ラフからアプローチはコツがある。ラフから寄せられる打ち方。

ゴルフコーチ 池野谷です。

今日も、読んで少しでも上達できるブログを更新しています。

今回は、ラフからのアプローチの打ち方についてご紹介していきます。

 

この記事は、

ラフからのアプローチの打ち方がわからない。

ラフからもっと寄せたい。

と考えている方に向けて書いています。

 

ラフからの打ち方には、コツがあります。

覚えて試して自分のものにしていきましょう。

 

ラフからの打ち方の流れ

 
Name
ラフからのアプローチの流れを説明していきます。
そして、その通り詳しく記事を書いていきます。
1、ラフの時に使用したいクラブ。
2、ラフにあるボールの状況を確認する。
3、状況ごとのラフの打ち方。
 
Name
この流れで詳しく説明していきます。

 

ラフからのアプローチで使いたいクラブ

 
Name
ラフからのアプローチで使いたいクラブはサンドウェッジです。
ロフト表記のクラブですと、56度もしくは58度を使います。
ラフからのアプローチで使うクラブ
ラフは、
1、ラフに負けてクラブが振り抜けない。当たり負ける。

2、ラフは、ボールに当たる際にラフが挟まるのでスピンがかからないので止まりづらい。

この2つの問題が出てきます。

 

サンドウェッジの特徴は、

一番、ヘッドが重いクラブ。

一番、ボールが高く上がるクラブ。

の特徴があります。

 

その為、

ラフは振り抜けないので、重さのあるヘッドのサンドウェッジなら当たり負けづらい。

ラフはスピンがかからず止まりづらいので、サンドウェッジなら高さでボールが止まりやすい。

 

 
Name
これが、サンドウェッジをラフで使いたい理由です。

 

ラフにあるボールの状況を確認する。

 
Name
次に観察です。
ラフにあるボールがどうなっているのか?
その状況によって考え方が変わってきます。
ラフの深さは、3段階で考えてください。
【浮いている状態】
ラフ ボールが浮いている
ラフだとどうしても強く打ち込もうという心理が生まれます。
しかし、ボールが浮いているということは、ボール下には空間があります。
そこにクラブを強く打ち込んでしまうと、クラブが下に抜けてしまいダルマ落とし状態になってしまします。
 
Name
浮いている場合は、ティーアップしたボールを払うくらいの気持ちで良いと思います。
 
【少しだけラフに沈んでいる状況】
ラフ 中間くらいのとこにボールがある
ラフの先端とボールの頭が同じくらいの状況と考えてください。
このくらいになってくると、ラフの抵抗が強くなってきます。
 
Name
打ちこもうという考えはなくて良いと思います。
当たり負けしないようにグリップをしっかり握っておきましょう。
 
【ラフにボールがすっぽり埋まっている状況】
ラフにボールがすっぽり埋まっている状況
この状況だとかなり抵抗がでてきます。
 
Name
かなり強くクラブを打ち込んでいく。
もしくは、ラフの抵抗を減らすようにフェースを開く必要がでていきます。
 

ラフからの打ち方(状況別)

 
Name

次に、ラフからの打ち方の考え方です。

ポイントは、
プラス マイナス = 0 にするです。
 
ラフはどんな影響があるか知っておきましょう。
・ラフは芝が長いので当たり負けをして振り抜けない。
・ラフは、当たる際にクラブとボールの間に芝が入る為、スピンがかからなくなる。
 

ラフから転がして寄せていくアプローチの打ち方

ラフからのランニングアプローチです。
ランニングアプローチ

ラフのポイントは、プラス マイナス = 0 にする。

ラフは、当たりをする。 = マイナス要素

その分、コックをしてヘッドの重みで若干、パンチを入れて当たりを強くする。 = プラス要素

これで、プラス マイナス = 0 です。

【構え】
ラフからのアプローチ 構え(転がし)

【テークバック】

テークバックでは、コックをいつもより早いタイミングで行います。
ラフからのアプローチ 転がしコッキング

【インパクト】

インパクトでは、当てる際に止めるくらいで良いです。
インパクトで止めることによってパンチが入り当たり負けしません。
ラフからのアプローチ (転がしインパクト)

 
Name
ラフで芝が強い為、当たり負けをします。 = マイナス要素
コックを入れて、鋭角に当たってパンチが入る為。強い球が出ます。 = プラスの要素これで、プラスマイナス 0で相殺されてちょうど良いです。
 
