アプローチのフェースを開くとは?【メリット・やり方・注意点】

アプローチでフェースを開く。

アプローチでフェースを開くとは、いったいどんなことか分からない方もいらっしゃいます。

そのような方には、まずは用語の解説をします。

次にフェースの開き方をやり方と注意点を紹介します。

 

最後に、こんな場面のアプローチショットでフェースを開くといいよ。というメリットと注意点。

 

などなど、アプローチショットでフェースを開くことに関して今回は紹介をしていきます。

 

□この記事を書いたゴルフコーチ
 
ゴルフコーチの池野谷 光宏です。

幼少からプロゴルファーを目指し、2007年より本格的にレッスン活動を開始。
片山 晋呉プロを4度の賞金王へと導いたツアープロコーチ谷 将貴の主宰している
TANI MASAKI GOLF ACADEMY 21 の公認インストラクター
多くのアマチュアの方を上達やお悩みに応えています。

 

アプローチのフェースを開くとは?

アプローチのフェースを開くとはどんな意味か紹介していきます。

アプローチはグリーン周りで打つショットの事です。
ランニングアプローチ時の構えの重心

そしてフェースを開くとは、右打ちの方であればフェースの面を時計周りに右に向けることです。
フェースを開いている状態

アプローチショットの際にフェースの向きを右に向ける。というのがアプローチでフェースを開くという意味です。

 

アプローチショットでフェースを開いて打つとどんな変化がある??

アプローチでフェースを開くとボールにどんな変化が起こるのか?

フェースを開くと、いつもよりクラブのロフト面が上を向きます。

>>>ロフトなどクラブに関しての用語が分からない方はこちらを参考にしてください。

 

【フェースをまっすぐに構えた際の角度】
ウェッジ ロフト

【フェースを開いた場合】
ウェッジ ロフト(フェースを開いた状態)

クラブフェースの角度がまっすぐに構えた場合より上に向いていることが分かると思います。

 

と言う事は、

・ボールが高く上がりやすくなる。

・ボールが地面に落下してからの転がりが少なくなる。

・ボールが上に飛ぶ量が増えるので飛距離が落ちる。

・ボールにスピンがかかる量が増える。

といったことが期待されます。

 

アプローチ時のフェースの正しい開き方と間違った開き方

アプローチショットでフェースを開こうと思った際の正しいフェースの開き方間違ったフェースの開き方です。

正しいフェースの開き方は、

フェースを時計周りに右に向ける。
フェースを開く

フェースを開いた状態にしてからグリップを握りましょう。
フェースを開く

 

間違ったフェースの開き方は、通常通り握って腕を捻じってフェースを開く

腕を捻じってフェースを開いているので、インパクトの際にスクエアに戻ってしまいます。

これでは意味がありません。

 

必ず、フェースを時計周りに開いてからグリップを握るようにしましょう。

アプローチでフェースを開いて打つ際の注意点

アプローチでフェースを開いて打つ際の注意点を紹介していきます。

フェースを開くと、多少なりとも右に面が向きます。
フェースを開いている状態

それでは、ボールが右に飛びやすくなってしまうのでアドレスを少し左に向きましょう。
オープンスタンス

それで右と左を差し引きゼロにして帳尻を合わせて目標に飛ばしていきましょう。

 

こんな場面のアプローチはフェースを開いて打った方が良い。

アプローチショットでフェースを開く際はどんな場面で打った方が有効的か?

フェースを開くと、

・ボールが高く上がる。

・ボールが落下してから転がりが少なくなる。

・ボールにスピンがかかりやすくなる。

こんな変化が起こるハズです。

その為、あまりボールを転がせない場合は有効です。

一例を挙げていきます。

・バンカー越えのアプローチショット
 ボールに転がりが少ないとグリーン中央まで打っていけるので安全。

・ラフからのアプローチ
 ラフからはスピンがかからないのでボールが転がりやすい。
 フェースを開くと高さでボールが止まりやすい。
 ラフの引っかかりが軽減される。
ラフ

・グリーンエッジからカップが近い場合
 ボールをあまり転がせられないので、フェースを開くと転がりが少なくなる。

 

・左足下がりの傾斜からのアプローチでランを出したくない場合
左足下がりの傾斜からのアプローチのスタンス幅

 左足下がりのアプローチはどうしてもボールが低くなるので転がってしまいます。
 転がせる場合なら良いのですが、転がしたくない場合はフェースを開くと効果的。

 

アプローチでフェースを開くと難しいと言われる理由

但し、アプローチでフェースを開くというのは簡単ではありません。

難しいと言われる理由として、

・フェースの向きに違和感が出る。

・フェースを開くとボールの下をくぐってしまいボールがまったく飛ばなくなってしまう。

・ボールが飛ばないショットなので大きくスイングする必要がありミスが出やすくなる。

・フェースを開くと、距離感が掴みづらくなる。

などが難しいと言われる理由です。

 

基本的に、アプローチでフェースを開くショットな難易度が高いと言えます。

練習をして確率や違和感がなくなってから実戦投入することをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はアプローチショットでフェースを開く。

この用語の意味。そして正しいフェースの開き方。

そしてコースではこんな時に打てると最適だよということを知って頂きました。

正直、難易度が高いです。

球筋の変化を楽しみながら練習をしてみて下さい。