【まとめ】ゴルフ トップボールが出る3つの原因と直し方

 
イケノヤ コーチ
カキーンと飛んで行ってしまう。
怖いトップボール。
今回は、トップボールが出て困っている方のお悩みに応えます。
 
せっかくドライバーでフェアウェイを捕らえても、セカンドのアイアンショットでカツーン。
グリーンの奥まで転がってしまう。
そんなトップボールのミスは誰しもが経験あるのではないでしょうか?
今回は、トップボールの原因を理解していただきその直し方をお伝えします。
 
□この記事の内容
★トップボールとは
★トップボールはどう当たっている?
★トップボールが出る3つの原因
★トップボールの直し方
 
□この記事の信頼性
幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています
 

トップボールとは

トップボールとは、クラブフェースの面ではなくリーディングエッジがボールの赤道部分に当たります。

リーディングエッジ

トップボール

その為、ボールが上がらずライナー性のボールが出てコロコロ転がるボールが出てしまいます。

 

トップボールはどう当たっている?

アイアンショットでの理想のクラブの当たり方はダウンブローです。

黄色のラインが仮想のスイング軌道です。

スイングの最下点より手前にボールに当たってから地面に当っていきます。

正しいスイング軌道

 

トップボールは3つのパターンがあります。

【パターン①】 クラブの上がり際に当たってトップボールが出る。
クラブの上がり際に当たってトップ

【パターン②】 伸びあがってボールに届かないでトップボールが出る。
伸びあがってボールに届かないでトップボールが出る

【パターン③】インパクトのポイントがボールの先になり過ぎてしまいトップボールが出る。
ボールを追い越してしまってトップボールになる。

 
イケノヤ コーチ
トップボールでも上記3つの当たり方のトップボールがあります。

次に、3つのトップボールの原因をご紹介していきます。

 

 

トップボールが出る3つの原因

 
イケノヤ コーチ
トップが出てしまう3つの原因をそれぞれご説明していきます。

原因① クラブの上がり際に当たってトップボールが出る。

クラブの上がり際に当たってトップが出てしまう。

下記の写真のようなトップの当たり方になっています。
クラブの上がり際に当たってトップ

原因は、すくい打ち。

インパクトでアッパースイングになっています。

上体の軸が傾いてトップボールが出る。

 

 

原因② 体が伸びあがってボールに届かないでトップボールが出てしまう。

次に、体が伸びあがってボールに届かないでトップボールが出てしまう。

下記の写真のようなトップの当たり方になっています。
伸びあがってボールに届かないでトップボールが出る

原因は、前傾が崩れていることです。

伸びあがりでトップボールが出てしまう。

 

原因③ インパクトのポイントがボールの先になりすぎてしまいトップボールが出る。

そして、最後はスイングの最下点がボールより先になり過ぎてしまいトップボールが出てしまう。

下記の写真のような当たり方になっています。
ボールを追い越してしまってトップボールになる。

原因は、体重移動が多く上半身が突っ込んでいることです。

体重移動が多く上半身が突っ込んでトップボールが出る。

 

□トップボールが出る原因
・すくい打ちになってトップボールが出る。
・体が上に伸びあがって届かなくてトップボールが出る。
・体重移動が多く、上半身が突っ込んでスイングの最下点がボールより先に行き過ぎてトップボールが出る。

 

トップボールの直し方

 
イケノヤ コーチ
原因は掴んでいただいたと思いますので次はトップボールの直し方を説明していきます。

直すのは簡単です。

悪い動きの逆のことをすることです。

 

すくい打ちとなってトップボールが出てしまう直し方

すくい打ちになってクラブがボールに届かずトップボールになってしまっている。

すくい打ちとは、上に向いて打っている訳です。

上体の軸が傾いてトップボールが出る。

直し方の手順は、

手順① アドレスから見ていきましょう。

まずは、アドレスですくい打ちになっていないか?チェックしましょう。

正しいアドレスはこのような状態です。
通常時のアドレス

しかし、すくい打ちになってしまうアドレスは下記のように右肩が下がり過ぎたアドレスになっています。

高いボールの構え方

このようなアドレスになっていないか?チェックしましょう。

 

手順② トップオブスイングをチェック

アドレスをチェックしたら次はトップオブスイングです。

正しいトップオブスイングは下記のような状態です。
アドレスの位置から頭がズレずにその場で回転しています。
トップオブスイング

しかし、すくい打ちになってしまうトップオブスイングは軸が傾いた形になります。

すくい打ちになってしまうトップオブスイング

アドレスの軸を崩さないようにテークバックしていきましょう。

軸を変えないトップオブスイングの作り方は下記に詳しく書いてありますのでご確認ください。

関連記事

 イケノヤ コーチ・ダフリが出る。・トップが出る。そんな時に良く言われるのが、『頭が動いている』 頭が動くとなんでミート率が下がるのか?頭が動くとどんなミスが出てしまうのか?そして、頭が動かな[…]

 

手順③ ダウンスイングをチェック。

最後にダウンスイングです。

ダウンスイングでは、左肩が低いまま体重移動をしていくのが理想です。

ゴルフスイング 正面(ダウンスイング )

しかし、すくい打ちとなってしまうダウンスイングはすぐに右肩が下がった状態になってしまいます。

すくい打ちとなってしまうダウンスイング

ダウンスイングでは、左肩が下がった状態でのダウンスイングを心掛けましょう。

 

 
イケノヤ コーチ
すくい打ちでトップになってしまう方は逆の意識を持つと良いです。
低いボールを打つように心がけてみてください。
直す手順の3つをチェックしてみてください。
 
 
 

体が伸び上がってしまいトップボールが出てしまう直し方

体が伸び上がってボールに届かないでトップが出てしまう。
伸びあがりでトップボールが出てしまう。

伸び上がってしまう。その逆の動きは沈み込む。

届かないでトップをしてしまうのであれば、インパクト時にフトコロをしっかり作り前傾をしていきましょう。

インパクト(後方)

アドレス時より、頭の位置が下がるくらいの意識を持ってください。

であれば、体とボールの距離が近づくことになるので届きやすくなります。

 

 

スイングの最下点がボールの先に行き過ぎてトップボールが出てしまう直し方

最後にスイングの最下点がボールの先に行き過ぎてトップボールが出てしまう。

体重移動が多く上半身が突っ込んでトップボールが出る。

体重移動が多く上半身が突っ込んでしまっている。

その結果、スイングの最下点がボールの先に行き過ぎてトップボールがでてしまう。

右肩が突っ込んでしまっていることが多くの原因です。

右肩が突っ込んでダウンスイング

この場合、上体の開きを抑えていきましょう。

テークバックから胸が目標の後方を向いている時間が長いことで突っ込みを抑えることができます。

上体の突っ込みを抑えたダウンスイング

 

□トップボールの直し方
・上体の軸の傾きを直していきましょう。
・沈み込む意識を持ち、自分とボールの距離を保ちましょう。
・上体の突っ込みを減らし、上半身の開きを抑えていきましょう。

 

 

まとめ

怖いトップボールの原因と直し方をご紹介しました。
まず、自分のスイングを携帯などで撮ってみましょう。
そして、トップボールの原因を突き止めてみましょう。
原因を見つけたらその直し方を実践してみて下さい。
そうすれば、トップボールが撲滅されると思います。
ぜひ、お試しください!
 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)