ドライバーの振り遅れのスライスの直し方。【2つの原因と修正方法】

ゴルフコーチ 池野谷です。

ドライバーのスライスに悩むゴルファーは非常に多いです。

スライスの原因は色々とありますが、

ドライバーでのスライスの原因は、【振り遅れによるスライス】が非常に多いです。

本サイトを見ていただいている方もよく振り遅れてスライスしているね。

と言われた経験があるのではないでしょうか?

今回は、ドライバーショットが振り遅れてスライスが出てしまう原因と直し方をご紹介していきます。

 

この記事を参考にしてほしい方

・ドライバーのスライスに悩んでいる方

・ドライバーが振り遅れてスライスを引き起こしている方。

・ゴルフの上達を望む方

 

ドライバーの振り遅れでのスライスとは

 
イケノヤ コーチ
ドライバーで多く起こる振り遅れでのスライス。
どんな症状かご説明をします。
【理想のインパクト】
インパクト時に飛球線ラインと肩が平行になります。
その際、肩と腕で出来た3角形の頂点がボールを指すようなイメージとなります。
大文字のYになるよう体の正面でインパクト出来ていることでフェースがスクエアになります。
理想のインパクト
 
【ドライバーでの振り遅れのスライスのインパクト】
インパクト時にすでに目標方向に上体が開いてしまっています。
その際、肩と腕で出来る3角形の頂点がボールの先に向いています。
クラブは遅れてきてフェースが開いて当たる為、スライスボールが出てしまいます。
ドライバーの振り遅れのインパクト

 

ドライバーが振り遅れてスライスしてしまう2つの原因

 
イケノヤ コーチ

ドライバーの振り遅れてスライスしてしまう原因は2つあります。

ポイントは上体の動く量クラブヘッドの動く量です。

 
 

原因① テークバックで振り遅れの態勢を作ってしまっている。

 
イケノヤ コーチ
ポイントは、
上体の動く量とクラブヘッドが動く量が比例しているか?ここが非常に大切です。理想のテークバックからトップまでの動き振り遅れのテークバックからトップまでの動きを説明していきます。
 
 
① アドレス
肩と腕で出来た3角形ができています。
アドレス
↓     ↓     ↓     ↓
② テークバック
【理想のテークバック】
肩と腕でできた3角形をキープしたまま体を捻転していきます。
テークバック
 
【振り遅れを作っていくテークバック】
上体が捻転していかず、クラブと手だけ上がっていきます。
いわゆる手上げの状態です。
手上げのテークバック
↓     ↓     ↓     ↓
③ スリークォータートップ
【理想のスリークォータートップ】
左腕が地面と平行になる場所では既に上体が90度捻転しています。
この際、左腕とクラブが約90度の角度です。
理想のスリークォータートップ
 
【振り遅れを作っているスリークォータートップ】
左腕が地面と平行になる場所では、まだ上体が20度から30度くらいしか捻転していません。
しかし、左腕とクラブが約90度の角度です。
すでに、クラブの動きと上体の捻転量に違いが起きています。
ドライバー 振り遅れのスリークォータートップ
↓     ↓     ↓     ↓
④ トップオブスイング
【理想のスリークォータートップ】
トップオブスイングでは既に上体が約110度捻転しています。
この際、クラブは地面と平行の少し手前の状態です。
 
イケノヤ コーチ
上体はかなり捻転できている状態ですが、クラブの動きはコンパクトです。
理想のトップオブスイング
【振り遅れを作っているトップオブスイング】
上記の理想のトップ同じクラブの位置ではトップオブスイングでは、まだ上体が70度くらいしか捻転していません。
しかし、クラブは地面と平行の手前まで上がっています。
 
イケノヤ コーチ
手上げでテークバックを行なっている為、理想のトップと比べると、
上体がまったく捻転していない。
でも、クラブは大きく動いている。
ドライバー 振り遅れのトップオブスイング
 
理想のトップは、上体がしっかり捻転ができていて捻転量が多い。だけどクラブの動きは少ない。
振り遅れの態勢を作るトップは、上体の捻転が浅く捻転量が少ない。だけどクラブは多く動いている。
 
 
イケノヤ コーチ
ポイントは、上体の動く量とクラブの動く量が比例しているか?とお伝えしたと思います。

当然、上体の捻転量が少なく、クラブの動く量が多い振り遅れの態勢を作っていると、

 
イケノヤ コーチ
ダウンスイングでは肩が目標と平行のラインまですぐに来てしまいますよね。
そして、クラブの動きが多い訳ですから振り遅れてきます。
振り遅れのダウンスイング
 
イケノヤ コーチ
当然、インパクトではクラブが振り遅れてきてフェースが開いて当たります。
ドライバーの振り遅れのインパクト
 
イケノヤ コーチ
フェースがスイング軌道より開いて当たったら当然スライスが起こります。
プルスライスボール
 
オーバースイングの方は、特にこの振り遅れスライスの症状になりやすいです。
オーバースイングの記事はこちらを参考に読んでみてください。
 

原因② ダウンスイングで振り遅れを作ってしまっている。

 
イケノヤ コーチ
次は、原因の2つ目です。
トップは良い状態で上げられているのに振り遅れてしまう方の原因です。
振り遅れのポイントは、
上体の動く量クラブ動く量が比例しているか?とお伝えしました。
理想のトップオブスイング

