろしも変わってくる。
ダウンスイング 良い方向から降りる。
 
イケノヤ コーチ
スイングプレーン(赤線)よりやや下からクラブが降りてボールに当たる。

インサイドから降りる
インパクト

 
イケノヤ コーチ
クラブの振り抜けは、目標より右に抜けていく感じです。
フォロースルーは右へ
 
結果スイング軌道が、良くなりひっかかるボールが直ってきます。
 
まずは、ひっかる構え方の逆をやります。
①上体(肩)を右に向ける。
↓  ↓  ↓
②クラブを引く方向が、まっすぐもしくはインに上がる。
↓  ↓  ↓
③振り下ろしも、まっすぐもしくはインから降りやすくなる。
↓  ↓  ↓
④結果、スイング軌道が変わりひっかかるボールが直る。
 

まとめ

ショートアイアンがひっかかるミスが多くて困っている。

まずは、クラブの特性で左に行きやすい。

そして、スイング軌道がアウトサイドインだと左に振っている。

この組み合わせでひっかけが出てしまいます。

そして、ショートアイアンがひっかかる多くの原因がアドレスにあります。

アドレスだけで直ればそれだけ簡単なことはありません。

ぜひ、アドレスをまずチェックしてみてください。

もし、アドレスで直らない場合はスイングが悪い可能性があります。
その場合は、下記のページを見てみてください。
関連記事

ドライバーのスライスの原因はいろいろとあります。その中の一つに、体の開きが早いことでスライスが起こる。という症状があります。体のの開きが早くてスライスが起こる。どういうことでしょうか?自身がその症状でスライスになっているか?[…]

ドライバーのインパクト 体の正面
関連記事

池野谷です。本日も、読んで上達するゴルフブログを更新しています。今回は、スピンアウトの原因と直し方。そして直すための練習方法をご紹介していきたいと思います。スピンアウトとは イケノヤ コーチ分かってい[…]

スピンアウト 切り返し
 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)