スピンアプローチの打ち方。【激スピンのコツ】を解説します。

 
イケノヤ コーチ
ギュギュッとグリーンで止まる。
グリーン上でスピンが効いてボールが止まるとカッコイイですよね。
今回は、スピンの効いたアプローチショットの打ち方をご紹介します。
・グリーン上できゅきゅっと止められると転がりを考えることが少ないアプローチが打てる。
・ボールが止めずらい状況でもボールを止めることができる。
・カッコイイですよね。
この記事を読んでスピンのかかるアプローチのコツを覚えて実践してみてください。
 
□この記事の内容
★まずはスピンがかかる原理を知ろう。
★スピンをかけるアプローチショットには道具が重要
★スピンはどこでもかかる訳ではない。適した場所を知る。
★スピンをかけるアプローチの打ち方の手順
 
□この記事の信頼性
幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。
 
 

まずスピンがかかる原理を知ろう。

まず、スピンがかかるのはボールに当たる際にクラブフェースとボールが潰れながら当たっていくことで回転が生まれます。

バックスピン

そして、スピンの量を多く増やすには次のことが大切です。

スピンのかかる当たり方

スピンのかかる量は2つのことで決まります。

クラブがボールに当たっていく角度
入射角度

クラブのロフト角
ロフト角
ロフト角とバウンス角

この差が大きいほどスピンはかかります。

 
例えば、フェアウェイウッド。
クラブが長いので当然スイングの円弧が大きくなります。
そうなると、クラブが当たっていく角度は緩やか。
そして、クラブのロフト角も13度などと角度があまりついていない。
フェアウェイウッドのスイング軌道
角度差が少ないので、スピンの量は当然少ないです。
逆に、サンドウェッジ。
スイングの円弧が小さくなるので、クラブの当たっていく角度は鋭角。
クラブのロフト角は56度などと角度が大きい。
クラブの角度は鋭角に下に向かっている。クラブのロフトは上を向いている。
当然、サンドウェッジの方がスピンがかかる。
 

ボールが当てっている時間

インパクトの際にボールが潰れながら当たっていきます。
スクエアなフェース面

そして、クラブのフェースにはスコアラインといって溝があります。
スコアライン

ボールに潰れながら当たっている時間が長い。

そうなると、溝にボールがひっかかっている時間が多い。

スピンが効く。

ボールは潰れながら当たっていく訳ですから角度がついているサンドウェッジなどの方が当たっている時間は長いです。

アプローチ ザックリ(ソールを滑らす)

 
 
□スピンがかかる量の原理
ボールに当たっていく際に、クラブが当たっていく角度クラブのロフト角差が大きいほどスピンがかかる。
ボールとクラブが当たっている時間が長い方が、溝にひっかかるのでスピンがかかる。

 

スピンをかけるアプローチショットには道具が重要

 
イケノヤ コーチ
スピンをかけるには、技術の他にまず道具が非常に大切です。
良い打ち方をしても道具が悪ければスピンはかかりません。

スピンをかけるにはまずウェッジ選びから

まずは、ロフト角が多い方が良い訳ですからスピンをかけるにはサンドウェッジを使いましょう。

今はロフト表示のウェッジが多いのですが58度などを使うと有効です。

サンドウェッジ

そして、クラブ素材は軟鉄とステンレスが多くあります。

ステンレスは軽く弾きやすいので、軟鉄素材の方がスピンが効きます。

あとは、フェース面がスピンがかかりやすいようにミーリング加工などされているものを使いましょう。

この3つが揃っていればスピンがかかりやすいウェッジです。

 

ボールはスピン系を使用する。

次に、ボールです。

ボールには大きく分けて、

・距離が飛ぶ。ディスタンスタイプのボール

・スピンがかかる。スピンタイプのボール。

・その両方取りをした中間のボール。

3つのタイプがあります。

 

プロゴルファーが使用しているのは基本的にスピンタイプのボールです。

だからスピンがかかりやすい訳です。

メーカーでいうと、タイトリストのPRO V1はそのタイプです。
タイトリスト V1X

スピン系は、ボールが柔らかいのでボールに当たっている接触時間が長くなります。

接触時間が長い為、フェースの溝にひっかかる時間が長いのでスピンがかかります。

スピンを効かせたアプローチを打ちたいならスピン系のボールを使用してください。

 

スピンはどこでもかかる訳ではない。適した場所を知る。

スピンの量はどこでもいっしょではありません。

ボールとクラブが潰れながら当たり、溝にひっかかりながら当たることでスピンはかかる。

直接ボールに当たるショットはスピンを効かせることができます。
芝の下をクラブが抜ける空間があります。

しかし、ラフなどはボールに当たる際に、芝が入りこむのでスピンがかからなくなります。ラフ

ラフではスピンがかかりませんのでご注意を!

