ザックリが止まらない方に朗報。ザックリの直し方の極意

グリーンを狙ったショットは、残念ながらショートした。

ボールは、花道にある。

よしっ 寄せるぞ!と意気込んだアプローチショットはボールに当たる前に芝生にグサッ。とクラブが刺さる。

ポトンとすぐに落ち2メートルしか飛ばなかった。

こんなアプローチのザックリ経験したことがあるのではないでしょうか?

私は大アリです。

正直、私はアプローチイップス経験があります。

 

もうザックザクです(笑)

ゴルフ修業をしていた研修生時代に、はまってしまいヒドイ目に遭いました。

 

ずっと、ゴルフをやっていた人なら少なからず経験があるのではと思います。

今回は、私が経験したことを踏まえてどういう過程でザックリになっていったか?

その当時の考え方。練習の仕方。

レッスンをして克服してきた方法と練習方法を1からご紹介します。

 

まず、ザックリとはどんな現象か

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
まず、アプローチのザックリの説明していきましょう。

1、ザックリは、基本的にはダフッています。

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

スイングの最下点がボールの手前になっているんです。

スイング軌道って正面から見たら、〇の円みたいな感じのイメージを持ってください。

まん丸では当然ないんですが、下記のような感じです。

 
正しいスイング軌道
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
この黄色い円が正面から見たスイング軌道だと思ってください。
大きさや形は、気にしないでください。
通常のアイアンショットなどは、
スイング軌道の〇の最下点がボールより先になります。
これが正しいボールの捉え方です。
 
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
しかし、ダフリが出てしまっている方のスイング軌道は、
下記の写真のように、
スイング軌道の〇がボールより手前になっています。
ダフリのスイング軌道
 

2、ザックリはダフリの際に、クラブのリーディングエッジが刺さっています。

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ダフリが出ている。

当たり方が特徴です。クラブのリーディングエッジが地面に刺さっている。
まずクラブの用語がわからない方に説明します。
リーディングエッジとは、クラブのパーツの呼び名でフェース面の一番下の刃先の部分の事を呼んでいます。
ウェッジ リーディングエッジ
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

このリーディングエッジという場所は極端いうと尖がっていますよね。

この尖がった部分が、ボールより先に地面に突き刺さってしまうんです。

 
 
ボールに当たる前に、クラブのリーディングエッジが地面に突き刺さる。
 
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
これが、アプローチのザックリの当たり方の真相です。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
通常のアイアンショットはダフっても、距離を出すためにヘッドスピードが早いです。
その為、ザックリの当たり方をしても振り抜いてある程度は飛んでくれます。しかし、距離を出さないアプローチではヘッドスピードが遅い為、クラブの尖がった部分に地面に突き刺さって振り抜けないで終わってザックリになっちゃうんですね。
 
 
 

ザックリになってしまう2つのメンタル要素

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ザックリはメンタル的な要素が大半を占めています。
・私がザックリになってしまった当時の心境。
・レッスンをしてきてお客様の心境の声
ザックリになってしまうメンタル要素を2つご紹介します。
 
 
1、綺麗にハンドファーストで当てようとし過ぎてしまう。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

こちらは、私が陥った現象です。

コースを回っていれば当然当たりのミスは少なからずでます。

それを、間違って考えて直してしまい。

ハンドファーストになっていないんだ。

だから綺麗に当たっていないんだ。と思い込んでしまった。

 
ハンドファーストとは、インパクトの際にヘッドよりグリップのポジションが先行している状態。
ゴルフスイング 正面(インパクト)
手元の方が先行していくと、インパクトはこのようなインパクトの態勢になっていきます。
ザックリ ハンドファースト過ぎる。
インパクトの際に、手元(グリップの位置)が自分の体をはみ出してしまいます。
その際、クラブの面はどうなるか?
ザックリの当たり方
先ほど、ザックリとはどんな現象か?でお伝えした。
クラブの尖がった部分(リーディングエッジ)がもの凄く出てきて刺さりやすい状態になってきます。
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
そして、
芝生に刺さりやすい状態を作ってしまい。
なおかつ、
ダフリなどが出るため、当てに行こうとインパクトが点になってしまい。
結果
ザックリ病に陥ってしまったという訳です。
 
