初心者は、冬になったらグリーン周りはパターを徹底的に使おう。

ゴルフコーチ 池野谷です。

冬になると、グリーン周りは芝が薄くなる為、アプローチショットは難しくなります。

グリーン周りとなると、ウェッジでアプローチと考えてしまいがち。

でも、パターが打てるならパターからという選択肢を持ってください。

今回は、冬になったら初心者はアプローチはパターを徹底的に使う!をご紹介します。

 

この記事を読んでもらいたい方

・初心者でグリーン周りでスコアを崩してしまう方

・冬のゴルフを経験したことのない方

・アプローチに自信がない方

 

冬のグリーン周りでパターが使える状況

 
イケノヤ コーチ
グリーン周りでパターが使える状況であれば、どんどんパターを使いましょう。
・ピンに狙う際、グリーン手前の手前にラフなどの障害がなければ使えます。
 
イケノヤ コーチ
冬は、
・芝が薄くなる。=芝の抵抗が少なくなりボールの転がりが良くなる。
・地面が硬くなる。=ボールの転がりが良くなる。ちょっとした、高麗グリーンになります。どんどんパターでアプローチを行いましょう。

 

冬のグリーン周りはパターが安全な理由

 
イケノヤ コーチ
正直、パターはボールが上がらないことだけが難点なだけです。
ミスヒットに関しては、1番しないクラブです。
なぜ、パターでのアプローチが安全なのかご説明します。
 
① パターは、空中を振っている。
パターの振り方は、地面にほとんど当たらず空中を振っています。
その為、ダフることがありません。
パターのストローク
 
イケノヤ コーチ
空中を振っているので、ダフリがでないで安全です。
② パターにはソールというものがある。
パター ソール
上の写真の赤のラインの部分をソールと呼びます。
このソールという部分は、芝を滑る役割があります。
よく、ザックリというミスがあります。
ザックリというのは、クラブフェースのリーディングエッジというフェースの先端が刃物のようになり、
地面に刺さりやすくなります。
ウェッジ リーディングエッジ
ザックリの当たり方
 
イケノヤ コーチ
パターはソールがある為、ザックリのミスも出なくなりますので安全です。
③ パターの振り方は方向がブレない。
パターの振り方は、
・極力、まっすぐまっすぐに振っている。
・フェース面の開閉動作がないため、常にフェースがまっすぐの時間が長い。
 
イケノヤ コーチ
方向がブレることがありませんので安全です。
 

パターでのアプローチの打ち方

 
イケノヤ コーチ
パターでアプローチする際の打ち方です。
【構えの仕方】
 
イケノヤ コーチ
足幅は肩幅程度に開きます。

パターの構え 足幅

 
イケノヤ コーチ
お辞儀をするように腰から前傾をします。
アドレス
↓    ↓    ↓     ↓
パターの構え 腰から前傾を取る。
 
イケノヤ コーチ
ボールは目線の下に置きましょう。
パターの構え ボールの位置
 
【振り方】
 
イケノヤ コーチ
パターで打つ際は、腕と肩で5角形ができます。
パターの腕の形
 
イケノヤ コーチ
腕でできた5角形を変えないようにテークバックします。
下半身はまったく動かしません。
パター テークバック
 
イケノヤ コーチ
振り抜きまで、腕でできた5角形を変えないで振り切ります。
パター フォロー
 

パターでアプローチする際の練習

 
イケノヤ コーチ
パターでグリーン外から練習をする人をあまり見たことがありません。
これだけ安全で使えるのに・・・
ゴルフ場には必ずパッティング練習場があります。
グリーンから打つことが最重要な場所ですが、グリーンをちょっと外した所からも打ってみてください。
ほとんどの人がやりません。
グリーンは転がりが予測できますが、フェアウェイのような芝は転がりが未知数です。
なるべくグリーン面以外のところから練習をしてみてください。
 

まとめ

いかがでしたか?

冬は、グリーン周りのアプローチの難易度が上がります。

それだけに、パターは一番安全なクラブと言えます。

でも、邪道。カッコ悪いみたいな重いからサンドウェッジを握る人が多いです。

スコアを出すことが重要なのに。

もっとスコアに執着して、簡単に打ってもらいたいものです。

ぜひ、冬の時期や芝が薄い状況では行ってみてください。

 

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの打ち方がわからない。アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。色々なアプローチの打ち方を覚えたい。アプローチの距離感が合わない。こんな皆様のお悩みに応えたいと思います。[…]

30ヤード アプローチ テークバック(正面)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)