上げて止めるアプローチの打ち方。3つのポイントで簡単にマスター

上げて止めるアプローチが打ちたい。

砲台のグリーンやバンカー越えなどボールを上げて止まるボールを打てるのは非常に有効。

でも、上げるボールは難易度が高いとも言われます。

ですが、そんなことを言ったら前に進めません。

チャレンジです!

今回、上げて止めるアプローチの打ち方を紹介しますのでぜひ試してみて下さい!

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

上げて止めるアプローチの打ち方 3つのポイント

高く上げるアプローチの打ち方は3つのポイントが重要。

・使用するクラブはロフト角が多い物にする。
サンドウェッジ

・アドレス時のボールの位置を右打ちの方であれば左足寄りに置く。
左足よりにボールを置く

・フェース面を開いてクラブのロフトを増やす。
イーデルウェッジ フェースを開いた見た目

高く上げるアプローチには、この3つのポイントが重要です。

続いて打ち方をステップごとに解説します。

 

上げて止めるアプローチの打ち方

早速、高く上げるアプローチの打ち方を解説していきます。

① 使用クラブを決める。

まずは、使うクラブを決めていきます。

上げたい。 = ロフトの多いクラブ。

止めたい。 = ロフトの多いクラブ。

となります。

ですから、ご自身の持っているクラブで一番ロフトが寝ているクラブを使いましょう。
ロフト角

多くの方は、

・56度のウェッジ

・58度のウェッジ

・60度のウェッジ

の3種類が多いと思います。

一番フェース面が上を向いているクラブを使うことで、上がって止まるボールを簡単に打つことができます。

 

③ 高く上げる為の構え方

次に上げて止めるアプローチの構え方を紹介します。

構え方はかなり重要ポイントです。

まずは、フェースを開いた状態(自分から見て時計の針で2時)でグリップを握りましょう。

上げて止めるアプローチのクラブの持ち方

フェースを開いて握ることでクラブのロフトが多くなりボールが上がって止まりやすくなります。
ウェッジ ロフト
ウェッジ ロフト(フェースを開いた状態)

次にセットアップです。

【正面】
上げて止めるアプローチの構え方

1、足幅を広めにします。(目安 7番アイアン)
2、ボールは左足の内側にセット
ボールを左足の内側にセットすることで、スイング軌道の上がり際で当たりやすくなり上がって止まりやすいショットが打てます。

上がって止まるアプローチのスイング軌道

 

【後方】
上げて止めるアプローチの構え方(後方)

・やや重心を低くしておきます。
・ボールとの距離は普段よりボール2個分離れます。

スタンスはややオープンスタンスで構えておきます。
スタンスライン

 

ボールを上げて止めるには、まずはセットアップが重要です。

次に打ち方を紹介していきます。

③ 高く上げるアプローチの打ち方

セットアップが終わったら、実際にスイングです。

1、アドレス
上げて止めるアプローチのボール位置

2、体を捻転させながらコックを多めに作る。
コックを使う。

フェースを開いている為、ボールがあまり飛びません。

飛ばす動作として、コックをつけてヘッドスピードを上げます。

この際、フェースは開いたままを維持しましょう。
テークバックのフェース面

フェースが被ることは注意しましょう。
ークテークバックのフェース面 ダメ

 

3、インパクト

ハンドレイトの体勢でインパクトをします。
ハンドレイトの体勢

 

4、フォロースルー

体を回転させながら、フォロースルーもしっかりコックをつけていきます。
インパクトの体重配分

フォロースルーもフェース面を閉じないように気をつけましょう。
フォロー フェース面閉じない

フェースを閉じるとボールが上がらないので注意。
フォロー フェース面閉じたら ダメ

 

上げて止めるアプローチの復習

打ち方とポイントを復習していきます。

上げて止めるアプローチでは、一番ロフト角が多いクラブを使いましょう。

そして、次はボールが上がる態勢を作ること。

①ボールの位置を左足側に置く。

②フェース面を開く。

など上げて止める為のアドレスをします。

そして、ボールが前に飛ばないショットなのでコックを多めに使って打っていきます。

ぜひ、お試しください!

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの打ち方がわからない。アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。色々なアプローチの打ち方を覚えたい。アプローチの距離感が合わない。こんな皆様のお悩みに応え[…]

30ヤード アプローチ テークバック(正面)