 
 
2、そもそもの打ち方が悪い為、当たりが悪い。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
そもそも論ですが、アプローチの打ち方が悪い。

これは、アマチュアの方に多い現象と心境です。

アプローチの打ち方が悪い。

⇊  ⇊  ⇊  ⇊

当然、ダフリやトップが出て当たりが悪くなる。

⇊  ⇊  ⇊  ⇊

そして、苦手意識を強烈にもってしまう

⇊  ⇊  ⇊  ⇊

そうなると、当てに行ってしまう。

⇊  ⇊  ⇊  ⇊

インパクトが点になって、結果ザックリになってしまう。

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

このスパイラルに陥ってしまっています。。

では、このような方たちは、打ち方を改善すれば当たり方がすぐに良くなる。
⇊  ⇊  ⇊  ⇊
しっかりと当たる自信が持てる。
⇊  ⇊  ⇊  ⇊
当てに行かない為、気持ちよく振れる。
⇊  ⇊  ⇊  ⇊
ザックリが直る。
という流れで直すのが最適です。

 
アプローチの基本をまとめています。 今一度、再確認してみてください。
関連記事

ゴルフのスコアメイクはやはりショートゲーム。ゴルフを始めた方やビギナーゴルファーはアプローチを徹底的に行うことによって短期間で5打10打と簡単にスコアを縮めることが出来ます。今回は、基本のアプローチショットの打ち方をご説明します。[…]

ゴルフ場

私が克服したザックリの直し方

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

いやぁ アプローチのザックリには私自身が相当悩みました。

ですから、ザックリ病になっている方の気持ち。非常に察します(笑)

しかし、考え方を変え、その考えの元に打ち方を変えたらすんなりと楽になり克服することが出来ました。

私が、実際にザックリを克服した方法をご紹介します。

 
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
一番は、綺麗に当てなくても良いんだ。
そう考えられたことです。
 
 
なぜ? そう考えられたか?
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
まずは、クラブのことを知ることから入りました。
アプローチには、皆さんウェッジを使用していると思います。
このウェッジの数字やSWなどと表記されている部分の事を”ソール”と呼びます。
ウェッジ ソール
そして、このソールに”バウンス”とい機能が備わっています。
バンスとは、
シャフトを垂直に立てる。
ソール部分が直角ではなく出っ張っています。
その角度の部分の事を指します。
バウンス
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

このバウンス。

実は、地面を滑らせてくれる効果があります。

 
 
このソール使うのがポイントです。
 
 
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
私は、ダフリなどが出て綺麗にハンドファーストで当てよう。などということばかり考えていました。
ザックリ ハンドファースト過ぎる。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
結果、リーディングエッジが出て地面に刺さっていた訳です。
考えるだけで、思い出します(冷)
ザックリの当たり方
ではなく、多少ボールの手前からクラブが当たっても
ソールを使えば、刃先が出ないようになり地面を滑ってミスが補えるようになります。
アプローチ ザックリ(ソールを滑らす)
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

多少、手前からクラブが当たっても

ソールを滑らせるように使えば

ダフリのミスがミスにならなくなってくる。

 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
じゃあ、適当でもソールがミスを補ってくれるから良いじゃん!!
そう思えたことが、一番の収穫でザックリが直ったきっかけでした。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ

では、次にソールを滑らせる。

当て方の練習方法をご紹介していきます。

 
 
 

アプローチのザックリを克服した2つの練習方法

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ソールを滑らせるように打てればザックリが減る。
ここまでは、分かってきたと思います。
次にどうやってソールを使ったアプローチが出来るの?ってことです。
ザックリを克服した2つの練習方法をご紹介します。
 
 

①ザックリをパターを使って直した練習方法

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
一番、ソールを使う打ち方をしているのはパター。
当然、地面には擦っていませんが。
ここからの発想を取り入れてきます。
パターは地面に平行に近く振っていると思います。
パターのストローク
このパターを使ってアプローチの打ち方をします。
練習方法はいたって簡単です。
 
