アプローチは適当な当て方でも良い。緊張しない考え方と打ち方。

アプローチでザックリやちゃっくりをする。

このようなミスに悩む人に多いのが、ちゃんとコンタクトをしようと思い過ぎる。

 

当たり方が悪いから、当然しっかり当てようと考えてしまうのですが・・・

アプローチの打点に悩む方は、まじめに考えすぎてしまう傾向があります。

 

アプローチの打点は80点でも良いと思います。

その理由をお伝えします。

今回は、アプローチの当て方は適当で良い。緊張しない考え方をご紹介します。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

アプローチのミスをする方には2つのパターンがあります。

アプローチの当たり方が悪くて悩んでいる方には2つのパターンがあります。

①打ち方が悪くて当たり方が悪い。

②当たらないと思い、インパクトで反応してしまうメンタルがダメなパターン。

以上の2つのパターンが多いです。

 

①打ち方が悪い。

このような方は、アプローチの総まとめがありますのでもう一度確認してみて下さい。

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの打ち方がわからない。アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。色々なアプローチの打ち方を覚えたい。アプローチの距離感が合わない。こんな皆様のお悩みに応え[…]

30ヤード アプローチ テークバック(正面)

 

打ち方の基礎が出来ても当たる気がしない。

このような方は、考え方でも良くなると思います。

 

当らない方はきっちりとボールにコンタクトしようと考えている方が多いです。

クラブのリーディングエッジをボールの下に綺麗にハンドファーストに当てていこうと思う。

アプローチショット ハンドファーストで打つ

ザックリの当たり方

これはこれで大事なことです。

しかし、いくら練習を積んでも毎回綺麗に当たるというのは、凄く練習を積んでもミスをします。

綺麗に当てようと考えれば、100点じゃないといけないので緊張するからです。

 

アプローチの当て方は、80点でも良い。

もっと気軽に考えて多少の当たり方が悪くても寄るという打ち方がベスト

 

アプローチが苦手の方は、花道からのアプローチが特に苦手です。

ラフはきっちりと当てる必要がないけど、花道の綺麗な芝だと適当と考えらえないからです。

緊張しちゃうし、考えすぎてしまうんですよね。

 

80点でも寄る為には、ウェッジのソールを使って地面と出来るだけ平行に動かしてボールを打つこと。
ウェッジ ソール

ソールのバウンス部分を滑らせて、少しダフらせながらワザと打っていくわけです。

バウンスというのは、ソールの後ろ部分のことです。
バウンス

バウンスの役目は、地面に刺さらずに滑ってくれる機能を持っています。

こんな機能があるのに使わない手はありません。

 

滑ってくれるんだったら、手前からダフってもOK。80点でもOK。

にしてしまえば気持ちが凄く楽になりますよね。

 

私も、綺麗に当てようとばかり考えて調子が悪くなりました。

私も、ゴルフの研修生時代にボールを毎回綺麗に当てようと思っていました。

しかも、難しいところから綺麗に当てられれば通常のところは簡単に当てられる。

そう思っていました。

だから、ライの悪いところから綺麗にハンドファーストで当てる練習ばかりを繰り返していました。

バンカーからアプローチの練習をしていたこともあります。
フェアウェイバンカー ハンドファーストインパクト

当りづらいところから、綺麗に当てる練習。

当らないことが多いので、練習でミスの悪いイメージが多く媚びりついてしまいました。

そして、綺麗に当てようとハンドファーストにどんどん当てようと思う。

行きついたところは、ザックリ地獄。

まったく上手くいかなかったです。

 

まずは、バウンスを使って綺麗なライから打って自信をつけましょう。

自信がない方は、綺麗なフェアウェイのライからバウンスを使って打っていきましょう。

そして、ダフっても意外と寄っていくなと実感してみましょう。

そうなるとある意味、適当でも良いんじゃない?そう思えるようになることが重要。

 

もし、芝が薄くてバウンスが跳ねてしまうならバウンスの角度が小さいものを使えば良いです。

そうやって自信をつけていければラフは尚更、楽に打てるでしょう。

 

まとめ

いかででしたか?

アプローチが当たらないんじゃないか?不安になる人は沢山います。

綺麗に当てようと思えば100点じゃないといけなくなります。

だから、アプローチは80点の当て方でもOK。

ダフっても寄る打ち方を身につければ、綺麗に当てようなんて考えが減ります。

そうなれば適当に考えられる。

アプローチが苦手な方は逆転の発想を持って頂けると良いと思います。