ゴルフスイングの右肘の使い方。細かく【写真図解】で解説。

ゴルフスイングの右肘の使い方。

スイング中はどう動くのが正解か?

考え出せばキリがないゴルフスイング。

右肘の使い方は、簡単にいうと叩くなら腕はどういう曲げ方をするか?

これが正解になっていきます。

 

今回は、ゴルフスイングの右肘の使い方を細かく紹介していきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

 

ゴルフスイングの右肘の使い方。

ゴルフスイングの右肘の動きを細かく解説していきます。

 

構えでの右肘

構えでの右肘は軽く内側に絞られた状態です。

そして、ピンと伸ばした状態ではなく軽く曲がっています。
アドレスでは軽く内側に絞る

そして、右腕の上腕三頭筋は胸に乗っています。
右腕の上腕三頭筋が胸の上に乗っている

 

テークバック時の右肘の動き

次にテークバックでの右肘の動きです。

テークバックでは、アドレス時の体と右肘の状態を変えないで体のみ捻転していきます。

右肘は少し曲がった状態をキープしています。
テークバックでの右肘の動き

【正面から見たテークバックの右肘の動き】
テークバックの右肘(正面)

【背面から見たテークバックでの右肘の使い方】
若干、胸の上に乗った状態は減りますがアドレス時の右肘の曲がっている量は変わっていません。
背面から見たテークバックの右肘の動き

【後方から見たテークバックでの右肘の使い方】
右肘を内側に絞った状態、曲がった状態をキープしています。
肘の内側が空を向いていきます。
テークバックでの右肘の使い方(後方)

 

バックスイングでの右肘の使い方

グリップの手元が腰を過ぎていくと、胴体と右肘がついていた状態が徐々に離れていきます。
バックスイング時の右肘の使い方

【正面から見たバックスイング右肘の見え方】
正面から見たバックスイングの右肘の使い方

【背面から見た右肘と上腕の角度】
右腕の肘の角度は120度くらいになります。
右肘は外旋しながらバックスイングに移っていく

【後方から見たバックスイングでの右肘の使い方】
徐々に腕が捻じられてきます。
右手の平にクラブが乗った状態になるので、右肘を支点にして外旋していきます。

 

トップオブスイングでの右肘の使い方

トップオブスイングでの右肘の使い方です。

右肘は完全に胴体から離れます。

胴体から右肘の間隔は、こぶしが2つ入る程度です。
トップオブスイング

【正面から見た右肘の見え方】
正面から見た右肘の見え方

 

【後方から見たトップでの右肘の使い方】
右肘と胴体の距離はこぶし2つ分。
肘の向きは真下に地面を指します。
使い方は右肘を支点に外旋の使い方でトップに納めます。
右肘の曲がりの角度は90度です。
トップでの右肘の使い方

 

ダウンスイングでの右肘の使い方

ダウンスイングでの右肘の使い方はボールを飛ばす為に重要なポイントです。

ダウンスイング

【正面から見たダウンスイング右肘の使い方】
ダウンスイングでは、右肘をおへそに押し込むように使っていきます。
飛ばす為にに、トップで出来た右肘の90度の角度はダウンスイングではより角度が深くつきます。
ダウンスイングの右肘の使い方

【後方から見たダウンスイングの右肘の使い方】
トップで胴体と肘が離れていましたが、ダウンスイングに向かって右肘が胴体についていきます。
後方から見たダウンスイングの右肘の使い方

【後方から見たダウンスイングの右肘の使い方】
胴体の中に、右肘が収まった状態でおへそに肘を押し込んでいきます。
この時の注意点は右肘が胴体から外れないようにすること。
後方から見たダウンスイングの右肘の動き

 

インパクトでの右肘の使い方

インパクトでは、押せるように右肘を使っていきます。

インパクト

【正面から見たインパクトでの右肘の使い方】
インパクトでの右肘はアドレスよりやや曲がった状態になります。
右肘の位置は胴体の中に納まっているようにすることで押せる態勢になります。
インパクトでの右肘

【後方から見たインパクトでの右肘の使い方】
これはインパクト前の動作ですが、インパクトでは右肘は胴体の中に納まっているので見えないのが正解。
インパクト前の右肘の動き

【後方から見たインパクト時の右肘の使い方】
おへそへと右肘を絞っていきます。
後方から見ると右肘が曲がったままの状態になっています。
インパクトでの右肘の使い方(後方)

 

フォロースルーでの右肘の使い方

フォロースルーでは、加速する右肘の使い方をしていきます。

トップで右肘が90度の角度がつき、ダウンスイングではもっと角度がつきます。

右肘の角度がついたものがフォロースルーに向かって加速していき腕が伸びていきます。

フォロースルー

【正面から見たフォロースルーの右肘の使い方】
フォロースルーに限っては、右肘が伸びていきます。
右肘の内側部分はやや斜め45度背中側を向きます。
正面から見たフォロースルー右肘の使い方

【背面から見たフォロースルーの右肘の使い方】
フォロースルーでは、右肘はしっかりと伸びています。
背面から見たフォロースルー右肘の使い方

【後方から見たフォロースルーの右肘の見え方】
フォロースルーでの後方からの見え方

 

フィニッシュでの右肘の使い方

最後に、フィニッシュでの右肘の使い方です。

フォロースルーに向かって加速して伸びた右肘が徐々に曲がっていきフィニッシュに収まります。

フィニッシュ

【正面から見たフィニッシュの右肘の使い方】
体に巻き付くように少しだけ右肘は曲がっていきます。
正面から見た右肘の見え方

【背面から見た右肘の使い方】
やや右肘が曲がっているのが分かります。
後方から見たフィニッシュの右肘の使い方

【後方から見たフィニッシュの右肘の見え方】
フィニッシュの右肘の使い方

まとめ

今回は、ゴルフスイングの右肘の使い方を紹介しました。

右腕は叩く役割。

その為の右肘の使い方をしていきます。

ゴルフスイング中の右肘の使い方は、

①アドレスでは軽く右肘を絞っておく。

②アドレスの右肘の状態を変えずに体を捻転させテークバックしていく。

③バックスイングでは外旋の動きが入りながら胴体からやや右肘が離れていく。

④トップでは右肘は胴体から離れ右肘の向きは真下の地面に向きます。

⑤ダウンスイングではおへそに押し込むように右肘の角度をつけながら降ろす。

⑥インパクトでは、胴体の中に右肘は収まりやや曲がった状態。

⑦フォロースルーにかけて、加速しながら右肘が伸ばされていきます。

⑧フィニッシュでは、体に巻き付くようにやや曲がって振り終わる。

以上がゴルフスイング中の右肘の使い方です。

お悩みの方はぜひ、参考にしていただければ幸いです。