①クラブをパターに変えアプローチの構え方をします。
パターでアプローチ練習
②そのまま、地面をほうきで掃くようなイメージで打っていきます。
 この時に地面に払って擦っている感覚でOKです。
パターでアプローチ練習
パターでアプローチ練習 その②
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
このパターを使った練習方法でソールを滑らせる感覚を養う練習を行ってみてください。
次はさすがにウェッジでアプローチをしますからウェッジを使った練習に移ります。
 
 
 

②ハンドファーストになりすぎてザックリになってしまうことを軽減する練習方法

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ハンドファーストになりすぎてしまうと、リディングエッジが出過ぎてザックリに繋がることはお伝えしました。
そのハンドファーストを軽減する練習方法を次に行ってみてください。

ハンドファーストはインパクトの打点が左足方向に行き過ぎていることで起こってしまっています。

ハンドファースト過ぎ

その為、スイングのインパクトの打点の位置を右足側にもっていく必要があります。

打点をずらしていく方法です。

①右足で1本立ちをします。
その際、グリップの位置も右足フトモモの内側です。
ボール位置も右足かかとの内側に置きます。
右足1本でアプローチ練習

 

②そのまま右足重心のままテークバックを行います。
右足1本でアプローチ練習 その②

 

③右足の太ももの前にインパクトが来るようにします。
体重移動などはしません。右足重心のままです。
右足1本でアプローチ練習 その③

 

④フィニッシュも右足1本立ちで終えます。
右足1本でアプローチ練習 その④

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
この練習で、インパクトの打点の位置を右足側にもっていきます。
ボールの高さは少し高いくらいでもOKです。
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
この2つの練習を繰り返して、
ソールを滑らせる感覚をつかむ。
ハンドファーストにし過ぎない。
を行っていくと当たり方が変わっていくと思います。
 
 
当たり方が変わっていくと、自身に繋がっていき当たるかな?という気持ちも改善されていきます。
 
 

ザックリになりやすい傾向のスイング

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
次にザックリになりやすい方のスイングの傾向です。
テーマは、リーディングエッジが出やすいことです。
①初めからハンドファーストに構えすぎてしまう。
アプローチの構え ハンドファーストすぎ
グリップの手元の位置が左足フトモモをはみ出してしまっています。
こうなると、構えからハンドファーストすぎてザックリが出やすい態勢となってしまいます。
グリップの位置の理想です。
アプローチの構え方
グリップ位置がふとももの中央くらいでOKです。
 
②ボールを抑え込もうとしてしまう。
低いボールを打とうとして、上体を被せにいってしまう。
アプローチ 上体で被せにいってしまう。
そうなると、手元も左にいってしまい、地面に潰すような当て方をしてしまいます。
そうなるとザックリになりやすくなります。
 
 

ザックリが出ずらいクラブ選び

池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
ザックリを防止しやすいクラブをご紹介していきます。
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
クラブのソール。バウンスが地面を滑ってくれダフリを軽減させてくれることをご紹介しました。
このバウンス。
同じウェッジでも、バウンスの角度が多いものや少ないものと色々あります。
 
バウンス角ですが、
バウンス角
ここのバウンス角のバリュエーションがあります。
バウンスが多いほうがザックリは軽減されます。
クラブのソール部分に数字が表記されています。
ロフト角とバウンス角
58はクラブのロフト角(ボールの上がる角度の時に重要)
もう一つは、08 これはバウンス角を指しています。数字が大きいほどバウンスの角度が多いことになります。
 
池野谷 ゴルフコーチ
イケノヤ コーチ
クラブ選びも重要なポイントです。
専門家に見てもらって、打ち方によってバウンスの角度を決めて購入したほうが良いです。
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?

アプローチのザックリが止まらない方の直し方。

正直、わたしもこのザックリに相当悩みました。

その分、ザックリに関しての知識は相当鍛えられました。

打ち方や考え方が変われば必ず改善されます。

ザックリでもうダメだ。という方はぜひレッスンの受講をオススメします。

 

関連記事

 イケノヤ コーチアプローチの打ち方がわからない。アプローチが寄らなくてスコアが伸びない。色々なアプローチの打ち方を覚えたい。アプローチの距離感が合わない。こんな皆様のお悩みに応えたいと思います。[…]

30ヤード アプローチ テークバック(正面)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)