ゴルフ | 手元が浮く原因と直し方。簡単に直せる矯正器具も紹介。

インパクト時に手元が浮いてしまう。

ゴルファーに多い悩みです。

私も普段ゴルフレッスンをしているので、多くの方が手元の浮きに悩まされていることを知っています。

そして、その手元の浮きによってミート率の低下、ボールの曲がりを引き起こしています。

でも、10年以上のレッスン経験から治らなかったことはありません。

今回は、手元の浮きの原因。そして症状や直し方、矯正器具のご紹介まで幅広くご説明していきます。

 

手元が浮くとは??

手元が浮くとは、構えた際よりグリップ位置が上でインパクトしている状態。
手元が浮いている状態

 

ゴルフクラブは多少は手元が浮くもの

ゴルフクラブにはシャフトがあります。

シャフトは棒ではなく、しなる物です。

重力でインパクト時のクラブは下記のようにしなります。

インパクト時のシャフトのしなり

クラブのトゥ側が少し落ちた形になります。

いわゆるトゥダウンという状態です。

その為、少しはインパクト時の手元は上がります。

 

手元が浮くとどんなミスを引き起こすか?

インパクト時に手元が浮くとインサイドアウト軌道になりすく、フェースが開きやすくなります。

シャフトクロスから手元が浮く

その為、ミスショットの傾向は下記のようになります。

そのまま、当たると右から右へと曲がっていくプッシュスライス
プッシュスライス

それを嫌がってフェースを返しすぎるとチーピンボール
チーピンフック

タイミングがあうとドローボールのナイスボール。
ドローボール

このようなボールが出やすくなります。

ドロー系を打つプレーヤーに多いスイングの傾向です。

手元が浮く原因

手元が浮く原因は大きく分けて3つ。

・トップでシャフトクロスになりダウンスイングで手元が浮く。

・ダウンスイングでタメが解くのが早くて手元が浮く。

・ダウンスイング時に体の前傾が保てずに手元が浮く。

この3パターンが手元が浮く大きな原因。

一つであれば、直すのは簡単なのですがそうもいきません。

ご自身でスイングを録画してみてどのタイプか照らし合わせてみて下さい。

シャフトクロス型の手元の浮き

トップオブスイングでシャフトが目標ラインより右を向くシャフトクロスになっている。

※シャフトクロスとは??

シャフトクロス トップ

このトップになっていることで、ダウンスイングでクラブが倒れてしまいます。
シャフトクロスから手元が浮く

その為に、手元が浮いてしまいます。

このパターンのミスは、

・右へのプッシュアウト

・右へのミスを怖がりフェースを返し過ぎてしまうと大フック

などのミスが出やすくなります。

 

アーリーリリース型の手元の浮き

ダウンスイングで、タメが出来ずヘッドのリリースが早いアーリーリリース。

このパターンで手元が浮いてしまうと、

・ダフリのミス

・トゥダウンをして先っぽに当たりやすくなる。

・ハンドレイトに当たり、飛距離が飛ばなくなる。

などのミスが出やすくなります。

アーリーリリース

リリースが早くなると、構えたライ角を保てなくなります。
リリースでの手元の浮き

その為に手元が浮いた状態になってしまいます。

 

前傾が保てずに手元が浮く

ダウンスイングで前傾をキープしたままインパクトするのが理想。
インパクト

しかし、ダウンスイングで前傾が保てずに起き上がってしまう。
体が起き上がって手元が浮いてしまう

こうなってしまうと、当然ながら手元は浮いてしまいます。

このパターンのミスは、

・右へのプッシュアウト

・ダフリ

・右を怖がってフェースを返しすぎるとチーピンのミスが出ます。

 