 

スピンをかけるアプローチの打ち方の手順

 
イケノヤ コーチ
スピンをかけるアプローチの打ち方の手順を説明します。

スピンアプローチの手順① 使用クラブ

説明した通り58度のウェッジを使用しましょう。
ロブショットに使うクラブ

スピンアプローチの手順② ライが大丈夫か確認しましょう。

スピンがかけられる場所か確認しましょう。
芝の下をクラブが抜ける空間があります。

 

スピンアプローチの手順③ アドレス

まず、ロフトがあった方がスピンがかかりやすい訳でしたね。

それでしたら、58度のクラブのフェースを開きましょう。

フェースがターゲットにまっすぐに向いている状態から、
フェースが真っすぐに向いている

時の針でいう1時から2時くらいまでフェースの向きを開きます。
フェースを開いている状態

そうすることで、58度のクラブがさらにロフトがつきます。
ウェッジ ロフト(フェースを開いた状態)

フェース面が右に向いてしまうのでアドレスはいつもよりボール1個分オープンスタンス(左)に向きましょう。

アプローチ オープンスタンス

 

スピンアプローチの手順④ 打ち方

打ち方を説明していきます。

①アドレス
アドレス

 

②テークバック
体の回転で上げていきます。
フェースのリーディングエッジが上を向くようにしましょう。
フェースが開いたままという証拠です。
テークバック

フェースが下を向いてしまうと被っている証拠なのでダメです。
フェースが被っているのでダメ

 

③インパクト
インパクトはパチッと強く当たらないようにしていきましょう。
インパクト

 

④ フォロースルー
フォロースルーでもフェースの面は開いたままを維持していきましょう。
自分の上半身の前傾とクラブのリーディングエッジを揃えることが目安。
フォロースルー

前傾より下を向いているとフェースは被っている証拠です。
フェースが被るとランが出やすくなってしまうので厳禁です。
フォローではフェースが被ってはダメ

 

スピンアプローチの打点

スピンをかけるアプローチの際の打点はトゥ側(先端)で当てると良いです。
スピンアプローチ トゥ側で当てる。

芯で当たるとボールが反発して勢いが強くなるから。

グリーン面にキャリーしてファーストバウンドが強くなるからボールが止まりづらくなります。

トゥ側はフェースの先端の為、ボールに当たった際に当たり負けをします。

そうなると、ボールの勢いが弱くなるのでスピンがかかりやすくなります。

 

スピンアプローチの当て方

スピンをかけようとパチンとパンチを効かせてボールに当てる方がいらっしゃいます。

そうすると、球に強さがでてしまうのでグリーンにキャリーした際に逆にスピンがほどけてしまいます。

ビリヤードでスピンをかける際は、ボールの下の方に当てていきます。(時計の針の4時くらい)

芝の下をクラブが抜ける空間があります。

ボールの4時くらいからくぐらせるようなイメージで当てていくとスピンがかかりやすくなります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

スピンアプローチは、まず道具が大事です。

プロもスピンのかかるクラブを使用しています。

次に、スピンのかかる打ち方です。

スピンアプローチは難易度が高いですが、ランをあまり考える必要がないので寄せやすい。

ランがあまり使えないところで打てると有効。

かっこいい。

などのメリットが沢山あります。

トライして身につけていきましょう。

 

アプローチの打ち方【総まとめ集】基本から応用まで有料級の内容すべてがこのページに詰まっています。

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの打ち方がわからない。アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。色々なアプローチの打ち方を覚えたい。アプローチの距離感が合わない。こんな皆様のお悩みに応えたいと思います。[…]

30ヤード アプローチ テークバック(正面)