 

ラフからのピッチエンドランのアプローチの打ち方

ラフからのピッチエンドランの打ち方です。

ピッチエンドラン アプローチ

ラフのポイントは、プラス マイナス = 0 にする。

ラフは、当たり負けをする。 = マイナス要素

当たり負けをしないように、グリップを強く握って当たり負けをしないようにする。 = プラス要素

これで、プラス マイナス = 0 です。

 

【構え】

グリップは当たり負けをしないように、しっかり握っておきます。

ラフからのアプローチ 強く握る。

ラフからのアプローチ 構え

 

【テークバック】

肩と腕でできた三角形を変えないように体を捻転させてテークバックを行います。
この時も、グリップはしっかり握っています。
ラフからのアプローチ テークバック

 

【インパクト】

ラフで当たり負けをしないように、グリップをしっかり握っています。

ラフからのアプローチ

 

【フォロー】

ラフに当たり負けをしないように、グリップをしっかり握ったまま振り抜きます。
ラフのアプローチ フォロー

 
Name
ラフで芝が強い為、当たり負けをします。 = マイナス要素
グリップを強く握り、ラフに負けないように振り抜く。 = プラスの要素これで、プラスマイナス 0で相殺されてちょうど良いです。

通常のライのピッチエンドランの打ち方に、オプションでグリップをしっかり握ってラフの抵抗に当たり負けをしないようにすることです。

詳しく解説してある基本のピッチエンドランの打ち方はこちらで復習してください。

関連記事

ゴルフのスコアメイクはやはりショートゲーム。ゴルフを始めた方やビギナーゴルファーはアプローチを徹底的に行うことによって短期間で5打10打と簡単にスコアを縮めることが出来ます。今回は、基本のアプローチショットの打ち方をご説明します。[…]

ゴルフ場

ラフからのロブショットのアプローチの打ち方

ラフからのフワッと上げるロブショットの打ち方です。

ピッチショット

ラフのポイントは、プラス マイナス = 0 にする。

ラフは、当たり負けをする。 = マイナス要素

当たり負けをしないように、フェースを開いてラフに絡まないようにする。 = プラス要素

これで、プラス マイナス = 0 です。

 

【構え】

スクエアなグリップから
スクエアグリップ

ラフで当たり負けをしてしまうので、
フェースを開いてラフの抵抗をなくして絡まないようにする。

自分から見て、時計の針でいう2時くらいまでフェースを開きます。
フェースを開く

ラフからのアプローチショット(ボールを上げる)

 

【テークバック】

ラフからのアプローチ(ロブ)テークバック

その際にフェースのリーディングエッジは時計の針でいう11時を向きます。

ロブショット テークバックのフェース面

時計の針でいう2時を指してしまうとフェースが閉じてしまうので注意です。
フェースが閉じてしまうと、ラフに絡みやすくなってしまいます。

 

ロブショット テークバックのフェース面 ダメ

 

【インパクト】

ラフからのアプローチ ボールを上げるインパクト

ボールの下をくぐらせるようにします。

【フィニッシュ】

ラフからのアプローチ(ロブ)フィニッシュ

ラフで当たり負けをしてしまうことと、フェースを開いていることから、しっかりと振り抜いてください。

 
Name
ラフで芝が強い為、芝がひっかります。 = プラスの要素
フェースを開き、ラフのひっかかりの抵抗を減らす。 = マイナス要素
これで、プラスマイナス 0で相殺されてちょうど良いです。

通常のライのロブショットの打ち方に、オプションでラフで抵抗がある分だけスイングの大きさスピードを早くして距離を出します。

詳しく解説してある、ロブショットの打ち方はこちらで復習してください。

関連記事

谷 将貴ゴルフアカデミーインストラクター 池野谷です。ほぼ、毎日更新しています(笑)今回の記事は、ふんわりとボールが上がり。 グリーン上にポトリと落ちてすぐに止まる。上級者の技、【ゴルフ ロブショットの打ち方】をご紹介し[…]

ゴルフ ロブショット

 

まとめ

いかがでしたか?

ラフからのアプローチショットの打ち方。

ラフのショットは非常に難易度が高いですよね。

直接ボールに当たるショットではないので距離感なども難しいショットです。

ロケーションごとに打ち方も変わってきますので、ぜひ試してみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

ポチッと応援してもらえると嬉しいです(*’▽’)