このように手元が浮いてしまう大きな原因は3つです。

次に、手元が浮く際の直し方をご紹介していきます。

手元の浮きの直し方

まずは、スマホなどで自分のスイングを撮ってみましょう!!
携帯電話

ラインが引けるアプリなども出ているので利用すると便利。
ゴルフスイング アプリ

このように、比較や原因などが分かるようにアドレスでラインを引いてみましょう。
ゴルフスイング アプリを練習で使う

手元が浮いてしまう方の直し方は3つのポイントがあります。

・シャフトクロスをレイドオフトップに変える。

シャフトクロスが原因で手元が浮いてしまう方の直し方

シャフトクロスが原因でダウンスイングで手元が浮いてしまう。

このような方はトップをレイドオフの状態にして直しましょう。

レイドオフとは、アドレス時のクラブの角度とトップのクラブの角度が平行になっている状態。
レイドオフ トップ

レイドオフのトップを作れると。
レイドオフトップ

ダウンスイングで直線的にクラブが降りてきます。
直線的に降りてくるダウンスイング

結果、インパクトで手元が浮かなくなります。
インパクト

シャフトクロスが原因で手元が浮いてしまう方はレイドオフのトップを作ることで直せます。

詳しい、シャフトクロスの直し方とレイドオフトップの作り方は下記を参考にしてみて下さい。

>>>分かりやすいシャフトクロスの直し方

>>>プロが多く取りれているレイドオフトップの作り方

 

アーリーリリースによって手元が浮いてしまう方の直し方

リリースが早いとボールに当たる前に地面に当りやすくなります。
アーリーリリース
リリースが早くてダフる

結果、体が上に伸びあがってダフらないように調整します。
体が上に伸びあがる

その分、手元が浮いてしまいます。

このように手元が浮いてしまう方は、クラブと左手首の角度に注意してください。
クラブと手首の角度

ダウンスイングでも左手首とクラブに角度がついている。

ダウンスイングでも手首とクラブに角度

インパクト前でも左手首とクラブに角度がついている。

インパクト前もクラブと手首に角度

インパクト時でも左手首とクラブに角度をつけておく。

そうすることで、クラブヘッドと自分の体の距離が変わらない。

だからインパクトで前傾を保つことができ手元の浮きが直ります。
リリースがないインパクト

しかし、リリースが早いとダフるので体を上に伸び上がらせて調整します。
前傾が上がる分だけ手元は浮いてしまいます。
アーリーリリースのインパクト

スイング中は左手首とクラブの角度が伸び切らないように注意しましょう。

前傾が保てずに手元が浮いてしまう方の直し方

前傾が保てずに手元が浮いてしまう方の直し方です。

体が起き上がって手元が浮いてしまう

このような方は、ダウンスイング時に腰が回転をせずに目標方向に流れてしまっている方です。

ダウンスイング スエー

このような方は、ダウンスイング時に左ひざ・左腰・左肩の3点の距離をなるべく変えないようにレベルに回転させていきましょう。

【トップオブスイング】
トップ

【ダウンスイング】

左サイドの距離を変えないように左腰を引いていきます。
左腰を回す。
レベルなダウンスイング
インパクト
フォロースルー

そうすることで、体の起き上がりがなくなり手元の浮きが直ってきます。

手元が浮くことを直す矯正器具

手元の浮きが簡単に治る練習器具をご紹介します。

使い方も簡単。

持ち運びも簡単。

お手頃の値段で効果は抜群です。

谷 将貴コーチが監修したシンプルマスターOPという練習器具です。

まずはどうやって練習をするのか?動画を見てみて下さい。

このように使い方はいたって簡単。

いわゆる障害やここに当たっていればOKという物差しにすることで直しやすくなります。

 

 

>>>シンプルマスター使用方法

 

まとめ

いかがでしたか?

特にドローボールが打ちたい方は特に手元の浮きに悩まされる方は多いです。

手元の浮きの原因は、ボールの曲がりやミスヒットなど不安定なショットに繋がります。

ぜひ、安定したゴルフにしたいなら直しておいた方が良いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)