良いトップが作れているのに振り遅れてしまう方は、

振り遅れのダウンスイング

 
イケノヤ コーチ
ダウンスイング時に下半身と共に上体も目標方向に早く開いてしまうことでクラブが振り遅れてしまいます。
当然、クラブヘッドの方が動く量が多い訳ですから、
上体が捻転されたトップの位置からダウンスイングでは上体を捻転し返す量は少なく。
ヘッドの戻りを上体が待つ。
上体を開かずにクラブヘッドを戻ってくるのを待ってインパクトしなければなりません。
それを飛ばそうとして、ヘッドスピードを上げようとした際に体ばかり振ってしまうとクラブが振り遅れてしまいます。
体を振り過ぎて振り遅れる
結果、ドライバーショットで振り遅れてスライスボールが出てしまいます。
プルスライスボール
 

ドライバーでの振り遅れスライスの原因を動画で解説します。

動画でドライバーでの振り遅れスライスの原因をお伝えします。

 

 

ドライバーの振り遅れスライスの直し方

 
イケノヤ コーチ
それでは、ドライバーで振り遅れてスライスしてしまう方の直し方をご紹介していきます。
・テークバックで振り遅れの態勢を直す方法
・ダウンスイングで振り遅れを作ってしまっている直し方
2つに分けてドライバーの振り遅れのスライスの直し方をご紹介します。

テークバックで振り遅れの態勢を作ってスライスしている方の直し方

 
イケノヤ コーチ
テークバックで振り遅れの態勢を作ってしまう方は、簡単に言うと手上げでテークバックを行なっています。
その為、体を使ってテークバックをすることを意識してください。
 
イケノヤ コーチ
今回は、キャンディボールという練習器具を使います。
キャンディボールを使った練習方法
 
イケノヤ コーチ
ボールを両肘に挟みます。
キャンディボールを両肘に挟みます。
 
イケノヤ コーチ
肩と両腕で出来た3角形を変えないように、下半身、腰、上体を捻じりながらテークバックをしていきます。
キャンディボール 体幹で上げる
キャンディボール 3角形をキープしながら上げる
 
イケノヤ コーチ
手首、肘などは一切曲げる意識はなくて良いです。
体を捻じる意識でノーコックで大丈夫です。
途中でボールが落ちてしまうと、手上げになっている判別ができます。
キャンディボール コンパクトなトップ
 
 
イケノヤ コーチ
上体はしっかり捻転できている。だけどクラブの動きはコンパクトなトップが出来上がります。
 

ダウンスイングで上体が早く開いて振り遅れてスライスしてしまう方の直し方

 
イケノヤ コーチ
次に、ダウンスイングで体が目標方向へ早く開いて振り遅れてしまう方の直し方です。
このタイプは、
・体が早く目標方向へと開いてしまう。
・クラブヘッドが遅れてきてしまう。
 
イケノヤ コーチ
その逆をやりましょう。
まず、アドレスを取りましょう。
アドレス
 
イケノヤ コーチ
そして、テークバック・トップまで上げていきましょう。
トップオブスイング
 
イケノヤ コーチ
ここから振り遅れている方は、
下半身と上半身が早く回転して開いてしまい振り遅れてしまう訳です。その為、体を止めておいてクラブだけ早く振り抜いていきましょう。
 

振り遅れを直す練習方法

 
イケノヤ コーチ
出来れば、首筋にクラブのシャフトが当たるまでです。
振り遅れを直す練習方法 ②
 
イケノヤ コーチ
首筋にシャフトが当たったら、下半身も含めて目標方向へ回転してフィニッシュを取ります。
振り遅れを直す練習方法 ③

 

 
イケノヤ コーチ

トップからはクラブを振り抜いてしまい、体があとから回転してフィニッシュを取るくらいのイメージです。

これで、振り遅れてスライスしている方と逆の動きです。

振り遅れている方は、体を止めているイメージでも動いてしまっていると思いますので、プラスマイナス 0でちょうど良いくらいだと思います。

飛ぶ距離は、ドライバーで80ヤードを目安に行ってください。

 
 
あと他にもオススメな練習方法がありますので、下記の記事を参考にしてください。
 

ドライバーの振り遅れスライスを直す練習方法を動画で解説します。

振り遅れスライスをなくす為の練習方法を動画で解説します。

 

 

どうしても、ドライバーの振り遅れが直らない方

どうしても、ドライバーの振り遅れが直らない方。

一つの原因として、クラブの長さが一番ドライバーが長いので直りにくいです。

振り遅れと言うのは、体の動きに対してクラブヘッドがインパクト時に戻ってこない状態です。

 

ということは、ドライバー長さを短くするのも有効です。

フェアウェイウッドは良いのに、ドライバーだけ振り遅れる。と言う方はこのパターンです。

 

通常、ドライバーの長さは45インチ前後です。

2インチほど短くして、43インチくらいのドライバーを使うのも有効です。

2インチというのは、約5センチ。 かなり短くなります。

 

まとめ

いかがでしたか?

ドライバーの振り遅れのスライスの原因はお分かりいただけましたか?

まず、振り遅れの原因を掴んでから自分にあった直し方を実践して頂ければと思います。

ぜひ、スライスをなくしていきましょう。

 

【超重要】
ドライバーのスライスの原因と直し方の手順【総まとめ】をぜひ読んでみて下さい。
参考になります!!

関連記事

ゴルフコーチ 池野谷です。 ゴルファーで一番多い悩みといっても良いのがドライバーのスライス。 果てしなく右に曲がっていき飛距離もでない。ゴルフを始めたばかりの私もドライバーのスライスには悩みました。[…]

ドライバーショットのスライスの直し方

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)